ロッキー/ライズ【e-SMARTハイブリッド】予想価格、発売日は?2021年11月発表予定、マイナーチェンジ情報

ライズ

ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」と、その姉妹モデル「トヨタ・ライズ」にハイブリッドエンジン搭載モデルがラインアップに追加され、2021年11月に発表される見込み。

ライズ SUV

現行ライズ

既に「e-SMART HYBRID」の名称がダイハツ工業株式会社によって商標登録されており、「ロッキー e-SMART HYBRID」のモデルネームとして使われる可能性がある。

ロッキー/ライズ ハイブリッドは、トヨタ供給の1.5L THSⅡという説

「e-SMART HYBRID」は、どのような仕様になるのか。その可能性の一つとして考えられるのが、トヨタから供給される1.5L THSⅡである。これまで1.5L THSⅡを搭載してきたのはヤリス、ヤリスクロス、アクアとなり、これらはロッキー/ライズと車体サイズが近く出力的な面では問題が無いはず。

M15A-FXE ハイブリッド

M15A-FXE

ただし、1.0Lターボを搭載してきた従来型ロッキー/ライズと比較したとき、車両価格の値上がり幅は大きくなりそうだ。ニーズに合った価格帯で販売できるのかが課題となるだろう。

ダイハツ独自開発、シリーズ式ハイブリッド案も捨てきれない

そして「ロッキー/ライズ e-SMART HYBRID」の正体について有力視されているもう一つのプランが、新開発シリーズ式ハイブリッドの搭載である。これにはダイハツ独自の開発が必要となるため、その実現性には疑問が残る。しかし近年のダイハツの特許出願の状況から、シリーズ式ハイブリッドは可能性の一つとして捨てきれない。

仮にエンジン排気量1.0~1.3Lとなれば、トヨタには無い小排気量クラスをカバーするハイブリッドシステムとして普及が期待できる。また、ダイハツが強みとするインドネシア、マレーシアといった市場で展開される車種とも相性が良さそうだ。

ライズ

現行ライズ

ロッキーとライズから始まる、ダイハツ車種の電動化

政府は2035年を目処に新車販売の全てを電動車(ハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリーEV、燃料電池車)にしていく方針を表明している。そんななかダイハツは、自社生産によるハイブリッドカーを約10年ぶりに市場投入していく計画で、これには登録車だけでなく軽自動車も入れた複数車種が含まれる。

現状、ハイブリッド車をラインアップしないダイハツであるが、かつては、ハイゼットカーゴ ハイブリッドを販売していたことがある。しかし、価格と燃費性能のバランスが悪く、2010年に生産中止となっていた。

ダイハツの新世代ハイブリッド車種の第一弾となりそうなのが小型SUVのロッキーである。姉妹モデルのライズもハイブリッドモデルが追加されトヨタへ車体供給される。

トヨタ ライズ

現行ライズ

2019年11月に発売された現行型のライズ/ロッキーは、これまで1KR-VET型の1.0Lターボエンジンを搭載してきた。セールスも好調で、2021年上半期(1-6月)の販売台数は、ライズが47,965台、ロッキーが11,220台で、合わせると59,185台となった。

これと同程度の水準で売れている小型SUVが国内にもう一つあり、トヨタのヤリスクロスである。

ヤリスクロス

ヤリスクロス

ヤリスクロスのM15A-FXE型ハイブリッドがライズ/ロッキーに流用されるというのも可能性の一つである。しかし、トヨタラインアップの中での差別化を考えると、ダイハツ独自開発のシリーズ式ハイブリッド案も有力となる。

ライズ ハイブリット、ロッキー ハイブリットの予想車両価格は210万1000円から(THSⅡの場合)

仮にTHSⅡがトヨタから供給された場合、ライズハイブリッドの予想価格としては、Xグレード相当で210万1000円と見ている。この金額は、現行ラインアップの各モデルの差額から算出したもので、当たらずとも遠からずの精度はあるはず。詳しい計算方法は、後に載せている。

ライズ ステアリング

現行ライズ

1.0Lターボエンジン搭載の現行ライズは、167万9000円からという普通車クラスのSUVとしては低価格であることも大きな魅力の一つ。さらに税負担が1.0L未満クラスかつ1t以下クラスであり、コスト面でのユーザーメリットが大きかった。

ライズ シート

現行ライズ

ライズ インテリア

現行ライズ

ライズのハイブリッドモデルが210万1000円からということになると、上級モデルらしい装備の充実がなければ販売面で苦戦しそうだ。専用エクステリアで差別化された特別仕様車も期待したい。

ライズ トヨタ

現行ライズ

参考:ライズハイブリッド Xグレード210万1000円の推定方法

(以下、いずれもFFモデル)

  • ダイハツ・トール Gグレードのターボ(1KR-VET型)が186万4500円 、NA(1KR-FE型)が174万3500より、NAとターボの差額は12万1000円
  • ヤリス Xグレードの1.0L NA(1KR-FE型)が145万5000円、ハイブリッド(M15A-FXE型)が199万8000円より、1.0L NAと1.5Lハイブリッドの差額は54万3000円
  • ライズ X(1KR-VET型)は、167万9000円。

ライズ X ハイブリッド(M15A-FXE型)は、

1,679,000 ー 121,000 + 543,000=210万1000円と推定した。

ライズとロッキーにM15A-FXE型ハイブリッドはオーバースペックの可能性

ライズとロッキーはBセグメントクラスのコンパクトSUVとして、2019年に発売されたモデル。いずれもダイハツで生産され、自社販売モデルはロッキー、トヨタにOEM供給されたモデルはライズとしてラインアップされてきた。

ライズ リアコンビネーションランプ

現行ライズ

後追いでハイブリッドモデルが追加されるという噂は、発売当初からあったわけだが、その詳細については明らかとされていなかった。

ライズ フロントグリル

現行ライズ

ハイブリッドシステムが、トヨタのヤリスやヤリスクロスと同じM15A-FXE型となった場合を考えてみる。これは直列3気筒1.5L ダイナミックフォースエンジンを採用したトヨタの最新型で、正直に言えば、ライズの車体にはオーバースペックなのではないかという印象もある。しかし、車両重量を比べるとヤリスの1.0 NAモデルが940kg、ライズの1.0Lターボが970kgで、むしろヤリスのほうが少し軽い。出力性能面では、M15A-FXE型をライズに搭載させることに妥当性はありそうだ。

ライズ リアハッチ

現行ライズ

タイトルとURLをコピーしました