car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ノート ハイブリッド2016年11月発売見込み、レンジエクステンダーHV

日産がコンパクトカー向け、レンジエクステンダーハイブリッドを新開発

日産の主力コンパクトカー、ノートのハイブリッド化が迫っている。発売時期は以前のレポートより若干遅れ、2016年11月頃が想定される。

(写真は現行ノート)
日産ノート

日産のレンジエクステンダーハイブリッドはTHSⅡを超えることができるのか?

ノートハイブリッドに搭載されるのは、日産が新開発するレンジエクステンダー方式のシステムとなる。別名シリーズ式ハイブリッドとも言われるこのシステムは、発電専用のガソリンエンジンが搭載され、電気モーターのみから駆動力を得る。リチウムイオン式による駆動用バッテリーも搭載され、日産がリーフなどで実績があるEVパワートレインに近くなる。

(写真はリーフ)
日産 リーフ

従来車同様にガソリン給油によるエネルギー補給がメインであるから、現在のインフラに馴染みやすく、EVのように航続距離が気にならないというのがメリットとなる。

(写真はスイフトEVハイブリッド)
スイフトEVハイブリッド 東京2011

これまでレンジエクステンダー方式のハイブリッドは、スズキがスイフトの車体をベースに開発を進めてきたが、これは市販化されなかった。二輪メーカーでもあるスズキは、小さな排気量のエンジンの採用も試みたようだ。レンジエクステンダーハイブリッドは、構造がシンプルで開発のハードルが低そうに感じるが、ガソリンエンジンを発電専用に使うことはあまり効率が良くない。燃費性能でトヨタやホンダのシステムに勝つのは難しいかったのではと考える。

(写真はGRIPZコンセプト)
日産GRIPZ

日産のレンジエクステンダー ハイブリッドは、昨年秋のフランクフルトモーターショー2015で公開されたGRIPZコンセプトに搭載されおり、そのいくらかの仕様が明らかとなっている。モーターのパフォーマンスは、最高出力80kW、最大トルク254Nmとなっており、これはリーフの仕様と同じである。発電専用エンジンの排気量は1.2Lとなる。

日産ノート フロントグリル

今秋のノートハイブリッドの登場と同時にノートはビッグマイナーチェンジを受ける。フロントフェイスは新たなエクステリアが与えられることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント