スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

インフィニティQ50(スカイライン)改良型発表、プロパイロット搭載

インフィニティはプロパイロット搭載のQ50を開催中のジュネーブモーターショー2017で公開した。

(写真は新型インフィニティQ50S)
Q50S スカイライン

インフィニティQ50は2013年に発売され、日本でも同型車が日産ブランドからスカイラインの車名で販売されているモデルである。販売4年目のタイミングで発表された今回の改良型は、自動運転技術のプロパイロット搭載ということで話題となっている。

Q50S スカイライン マフラー Q50S スカイライン リアコンビネーションランプ

日産はプロパイロットを2016年より日本市場向けのセレナに導入済みであり、以降セレナの販売状況が好転している。現状では半自動運転と揶揄されることもあるが、プロパイロットにより商品力が大きく向上していることは事実である。そしてセレナに次ぐプロパイロット導入モデルはスカイラインになるのではという予想があった。今回の改良型Q50が発表されたことで、その実現性が高まったことになる。

(写真は新型インフィニティQ50)
インフィニティQ50 Q50 スカイライン リアコンビネーションランプ

改良型Q50は、2017年4~6月期にグローバルで販売されるとしており、間もなく日本のスカイラインにもプロパイロット搭載モデルがラインアップされるはずだ。

Q50 スカイライン リアシート Q50 スカイライン フロントシート

スカイラインのフロントデザインは大幅変更される、最上級エンジンは400hpの3.0L V6ツインターボ

改良型Q50のエクステリアは、フロントグリル形状とヘッドランプの目頭周辺が直線的なラインに置き換えられた新デザインが採用され、全体的に引き締まった雰囲気となる。

Q50 スカイライン フロントグリル Q50S スカイライン フロントグリル

ヘッドランプより下の造形では、通常グレードは従来よりシンプルとなりスポーティイメージが与えられる。SグレードはGT-Rのフロントグリルを連想させるラインが入れられ存在感を増している。

Q50S スカイライン インテリア Q50 スカイライン 日産

最上級グレードのレッドスポーツ400では最高出力400hpの3.0L ツインターボ V6エンジンが搭載される。

関連するレポート

[ 2017/03/14 ]
#1 匿名さん2017/03/15(Wed)16:05:48
これはこれでいい車なんだけど、スカイラインじゃないんだよなぁ・・・
名前が残っているだけましなのかな?
#2 匿名さん2017/03/16(Thu)20:24:42
だからローレルだよねこれ‥‥

まじでゴーンのせいで日産全体狂ったわ

責任とって、報奨金かえして帰れよ
#3 匿名さん2017/03/17(Fri)22:33:45
スカセフィーローレルとすべき
#4 匿名さん2017/03/19(Sun)14:31:06
>>2
スカイラインはあれだけど日産の名前は残っただろ。贅沢言うな。
#5 匿名さん2017/03/19(Sun)15:18:24
このマイチェンでクーペ来なかったらもう日本導入は無いと見た方がいいですかね
#6 匿名さん2017/03/29(Wed)11:24:33
後期型で丸型のテールランプ、ブレーキランプに戻せよ!。
#7 匿名さん2017/06/17(Sat)21:27:55
スカイラインって名前を続ける限り良いクルマであっても名前で批判されちゃうんだから、さっさと名前はインフィニティQ50にしちゃって、開発コストを惜しまずにVR30DDTTを搭載したR35っぽいデザインの兄弟車をスカイラインとして作るべきだろう。
安易にベンツエンジンやNAにするとチューニングショップが見向きもしないから、日産製のターボであることが重要。
FT86なんて大したクルマじゃなくても雰囲気だけで絶賛されてるんだから、日産も見習うべき。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.