car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スカイライン オールージュは日本発売されるのか、トランスミッションは7速AT

スカイライン オールージュは3.8L V6ツインターボ搭載で限定1000台を市販予定

新型スカイラインのボディに3.8LのV6ツインターボエンジンを搭載したオールージュが市販化に向けて動き出している。

(写真はインフィニティQ50オールージュ、ジュネーブモーターショー2014)
スカイライン インフィニティQ50 オールージュ ジュネーブ2014

新型スカイラインは、海外市場ではインフィニティ Q50として販売されている。インフィニティとは日産が海外向けに展開する高級ブランドであるが、先月2014年7月は元社長のヨハンダネイシンがキャデラックにヘッドハンティングされるという人事があった。インフィニティ在籍中の彼は、インフィニティ Q50オールージュの市販化を明言していた。

スカイライン GT-R Q50 オールージュ 2014 インフィニティ Q50 オールージュ 日産スカイラインGT-R

計画されているQ50オールージュの価格は10万ドル以上(日本円換算で1020万円)、販売台数は2年間で1000台が見積もられている。日本市場向けにはスカイライン オールージュとして、いくらかの台数が割り振られることが予想される。

スカイライン infiniti q50 オールージュ スカイライン GT-R infiniti q50 オールージュ

スカイライン オールージュに搭載されるVR38DETTユニットは、GT-Rとは異なるセッティング

日産の3.8LのV6ツインターボエンジンと言えば、GT-Rに搭載されるユニットが思い浮かぶだろう。しかしトランスミッションは、GT-Rのデュアルクラッチ式6速は採用されず、スカイライン オールージュではトルクコンバーター式7速となる。また、4ドアセダンのスカイライン オールージュでは、車体重量がGT-Rの1700kg前後と比較して250kg程度重くなることが予想される。

V6 3.8L ツインターボエンジン

GT-Rと同タイプエンジンと言えどもボディとトランスミッションにこれだけの違いがあれば、エンジンはスカイライン オールージュに向けた専用セッティングが施されることになる。スカイライン オールージュ向けVR38DETT型エンジンの仕様は、最高出力568ps、最大トルク61.2kgmと発表されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント