セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

日産新型セレナの販売が好調、プロパイロット搭載で増産体制

現行セレナは2016年8月にフルモデルチェンジしたまだ新しいモデルである。同一車線自動運転技術のプロパイロットを初装備するなどで受注が好調であったが、発売早々にアイドリングストップシステムのトラブルが発覚し出端を挫かれた。それでも先月2016年10月の販売台数は12408台と目標を大きく上回っており、月産8000台規模でスタートした新型セレナの生産は、今後増産により1万台規模に拡大される見通しとなっている。

(写真は新型セレナ)
新型 セレナ

ただし、燃費性能という側面で見れば、ライバルのトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイアはTHSⅡ搭載ハイブリッドモデルがJC08モード燃費23.8km/Lで用意されており、セレナが見劣りする感じは否めない。セレナハイブリッドも用意されたが、従来型のマイルドハイブリッドをべースとしたもので、JC08モード燃費は17.2km/Lにとどまる。そんななか、セレナに新開発ハイブリッドモデルが遅れて追加発売されるという噂があったが、その発売日が2017年2月頃となる見込みである。

セレナ フロントグリル

セレナハイブリッドかセレナe-POWERのいずれかが追加発売となるはず

この新開発ハイブリッドシステムの詳細は明らかとなっていないが、エクストレイルのハイブリッドシステムを流用するというのも一つの可能性としてある。

(写真はエクストレイルハイブリッド)
日産 エクストレイル ハイブリッド 発売

ただし、エクストレイルハイブリッドのJC08モード燃費は20.6km/Lとなっており、これをそのままセレナに搭載させたのでは、トヨタ勢を上回る燃費性能になるとは考え難い。改良版を投入するにしてもかなりの技術革新が必要となるだろう。

(写真はノート e-POWER)
ノート e-POWER フロントグリル e-power ハイブリッド

もう一つの案としては、今月発売されたばかりのノートe-POWERのレンジエクステンダーシステムの流用である。これは1.2Lの発電専用エンジンとリーフから流用した最高出力109psの電気モーターを組み合わせたものである。もちろんセレナへこのまま搭載すれば、モーター出力も発電能力も足りないということになりそうだが、非常にシンプルなシステムであるためセレナ用に新開発することも比較的容易ではないだろうか。

関連するレポート

[ 2016/11/10 ]
#1 匿名さん2016/11/11(Fri)13:48:05
こんにちは!
いよいよ来年(2017年)2月で、セレナにハイブリッドが出るんですね!

セレナ以外ではノートやNV350キャラバン、NV200バネットやフーガ、シーマにもハイブリッドを搭載して欲しいです!
#2 根拠イコール信憑性2016/11/11(Fri)18:50:00
この記事の信憑性を一切感じませんでした。ハイブリッドのシステムがどちらになるのか、3ヶ月前で不明とは。誰にでも書ける幼稚な内容で驚きました。ストロングハイブリッドが出ることは、間違いないでしょうが、時期は早くても来年秋になるでしょう。e-powerのシステムは簡単であっても、燃費だけを良くすれば売れるという、あささかな考えは持っていません。
通常、発売前(2-3ヶ月前)に、ディーラー向けに試乗会を行い、入念に準備してから発売となります。
#3 匿名さん2016/11/11(Fri)23:10:01
#1さん
フーガとシーマはハイブリッドありますが?
特にシーマはハイブリッド専用車では?
#4 匿名さん2016/11/12(Sat)07:57:37
日産で発売されているハイブリッドモデルは、3.5リッターのハイブリッドでシーマはこのエンジン搭載モデルだけ、フーガは同一エンジンと3.7リットルのガソリンエンジン車!、スカイラインに同一エンジンのハイブリッドモデルが発売されている‼︎それぞれ味付けが違うもののアクセルベタぶみではシステム馬力道理の加速を味わえる‼︎又日産のハイブリッドモデルの特徴で負荷の少ない状況では、時速100km/h程度でもエンジン停止し静かさを満喫出来る。後はエクストレイルの2.0リットルのハイブリッドモデルがあるだけ、とまあ、早い話、高価なリチュウムイオンバッテリーを使用しているので現時点では致し方ない?。
#5 日産オーナー2017/09/06(Wed)13:43:56
いまだに発売時期未定。。
2017年中も無理って(笑)
#6 匿名さん2017/09/08(Fri)23:45:43
これで、あの「Sハイブリッド」から卒業出来るな!
しかし、車重の重いセレナで同じ1.3エンジンで大丈夫なのか?
自動車税の同じ1.5まで引き上げても良いのにな。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.