日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

ノートが販売台数ランキングトップに、アクア、プリウスを上回る

ノート e-POWERは2016年11月2月に発売されたモデル。同月におけるノートシリーズ全体の販売台数が15784台に達し、車名別ランキングで首位となった。

(写真はノートe-POWER)
ノート e-POWER フロントグリル

ノートが属するBセグメントのコンパクトカー市場は、国内の自動車メーカーのいずれもが力を入れる激戦区となっている。なかでもノートは全長4.1mというやや大きめのボディサイズにより、広い室内空間とスタイリッシュなエクステリアが与えられ、存在感を示してきた。ただし、ノートはハイブリッドシステム搭載モデルのラインアップが遅れ、販売台数という意味では物足りないものがあった。

ノート e-power 発表 ノート e-POWER 日産2016

新型ノート e-POWERの販売台数はいつまで維持できるか、実はアクアより少し大きいボディサイズ

今秋発売されたノート e-POWERは、念願のハイブリッドパワートレインが搭載されたモデルとなる。同セグメントではアクアやフィットハイブリッドといったハイブリッド車が先行して人気を獲得してきたが、いずれも駆動力をエンジントルクからも得ることができるシリーズパラレル方式ハイブリッドが採用される。

e-power ハイブリッド

ノート e-POWERでは駆動力をモータートルクだけに頼ったシリーズ方式ハイブリッドが採用される。EVのリーフの技術がベースとなっており、これに発電専用の直3 1.2Lエンジンを組み合わせたシステムとなる。

ノート e-POWER インテリア ノート e-POWER シート

シリーズ方式ハイブリッドは構造がシンプルではあるが、コストと燃費性能の両面でシリーズパラレル方式ハイブリッドに劣る部分が多く採用実績は少ない。それでもコストダウンと技術革新により、何とかアクアと並ぶモデルとして市販化にたどり着いたのがノート e-POWERというわけだ。

ノート e-power 日産

ノート e-POWERのJC08モード燃費は37.2 km/Lであるがこれはエアコンレスモデル。エアコン付きモデルでは34.0km/Lとなっており、これが実質的な燃費スペックと見たほうがいい。一方で、アクアはJC08モード燃費37.0km/Lのモデルが中心となっており、ノート e-POWERはこれに及んでいないことがわかる。ただし、ノート e-POWERのボディサイズの方が大きいことを考慮すれば、ノート e-POWERの燃費性能もかなり優秀。さらに室内も広いとなれば、ノート e-POWERを選ぶユーザーは今後も続きそうである。

関連するレポート

[ 2016/12/21 ]
#1 匿名さん2016/12/21(Wed)17:35:55
アクアの実質的なカタログ燃費は33.8km/Lですよ。
#2 匿名さん2016/12/21(Wed)20:50:34
アクアは売れ筋のGが37.0だから実質のカタログ燃費は間違ってないと思うぞ
33.8っておまけみたいな存在のX-URBANだろ?
#3 匿名さん2016/12/22(Thu)12:47:05
いやいや、オプション付けたら33.8だから1が正解でしょ
#4 匿名さん2016/12/24(Sat)01:41:51
予想外の売れ行きに驚きだ。\(^o^)/
充電時間を気にしならくなるのは良いな。
好調なら充電バッテリーを強化するか、プラグインも搭載するかの選択肢も出てくるかもね。コアの日産ファンでリーフからの乗換がどうなるか…若干心配。
#5 匿名さん2016/12/27(Tue)03:49:02
エアコンレスて…。

必死すぎ。
#6 匿名さん2016/12/28(Wed)12:56:22
モデルサイクル後半のライバル車に今追いついたのか……大丈夫か?技術の日産。
#7 匿名さん2017/01/02(Mon)01:37:10
技術の日産とか笑うは
テストコースも開発施設も売り払い、エンジニアも育てない姿勢。
バッテリーとかプラグインだのカタログオタの寝言。
まともなトランスミッション開発しろや
スバルから買ったCVT技術もスバルに逃げられはや10年以上で、スバルの新しいCVTは随分先行ってますよ。
#8 匿名さん2017/01/02(Mon)09:11:54
レンジエクステンダーをアクアとタメを張れるレベルで発売させたのは結構な技術レベルかと
そもそもトランスミッションなんて必要ないしね
エンジンも定速回転専用でイチから作り直せば効率も排ガスも良くなるし、伸びしろがまだまだありそう
#9 ふむ2017/01/04(Wed)21:38:08
日産製エンジンがRE用だけにならなきゃいいけど。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.