新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

新型セレナ、ストロングハイブリッド版は新開発シリーズ式ハイブリッド

フルモデルチェンジした日産の主力ミニバン、セレナが2016年8月24日に発売日を迎えることになった。半自動運転システムのプロパイロットが最大の目玉となっており、注目しているファンも多いはず。ただし、今回のフルモデルチェンジでは期待されたストロングハイブリッドモデルの投入は間に合わないということであった。

(写真は新型セレナ)
セレナ フロントグリル

日産はMR20DDエンジンとRM31モーターおよびリチウムイオンバッテリーで構成される本格ハイブリッドシステムを持っており、既にエクストレイルにおいて市販化実績がある。ただし、エクストレイルハイブリッドのJC08モード燃費は20.6km/Lとなっており、このハイブリッドシステムがそのまま車体重量が重く空力特性も劣るセレナに搭載されれば、20km/Lを下回るのは確実である。ライバルのトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイアのハイブリッドモデルは23.8km/Lであるから、少なくともこれより優れたスペックでなければ市場でのウケは良くない。

セレナ ハイウェイスター セレナ リアコンビネーションランプ

新型セレナ ハイブリッドは1.2Lの発電専用エンジンを搭載、2017年初旬に追加ラインアップ

そんななか日産では、エクストレイルハイブリッドとは別のハイブリッドシステムが開発中となっている。そのシステムは、駆動用モーターと駆動用リチウムイオンバッテリーに1.2Lの発電専用エンジンを組み合わせたレンジエクステンダー方式によるもの。別名シリーズ式ハイブリッドと呼ばれるこのシステムは、日産がトヨタのTHSⅡに対抗できる技術として注目される。2016年内に発売されるノートハイブリッドもEVシステムに発電専用エンジンを備えた構成となっており、日産の新世代ハイブリッドとしてのデビューはこちらが先となる。

新型 セレナ

ただし、ノートとセレナでは車体重量が違い過ぎる。おそらくセレナでは、モーターは新開発の高出力版になるか、あるいはリア駆動も加えた4WDになることも推測される。セレナEVハイブリッドの登場は2017年の初旬頃の見込みだ。

関連するレポート

[ 2016/07/26 ]
#1 匿名さん2016/07/26(Tue)22:53:28
どのメーカーもハイブリッド車を用意するが、モーターのコスパを考えて価格設定してほしい。ノーマルに対し20%の燃費効果なら20万アップまでだね。
#2 はっとみ―2016/07/27(Wed)13:19:45
早く実車が見たいけど、2017年初旬て、2017年1月初旬なのか12月初旬なのか、どっちでしょうか? それとも 月初旬?
#3 サーフィス2016/08/08(Mon)09:52:21
1.2Lストロングハイブリッドも4WD出して欲しいと思いますね。
#4 ひろしの父2016/09/02(Fri)18:41:49
1.2Lストロングの4WD必ず出して
#5 モモコ2016/09/19(Mon)17:56:53
セレナのレンジエクステンダー4wdにして欲しい
#6 匿名さん2016/11/08(Tue)22:29:06
年度末に出るんだったら、既に情報も有るだろうから最低でも4月以降になるんでないか?
新型セレナが8月に出て、この前ノートEVが出たばかりだから、 もっと後になるかも
エクストレイルの事もあるし2018年って可能性はどうだろう
#7 2582016/12/18(Sun)09:34:10
セレナで背を高くして:
#8 匿名さん2016/12/23(Fri)06:24:07
床下にバッテリーを増量して
PHVにして欲しいな。
あと、発電機でAC100Vを
取れるようにして欲しい。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.