ライズ【ハイブリッド】216.3~232.8万円、1.2L e-SMART HYBRID搭載、2021/11/1発売

ライズ

ライズ ハイブリッド 216.3万円から2021年11月1日発売

トヨタはライズを一部改良した。

  • 新開発ハイブリッドエンジン搭載モデル(FF)の追加
  • 1.2L NA ガソリン車(FF)を追加
  • 従来1.0L ターボ車は4WDモデルのみで継続

ライズ ハイブリッド フロントグリル

新開発の1.2Lハイブリッドシステム「e-SMART(イースマート)ハイブリッド」搭載

1.2L NA エンジンは発電専用となる。その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式が採用された。

RAIZE HYBRID

小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズが実現される。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステムとなる。

燃費性能は、WLTCモードで28.0km/Lを達成する。

モーター 最高出力 kW[PS] 78[106]
最大トルク N・m[kgf・m] 170[17.3]
バッテリー 種類 リチウムイオン電池
容量 Ah 4.3

RAIZE HYBRID リアコンビネーションランプ

「スマートペダル(S-PDL)」採用

アクセル操作のみで車速のコントロールが可能となる。加減速を繰り返す街中や下り坂などで、アクセルからブレーキへの踏みかえ頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しつつ軽快な走りが実現される。日産のe-POWERでも同様のアクセル操作が選択可能であった。ダイハツのe-SMART HYBRIDは、日産のe-POWERをかなり意識して作られているようだ。

RAIZE HYBRID インテリア

ガソリン(FF)車もエンジン変更

従来の1.0Lターボからクラストップレベルの熱効率を実現した新開発1.2Lエンジンに変更された。低燃費(WLTCモード 20.7km/L)と高い動力性能が両立される。また、低速域での加速性が向上した。

予防安全機能「スマートアシスト」を全車標準装備化

夜間の対歩行者検知を可能とした衝突警報及び衝突回避支援機能が拡充された。標識認識機能(進入禁止/最高速度/一時停止)で見逃し予防がサポートされる。電動パーキングブレーキの採用により、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)に停止保持機能が追加され、長距離運転時の渋滞なども快適にサポートされる。

RAIZE ハイブリッド

その他快適装備も充実

キーを持って施錠状態の車両に近づくとルームランプが点灯するウェルカムランプ機能が標準装備される。ハイブリッド車には、降車後の足元を照らすヘッドランプ点灯延長機能が標準装備され、さらにアクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/非常時給電システム付)が設定される。

外板色にスムースグレーマイカメタリックが設定された。

パワートレイン、グレード構成と車両本体価格

エンジン トランスミッション 駆動 価格(消費税込み)
ガソリン X 1.2L(WA-VE) CVT 2WD(FF) 1,707,000
G 1,857,000
Z 2,039,000
X 1.0Lターボ(1KR-VET) 4WD 1,984,800
G 2,133,700
Z 2,299,200
ハイブリッド G e-SMARTハイブリッド 2WD(FF) 2,163,000
Z 1.2L(WA-VEX) 2,328,000

ロッキー、ライズに搭載されるのは、発電専用エンジン、100%モーター駆動のシリーズ式ハイブリッド

追加されるハイブリッドモデルは、「ロッキー e-SMART HYBRID」の名称が使われる。ハイブリッドシステムはダイハツが独自開発したもので、直列3気筒 1.2Lの発電専用エンジンが搭載される。

ロッキー e-SMART HYBRID 構造

e-SMART HYBRID

このエンジンは発電専用に最適化されたロングストローク仕様で、高タンブルストレートポートなどの技術が採用される。発電効率の良い回転数に絞り込んで運転され、最大熱効率40%を達成する。

ロッキー e-SMART HYBRID エンジン

e-SMART HYBRID 1.2L エンジン

e-SMART HYBRIDは、シリーズ式ハイブリッドであること、そして発電エンジンの排気量から、日産がノートなどに搭載してきたe-POWERと形式上は近くなる。

日産ノート 発表

日産ノート

ロッキー、ライズ以外の車種にもe-SMART HYBRIDは展開

ロッキー、ライズに後追いでハイブリッドモデルが追加されることは、2019年のターボモデル発売時から噂となっていた。その後、ダイハツの特許出願の状況から、シリーズ式ハイブリッドである可能性が期待されていたが、今回、市販が実現することになる。

