日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

日産の電気自動車リーフが2代目モデルへフルモデルチェンジ、今秋公開見込み

日産ではリーフのフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。その発売日が2017年後半になることが公式にアナウンスされた。

(写真は次期リーフのティザー画像)
新型リーフ ヘッドランプ

次期リーフについては、既にヘッドランプ周辺のティザー画像一枚が公開されている。この画像からは、ヘッドランプユニットにはスクウェア形状のランプが2灯配置されているのがわかる。さらに延長線上に3灯、4灯と続く可能性もあるが現段階では不明。そして、これらを突き刺すように描かれたアイラインも特徴的なデザインとなっており、フロント部分の表情が作り出されることになるだろう。

(写真は欧州キャシュカイ)
キャシュカイ フロントグリル

またフロントのVモーショングリルは、欧州キャシュカイやマイクラとも共通する新世代型が採用される。

次期リーフは航続距離大幅延長、自動運転プロパイロット搭載

新型リーフの技術面では自動運転技術のプロパイロットの採用が確定的となっている。高速道路における単車線走行の自動化を実現したプロパイロット1.0は、既にセレナにおいて導入済みであり、さらに今夏にはエクストレイルへと採用車が拡大される。

(写真はセレナ ハイウェイスター プロパイロット搭載モデル)
セレナ highway STAR

日産ではプロパイロット2.0として、高速道路における単車線走行の自動化が開発中となっている。次期リーフに搭載されるのは、プロパイロット2.0になるという噂があり、これは期待したい。

(写真は現行リーフ)
日産 リーフ

駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量は、40kWhと60kWhの2タイプがラインアップされ、航続距離は最大モデルで547kmとなる。現行リーフは24kWhと30kWhで、最大モデルで280kmであるから、航続距離は約2倍に延長される。

日本よりもグローバル市場を重視してきた日産のことであるから、ワールドプレミアは10月の東京モーターショー2017よりも9月のフランクフルトモーターショーが有力か。

関連するレポート

[ 2017/05/24 ]
#1 匿名さん2017/05/25(Thu)10:50:55
いらね
#2 ブドウ園のおっちゃん2017/05/25(Thu)19:58:06
乗ってますが‼是非次も乗り換えします‼
乗ってみないとメリット。デメリット分からない‼体験したい‼
リーフ‼発明です‼
#3 匿名さん2017/05/25(Thu)21:35:33
リーフですか…ノートe-powerという強力なライバルが自社内に登場したからな〜

太陽光発電☀住宅が有ればメリットはあるかも知れんが大多数はね…

充電時間の問題やリチウム電池のカードリッジ化などの技術開発が無ければ、オイラの選択肢には引っ掛かることは無いジャンルだよな。
#4 匿名さん2017/05/25(Thu)23:14:36
実際の航続距離は半分以下
冬は暖房無しで1/5以下
こんなとこ?
#5 匿名さん2017/05/26(Fri)00:18:39
次期型はシビックやオーリスと見分け難い感じになりそう。現行は良くも悪くも個性的すぎた。
#6 匿名さん2017/06/01(Thu)15:00:31
画像だけではベンツのようなVWのような……
#7 神車2017/06/08(Thu)14:39:59
すばらしい!!の一言
#8 匿名さん2017/06/17(Sat)21:17:25
現行リーフが売れない理由は航続距離のみならず、ダサいデザインと結局中途半端な出力にあると思うけど、新型になってそれらが解消されても充電時間という障害が残るんだよな。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.