日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

日産
このページの情報は古いです
リーフの最新ニュースはこちらです
 NEW  日産リーフがブラジルで「Best Purchase Among Electric Cars」を受賞

日産の電気自動車リーフが2代目モデルへフルモデルチェンジ、今秋公開見込み

日産ではリーフのフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。その発売日が2017年後半になることが公式にアナウンスされた。

(写真は次期リーフのティザー画像)
新型リーフ ヘッドランプ

次期リーフについては、既にヘッドランプ周辺のティザー画像一枚が公開されている。この画像からは、ヘッドランプユニットにはスクウェア形状のランプが2灯配置されているのがわかる。さらに延長線上に3灯、4灯と続く可能性もあるが現段階では不明。そして、これらを突き刺すように描かれたアイラインも特徴的なデザインとなっており、フロント部分の表情が作り出されることになるだろう。

(写真は欧州キャシュカイ)
キャシュカイ フロントグリル

またフロントのVモーショングリルは、欧州キャシュカイやマイクラとも共通する新世代型が採用される。

次期リーフは航続距離大幅延長、自動運転プロパイロット搭載

新型リーフの技術面では自動運転技術のプロパイロットの採用が確定的となっている。高速道路における単車線走行の自動化を実現したプロパイロット1.0は、既にセレナにおいて導入済みであり、さらに今夏にはエクストレイルへと採用車が拡大される。

(写真はセレナ ハイウェイスター プロパイロット搭載モデル)
セレナ highway STAR

日産ではプロパイロット2.0として、高速道路における単車線走行の自動化が開発中となっている。次期リーフに搭載されるのは、プロパイロット2.0になるという噂があり、これは期待したい。

(写真は現行リーフ)
日産 リーフ

駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量は、40kWhと60kWhの2タイプがラインアップされ、航続距離は最大モデルで547kmとなる。現行リーフは24kWhと30kWhで、最大モデルで280kmであるから、航続距離は約2倍に延長される。

日本よりもグローバル市場を重視してきた日産のことであるから、ワールドプレミアは10月の東京モーターショー2017よりも9月のフランクフルトモーターショーが有力か。

このページの情報は古いです
リーフの最新ニュースはこちらです
 NEW  日産リーフがブラジルで「Best Purchase Among Electric Cars」を受賞
タイトルとURLをコピーしました