日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

ノートが販売台数ランキングトップに、アクア、プリウスを上回る

ノート e-POWERは2016年11月2月に発売されたモデル。同月におけるノートシリーズ全体の販売台数が15784台に達し、車名別ランキングで首位となった。

(写真はノートe-POWER)
ノート e-POWER フロントグリル

ノートが属するBセグメントのコンパクトカー市場は、国内の自動車メーカーのいずれもが力を入れる激戦区となっている。なかでもノートは全長4.1mというやや大きめのボディサイズにより、広い室内空間とスタイリッシュなエクステリアが与えられ、存在感を示してきた。ただし、ノートはハイブリッドシステム搭載モデルのラインアップが遅れ、販売台数という意味では物足りないものがあった。

ノート e-power 発表 ノート e-POWER 日産2016

新型ノート e-POWERの販売台数はいつまで維持できるか、実はアクアより少し大きいボディサイズ

今秋発売されたノート e-POWERは、念願のハイブリッドパワートレインが搭載されたモデルとなる。同セグメントではアクアやフィットハイブリッドといったハイブリッド車が先行して人気を獲得してきたが、いずれも駆動力をエンジントルクからも得ることができるシリーズパラレル方式ハイブリッドが採用される。

e-power ハイブリッド

ノート e-POWERでは駆動力をモータートルクだけに頼ったシリーズ方式ハイブリッドが採用される。EVのリーフの技術がベースとなっており、これに発電専用の直3 1.2Lエンジンを組み合わせたシステムとなる。

ノート e-POWER インテリア ノート e-POWER シート

シリーズ方式ハイブリッドは構造がシンプルではあるが、コストと燃費性能の両面でシリーズパラレル方式ハイブリッドに劣る部分が多く採用実績は少ない。それでもコストダウンと技術革新により、何とかアクアと並ぶモデルとして市販化にたどり着いたのがノート e-POWERというわけだ。

ノート e-power 日産

ノート e-POWERのJC08モード燃費は37.2 km/Lであるがこれはエアコンレスモデル。エアコン付きモデルでは34.0km/Lとなっており、これが実質的な燃費スペックと見たほうがいい。一方で、アクアはJC08モード燃費37.0km/Lのモデルが中心となっており、ノート e-POWERはこれに及んでいないことがわかる。ただし、ノート e-POWERのボディサイズの方が大きいことを考慮すれば、ノート e-POWERの燃費性能もかなり優秀。さらに室内も広いとなれば、ノート e-POWERを選ぶユーザーは今後も続きそうである。

関連するレポート

[ 2016/12/21 ]
#1 匿名さん2016/12/21(Wed)17:35:55
アクアの実質的なカタログ燃費は33.8km/Lですよ。
#2 匿名さん2016/12/21(Wed)20:50:34
アクアは売れ筋のGが37.0だから実質のカタログ燃費は間違ってないと思うぞ
33.8っておまけみたいな存在のX-URBANだろ?
#3 匿名さん2016/12/22(Thu)12:47:05
いやいや、オプション付けたら33.8だから1が正解でしょ
#4 匿名さん2016/12/24(Sat)01:41:51
予想外の売れ行きに驚きだ。\(^o^)/
充電時間を気にしならくなるのは良いな。
好調なら充電バッテリーを強化するか、プラグインも搭載するかの選択肢も出てくるかもね。コアの日産ファンでリーフからの乗換がどうなるか…若干心配。
#5 匿名さん2016/12/27(Tue)03:49:02
エアコンレスて…。

必死すぎ。
#6 匿名さん2016/12/28(Wed)12:56:22
モデルサイクル後半のライバル車に今追いついたのか……大丈夫か?技術の日産。
#7 匿名さん2017/01/02(Mon)01:37:10
技術の日産とか笑うは
テストコースも開発施設も売り払い、エンジニアも育てない姿勢。
バッテリーとかプラグインだのカタログオタの寝言。
まともなトランスミッション開発しろや
スバルから買ったCVT技術もスバルに逃げられはや10年以上で、スバルの新しいCVTは随分先行ってますよ。
#8 匿名さん2017/01/02(Mon)09:11:54
レンジエクステンダーをアクアとタメを張れるレベルで発売させたのは結構な技術レベルかと
そもそもトランスミッションなんて必要ないしね
エンジンも定速回転専用でイチから作り直せば効率も排ガスも良くなるし、伸びしろがまだまだありそう
#9 ふむ2017/01/04(Wed)21:38:08
日産製エンジンがRE用だけにならなきゃいいけど。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.