これにより、小型車セグメントの電動化勢力図は、大きく変わりそうだ。

ダイハツ同様に小型車を中心に販売してきたスズキは、これまでISG方式のマイルドハイブリッドを採用し、その搭載モデルを増やしてきた。しかしISGを使ったシステムは、通常のガソリンエンジン車に比べ、燃費性能の向上率はわずかであり、コストに見合わないという指摘もあった。

ライズ フロントグリル

現行ライズ

ダイハツのe-SMART HYBRIDは、本格ハイブリッドとも呼ばれるシステムの一つで、燃費性能の向上幅に期待ができる。また、トールやトヨタ・ルーミーといったモデルへの採用拡大も見込まれ、さらに今後は、ダイハツが得意とするインドネシアやマレーシアの各市場での電動化率向上にも貢献することになるだろう。

ライズ リアハッチ

現行ライズ

ダイハツが独自生産したハイブリッド車を販売するのは、2010年に終了した「ハイゼット カーゴ ハイブリッド」以来約11年ぶりとなる。

ライズ リアコンビネーションランプ

現行ライズ

ロッキー/ライズ 1.2L ハイブリッドはFF車のみ、4WD車は1.0L ターボの採用継続

2019年11月にデビューしたロッキーも販売期間2年を過ぎるタイミングとなっている。2021年11月の一部改良のタイミングでハイブリッドモデル追加となり、パワートレインラインアップが大きく変更される。

ライズ SUV

現行ライズ

まず新設のハイブリッドグレードはFFのみとなる見込み。4WD車は恐らくまだ開発段階で、市販車搭載まで少し時間が必要だろう。また、駆動用バッテリーはリチウムイオン式が採用される見込み。

ライズ インテリア

現行ライズ

ハイブリッド化による車両価格の値上がりは避けられない。そのため低価格モデルとして、新たに1.2L NAエンジン搭載のFF車を用意し、ユーザーの裾野を広げる。

なお4WDモデルは従来からの1.0L ターボエンジンが継続採用される。

ライズ シート

現行ライズ

新開発パワートレインの導入という相当大掛かりな改良内容にも関わらず、内外装では大きな変更は含まれないようだ。つまり、今回はあくまで一部改良でマイナーモデルチェンジではない。マイナーモデルチェンジは2022~2023年あたりの実施が予想され、この時にしっかりフェイスリフトされた後期型ロッキー/ライズのデビューとなるだろう。

ライズ ステアリング

現行ライズ

ロッキーとライズから始まる、ダイハツ車種の電動化

政府は2035年を目処に新車販売の全てを電動車(ハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリーEV、燃料電池車)にしていく方針を表明している。そんななかダイハツは、自社生産によるハイブリッドカーを約11年ぶりに市場投入していく計画で、これには登録車だけでなく軽自動車も入れた複数車種が含まれる。

ライズ トヨタ

現行ライズ

ダイハツの新世代ハイブリッド車種の第一弾となるのが小型SUVのロッキーである。姉妹モデルのライズもハイブリッドモデルが追加されトヨタへ車体供給される。

トヨタ ライズ

現行ライズ

2019年11月に発売された現行型のライズ/ロッキーは、これまで1KR-VET型の1.0Lターボエンジンを搭載してきた。セールスも好調で、2021年上半期(1-6月)の販売台数は、ライズが47,965台、ロッキーが11,220台で、合わせると59,185台となった。

ライズ

現行ライズ

これと同程度の水準で売れている小型SUVが国内にもう一つあり、トヨタのヤリスクロスである。

ヤリスクロス

ヤリスクロス

ヤリスクロスのM15A-FXE型ハイブリッドがライズ/ロッキーに流用されるという予想もあったが、トヨタラインアップの中での差別化を考えると、ダイハツ独自開発のワンサイズ小さいハイブリッドパワートレイン、e-SMART HYBRIDが妥当だろう。

ライズ シート

現行ライズ

ライズ インテリア

現行ライズ

ライズ トヨタ

現行ライズ

タイトルとURLをコピーしました