car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スカイライン

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

投稿日:

スカイラインクロスオーバーがフェイスリフト、新型スカイライン顔は先延ばし

インフィニティQX50の2016年モデルが、4月3日に一般公開を迎えたニューヨーク国際オートショー2015でワールドプレミアされた。2015年秋の米国での販売が計画されている。

(写真は新型インフィニティQX50)
インフィニティQX50 スカイラインクロスオーバー 2016年モデル

インフィニティQX50は、日本市場ではスカイラインクロスオーバーとして日産ブランドで販売されるモデルである。

スカイラインクロスオーバー インフィニティQX50 スカイラインクロスオーバー マイナーモデルチェンジ

現行型のデビューは2008年であり、当時はインフィニティEXシリーズとして販売された。2013年にインフィニティブランドの新たな命名則に従いQX50に改名されたが、モデル自体に大きな変化はなかった。発売から7年が経過するモデル末期車種でありフルモデルチェンジが待望される時期にあるが、今回のニューヨークショーでは2016年モデルとして改変が発表された。

QX50 スカイラインクロスオーバー NYIAS 2015 インフィニティ QX50 スカイラインクロスオーバー 日産

QX50のホイールベースが延長、日本版スカイラインクロスオーバーにも採用か?

新型インフィニティQX50は、メッキパーツの多用によりプレミアム感が与えられているのが第一印象。前後バンパー、フロントグリル、サイドシルを中心にデザインが新しくなっている。

日産スカイラインクロスオーバー QX50 マイチェン

そして、ホイールベースが従来型より3.2インチ(約8cm)延長されているのがトピックとなっている。キャビンスペースは4.3インチ(約11cm)の拡大を遂げた。モデル末期の改変でホイールベースを延長させることはあまり例が無いが、中国市場では先行してロングホイールベースモデルが発表されており、これが北米仕様にも採用されたと考える。

日産 スカイラインクロスオーバー グラスルーフ インフィニティQX50 日産スカイラインクロスオーバー 2016年モデル

今回はビッグマイナーチェンジに相当する改変ではあるが、やはりベースが7年前のV36型ということもあってフロントデザインの古臭さが残る。

(写真は現行V37型スカイライン)
スカイライン V37 発売

スカイラインクロスオーバーの名の通り、スカイラインをベースにしたクロスオーバーSUVモデルになるが、スカイラインの方は昨年2014年にフルモデルチェンジを果たしV37型の販売が開始されたばかり。この新スカイライン顔のクロスオーバーモデルの登場はまだ先になりそうである。

#1 トネリコ2017/03/07(Tue)07:34:09
日産はジュークをミニみたいなやつとして、X-トレイルをBMW X3みたいなやつとして、ムラーノをBMW X5みたいなやつで復活して、QX50をインフィニティブランドで日本発売してほしいです。

名前(任意)
コメント