【新着】ライズ&ロッキー ハイブリッド発売日2021年内、フルモデルチェンジはまだ先

ライズ

トヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーにハイブリッドモデルが追加される。2021年内にも発売される見込み。

ライズ フロントグリル

現行ライズ

ライズとロッキーにM15A-FXE型ハイブリッドを搭載

ライズとロッキーはBセグメントクラスのコンパクトSUVとして、2019年に発売されたモデル。いずれもダイハツで生産され、自社販売モデルはロッキー、トヨタにOEM供給されたモデルはライズとしてラインアップされてきた。

ライズ リアコンビネーションランプ

現行ライズ

後追いでハイブリッドモデルが追加されるという噂は、発売当初からあったわけだが、その詳細については明らかとされていなかった。

トヨタ ライズ

現行ライズ

搭載されるハイブリッドシステムは、トヨタのヤリスやヤリスクロスと同じM15A-FXE型となる見込みで、これは直列3気筒1.5L ダイナミックフォースエンジンを採用したトヨタの最新型である。正直に言えば、ライズの車体にはオーバースペックなのではないか、という印象もあったが、車両重量を比べるとヤリスの1.0 NAモデルが940kg、ライズの1.0Lターボが970kgで、むしろヤリスのほうが少し軽い。出力性能面では、M15A-FXE型をライズに搭載させることに妥当性はありそうだ。

ライズ

現行ライズ

ライズ リアハッチ

現行ライズ

 

ライズ ハイブリット、ロッキー ハイブリットは車両価格210万1000円を予想

ただし、価格面ではどうであろうか。

ライズハイブリッドの予想価格としては、Xグレード相当で210万1000円と見ている。この数字は、現行ラインアップの各モデルの差額から算出したもので、当たらずといえども遠からずの確度はあると考える。

ライズ ステアリング

現行ライズ

ライズは167万9000円からという、普通車クラスのSUVとしては低価格であることも大きな魅力の一つであった。これまで、ライズ/ロッキーの1.0Lターボ車は、大ヒットとも言える水準の販売実績を出してきた。これは、手に届きやすい車両価格と、税負担が1.0L未満クラスかつ1t以下クラスであることも大きな要因であっただろう。

ライズ シート

現行ライズ

ライズ インテリア

現行ライズ

そんななか、ライズハイブリッドが発売されても、それがヤリスクロスハイブリッドの228万4000円に迫る高価格で、なおかつ自動車税と重量税がいずれも上がるとなれば、台数が出るモデルとはなりにくいのではないか。

ライズ トヨタ

現行ライズ

参考:ライズハイブリッド Xグレード210万1000円の推定方法

(以下、いずれもFFモデル)

  • ダイハツ・トール Gグレードのターボ(1KR-VET型)が186万4500円 、NA(1KR-FE型)が174万3500より、NAとターボの差額は12万1000円
  • ヤリス Xグレードの1.0L NA(1KR-FE型)が145万5000円、ハイブリッド(M15A-FXE型)が199万8000円より、1.0L NAと1.5Lハイブリッドの差額は54万3000円
  • ライズ X(1KR-VET型)は、167万9000円。

ライズ X(M15A-FXE型)は、

1,679,000 ー 121,000 + 543,000=210万1000円と推定した。

ライズ SUV

現行ライズ

タイトルとURLをコピーしました