car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

インフィニティが日産独自開発2.0Lターボエンジン VC-Tを発表、可変圧縮比

日産がVC-Tガソリンエンジンを開発、パリモーターショーでインフィニティが発表予定

インフィニティは新開発のVC-Tエンジンを発表し、今秋のパリモーターショー2016で公開することになった。

(写真は新型VC-Tエンジン)
VC-T 日産

新型VC-Tエンジンは日産が独自開発したものとなる。世界初の新機構として可変圧縮比を実現しており、まさに次世代内燃機関と呼ぶに相応しいものとなる。

VC-Tエンジン インフィニティ

シームレスな可変圧縮比によって、燃費重視と出力重視を自在にコントロール

インフィニティは可変圧縮比エンジンの概要を図を交えて公表した。

VC-T figure

左図が圧縮比14の状態で、燃焼効率が最も高くなる。ここから右図の出力重視の圧縮比8に向けて燃焼室の容積変化を説明したものである。ハーモニックドライブ → アクチュエーターアーム → コントロールシャフト → ローワーリンク → マルチリンク → アッパーリンクの順に介して、ピストンの上死点の位置がシームレスにコントロール可能となる。なお、ハーモニックドライブの駆動はエンジンブロック外部のモーターによって行われる。

基本構成は2.0L 直列4気筒のターボ付きとなる。直噴とポート噴射の両方のインジェクターを備え、状況に応じて切り替えていく。

VC-Tエンジンは最高出力200kW(272ps)、最大トルク390Nm(39.7kgf・m)のパフォーマンスとなる。

現在、日産およびインフィニティが採用している2.0Lターボは、ダイムラー社から供給される274A型がある。スカイライン200GT-tの仕様によると、最高出力211ps、最大トルク35.7kgfmということであるから、特に出力性能に関しては大幅な向上となる。

(写真は現行インフィニティQ50 20t)
日産スカイラインターボ

燃費性能については、市販車への搭載実績が無いため具体的な数値は無いが、最大圧縮比14を実現していることからも期待は大きい。

日産車およびインフィニティ車に搭載されるV6 3.5Lエンジンとリプレイスされていくことになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント