car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ノートe-POWERの発売日は11月2日、マイナーモデルチェンジでハイブリッド追加

日産がノートのマイナーモデルチェンジでハイブリッド車を追加ラインアップ

今秋はノートのマイナーモデルチェンジが実施されるということであったが、2016年11月2日を発売日とする日程で進められつつある。ノートは後期型となりフロントデザインを中心に表情が変えられることになる。そして、ハイブリッドモデルが追加されるというのも大きな目玉で、ノートe-POWERとしてラインアップされることになった。

(写真は現行ノート)
日産ノート フロントグリル

ノートe-POWERは電気自動車リーフと同タイプのモーターが搭載されたEVベースのハイブリッドとなる。直3 1.2LのNAガソリンエンジンが搭載されるが、これは発電専用としてつかわれ、高効率でエンジンノイズが低い2000~2500rpmの回転数をメインに動作する。

従来車同様にガソリン給油によるエネルギー補給となるため、EVのデメリットであった航続距離の問題は無い。

(写真はリーフ)
日産 リーフ

ノートe-POWERはシリーズ方式ハイブリッドの採用で、アクアの燃費性能を超える

そんなノートe-POWERの燃費性能はライバルであるアクアのJC08モード燃費37.0km/Lを超えることが予測され、その数値は40km/Lに達することが見込まれる。

(写真はトヨタ・アクア)
アクア

燃費性能でこれだけ優位に立つことができれば、ノートe-POWERには廉価グレードが設定されないかもしれない。アクアはグレードLの176万1382円をエントリー価格とするが、ある程度の装備が標準化されたグレードSの188万7055円あたりからを購入の対象とするユーザーが多いだろう。フィットハイブリッドはアクアより10万円近く安い価格設定だ。そんな中では、ノートe-POWERの車両価格は高くとも200万円以内というのが、現実的なラインと考える。

そして、アクアのTHSⅡは先代プリウスの1.8L THSⅡをベースに排気量を1.5Lにダウンサイズされたものであった。トヨタは新型プリウスで1.8L THSⅡを新世代型へと切り替えており、この技術はまだアクアには採用していない。e-POWERを採用するノートハイブリッドがアクアの燃費性能を追い越せば、トヨタもアクアに新世代THSⅡを採用してくることになるだろう。

#1 いいぱわあ2016/09/27(Tue)19:27:46
すたいるにきたいしてます

名前(任意)
コメント