car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

ジュークがフルモデルチェンジ、市販型公開は2017年3月ジュネーブモーターショー予想

日産・ジュークのフルモデルチェンジに向けての準備が進められている。3月9日より開催されるジュネーブモーターショー2017でのワールドプレミアが予想される。

(写真はGRIPZコンセプト)
NEXT JUKE

近年の欧州市場における日産は、SUVイメージ先行で販売戦略が取られてきた印象が強い。キャシュカイ、エクストレイルといった中小型クロスオーバーSUVの他、BセグメントSUVのジュークも販売実績のあるモデルの一つ。次期ジュークについてもこれまで欧州市場先行でプロモーションが進められており、2015年のジュネーブモーターショーではGRIPZコンセプトとして、次期型の提案が行われてきた。

次期ジューク GRIPZ juke gripz

そして、GRIPZコンセプト発表から2年を経て、フルモデルチェンジした新型ジュークが発表されることになるだろう。

GRIPZコンセプト 次期ジューク 日産ジューク後継 グリップス

新型ジュークハイブリッドはe-POWER搭載、レンジエクステンダー方式

2015年のGRIPZコンセプトで示されたのは、電気自動車リーフのモーターと発電専用エンジンを搭載したレンジエクステンダー方式によるパワートレインであった。別名シリーズ式ハイブリッドと呼ばれるこのシステムは、パラレル式あるいはシリーズパラレル式と比較して燃費性能でもコスト面でも不利であり、その実現を疑問視する見方もあった。

(写真はノート e-POWER)
ノート e-POWER フロントグリル e-power ハイブリッド

ただし、日産は先日の2016年11月2日にノートe-POWERとして、同システムを搭載した市販車を発売。もはや次期ジュークへの搭載を疑う者はいないはずだ。

(写真はトヨタ・C-HR)
C-HR ワールドプレミア

一方でトヨタは、C-HRとしてプリウスベースのクロスオーバーSUVを2016年12月14日に発売予定となっており、これがちょっとしたSUVブームの火付け役になる可能性がある。そんな中、車体も車両価格もワンサイズ小さいジュークがフルモデルチェンジして発売されれば、こちらもかなりの販売台数となることが予想される。

#1 匿名さん2016/11/07(Mon)22:38:57
こんばんは!
いよいよジュークもFMCに向けて、開発が進んでいるんですね!

また商用車であるADも4代目へFMCして、NV200バネットは2代目へ、シビリアンは3代目へそれぞれFMCして欲しいですが、ADとNV200バネットは、新型へFMCしてからマツダと三菱にOEM供給をして欲しいです!

#2 匿名さん2016/11/08(Tue)07:36:25
コンセプトを見るに
2代目は初代ほどのキレがないな
#3 山田2016/11/09(Wed)01:20:18
新型ジュークのデザイナーは、同じ人なのかな。

名前(任意)
コメント