car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

リーフ

リーフに30kWhバッテリーモデル追加、東京モーターショー出展後12月24日発売へ

投稿日:

リーフに大容量30kWhバッテリー搭載モデルが追加、航続距離280kmへ向上

日産のEV、リーフに大容量バッテリーモデルが2015年12月24日に追加発売されることになった。

(写真はリーフ、東京モーターショー2015)
日産 リーフ

2010年12月に発売されたリーフは、販売期間5年を迎えるタイミングに来ている。日産は今回の東京モーターショー2015で自動運転車のIDSコンセプトを発表しており、これにはEVパワートレインが搭載されるということで、リーフの後継ポジションを担ったモデルが提案された。ただしIDSコンセプトの市販化までは少し時間が掛かりそうで、日産では引き続きリーフが販売される。

リーフ 日産 30kWh

新型リーフのエクステリアデザインは変更なし、従来型24kWhバッテリー搭載車も引き続き販売

新しくなったリーフは、リチウムイオンバッテリーの大幅アップグレードが導入され、蓄電容量を従来24kWhから30kWhと進化を遂げることになる。航続距離は従来228kmから280kmに向上する。

リーフ EV

エクステリアデザインに大きな変更点は無いとのことだ。

日産リーフ バッテリー

新型のリチウムイオンバッテリーは、板状のバッテリーパックが8枚重ねられたものがワンパッケージとなっている。旧型は4層+4層の構造でパッケージングに無駄があったが、これを改良することで一つのバッテリーパックあたりの容積および蓄電容量が向上している。リーフの床面にはこの8層ワンパッケージとなったユニットが24個並べられ、バッテリーシステムが構成される。バッテリーシステム全体の体積は従来型から新型にかけて変化はないが、重量は+20kgアップする。

リーフ 東京モーターショー2015

リーフ30kWhバッテリー搭載モデルの車両価格は319万7880円からと大幅値上げとなるため、従来型の24kWhバッテリー搭載モデルも280万3680円からで引き続き販売されることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント