car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ・デカデカ市販モデルは全高1835mmのウルトラスペースで11月発表

デカデカ市販型が2014年11月に発表予定、タントを超える室内空間が与えられる

ダイハツは今秋、新たなウルトラスペース軽自動車を発表する計画となっている。

(写真はDECADECAコンセプト)
デカデカ

ダイハツは昨年秋に開催された東京モーターショー2013で、コンセプトカーのDECADECA(デカデカ)を発表。軽自動車サイズながらも従来のタントクラスを超える居住性が与えられたモデルで、高い全高と四角いボディ形状によってもたらされる広い室内空間がアピールされた。

ダイハツ デカデカ 観音開き

デカデカ市販モデルは11月に正式発表、高い全高ながらも低重心設計で走行安定性に配慮

今回のダイハツの発表により、デカデカ市販モデルのボディサイズが判明した。そのディメンションは全長3395mm×全幅1475mm×全高1835mm、室内高は1455mm。タントとの比較では全高は+85mm、室内高は+90mmの拡大を遂げており、軽自動車最大の室内空間が実現することになる。

デカデカ リアハッチ 積載能力

ただしここまで全高が高いと、走行安定性が心配になるだろう。しかしこれは軽量化技術によって低重心化することで対策されており、重心位置はタントより僅か10mm高になるとしている。外板パネルには樹脂も多用されるとのことで、コペンの技術も生かされていそうだ。また、高速巡航時の直進安定性の向上のため空力フィンが採用される。

ダイハツ デカデカ ピラーレス

地面からドア上端までの高さは1700mmとしており、背の高い男性も乗り込みやすい設計となっている。一方でドアの開閉機構については、Bピラー有りの後席スライドドアというオーソドックスなものになる。DECADECAコンセプトのような観音開きドアや或いはタントのようなBピラーレス構造は実現されないが、その分を軽量化と剛性強化およびキャビンスペース拡大に割り当てた。

2014年10月1日よりティザーサイトのオープンが予告されており、これから11月の正式発表に向けてプロモーションが活発化されるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
ブーン/ビーゴ/クー/エッセ/ムーヴコンテ/テリオスキッド/ミラココア

過去記事(2014/09/02)

ハイゼット トラックがフルモデルチェンジ、8色カラバリで農業女子を応援

ハイゼット トラックが15年ぶりにフルモデルチェンジ、ダイハツの軽トラが進化

ダイハツはハイゼット トラックのフルモデルチェンジ発売を2014年9月2日に発表した。

ハイゼット トラック

先代ハイゼット トラックは前世紀の1999年にデビューし、15年以上販売されてきたロングセラーモデルであった。今回のフルモデルチェンジでは新開発プラットフォームを導入。ドア開度は拡大され、車内は広く乗り降りしやすいものとなった。

ハイゼット トラック ダイハツ

トランスミッションは、軽トラックとしてクラス初となる電子制御式4速ATが採用される。また、経済性に優れた5速MTモデルでは、トップギアがハイギアード化され、巡航時の燃費性能改善が盛り込まれる。

JC08モード燃費は、スタンダード”エアコン・パワステレス”の5MT車で19.6km/Lとクラス最高値。同4速AT車は18.4km/Lとなった。

ショートホイールベースが引き続き採用され、最小回転半径はわずか3.6mと小回りが効くのも特徴となる。

ハイゼット トラック 荷台寸法

新型ハイゼット トラックは8色のカラーバリエーションを設定、農業女子を応援

一方で、ダイハツは農水省の農業女子プロジェクトに関わっている。これまでの軽トラのテーマであった丈夫で使いやすいツールとしてだけでなく、新型ハイゼット トラックではUVカットガラスの採用や全8色のカラーバリエーションも用意され、女性からの支持を得る工夫もなされている。

ハイゼット トラック カラーバリエーション

車両価格は、スタンダード”エアコン・パワステレス”の2WD 5MTモデルが65万3400からの設定。この他、通常スタンダードが80万4600円から、ハイルーフが82万800円から、スタンダード”農用スペシャル”が98万2800円から、エクストラ95万400円から、ジャンボが104万7600円からの価格設定でグレード展開される。

過去記事(2014/08/29)

ダイハツ新型デカデカが2014年10月に発売予定、タントを超える軽トールワゴン

コンセプト デカデカが市販化、ダイハツから今秋発売予定の新型軽自動車

ダイハツから新型のハイトワゴン、デカデカ(DECADECA)が今秋2014年10月にも発売される見込みとなった。

(写真はデカデカ コンセプト)
デカデカ

デカデカは、昨年の東京モーターショー2013でコンセプトカーが初公開されていた。軽自動車規格の小さなボディながらも高い全高により居住スペースが大きく取られたモデルとなる。

ダイハツ デカデカ 観音開き ダイハツ デカデカ ピラーレス

これまでスペース優先型の軽自動車としては、タントがラインアップされてきた。デカデカ コンセプトはそのタントより全高が10cmも大きい。デカデカのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1850mm、ホイールベースは2455mm。ホイールベースを含め全高以外の寸法はタントと同じとなる。

(写真はタント)
ダイハツ タント

デカデカの両側観音開きドアは市販モデルでも採用されるのか

デカデカ コンセプトの大きな特徴となっているのが、左右両側に設定されたピラーレス構造と観音開きドアである。また、リアハッチの開口部も非常に大きく、積載能力は高そうだ。

デカデカ リアハッチ 積載能力

ボディ強度を考慮すれば、この仕様がこのまま市販モデルにも採用されるかは疑わしい。タントと同様に両側スライド、片側ピラーレスとするのが現実的でもありニーズにも合ってそうだが。

大柄のボディのためデカデカに搭載されるエンジンは、直3DOHCの軽自動車向けターボエンジンとなる見込み。NAモデルはラインアップされない可能性があり、そうなるとエントリーモデルの車両価格は高くなりそうだ。

エクステリアは単調な箱型ながらも、フロントデザインはアウトドアユースを意識した、押し出し感のあるSUVスタイルが採用された。軽SUVといえば、スズキのハスラーが大ヒットとなっており、デカデカの直接的なライバルとなることも予想される。街乗りでもオシャレなハスラーに対し、デカデカは圧倒的な積載能力がアドバンテージとなるだろう。

過去記事(2011/02/19)

ソニカ(ダイハツL405S/L415S)の評価と中古車価格相場

ソニカのカーオークション相場価格

ソニカは新車セールスが伸びず、わずか3年足らずで販売打ち切りとなった不人気車だ。中古車市場での台数は少ない。
そのため中古車市場では需要を下回る供給が続いており、不人気車にも関わらず、カーオークションでは堅調な価格で取引されている。
ソニカは全車ターボエンジン搭載車である。

業者向けカーオークション落札結果の一例

下記は、業者向けカーオークションの落札結果のほんの一例です。この価格に落札手数料や整備費用が加算され、店頭で中古車として販売されます。
ソニカ L405S 2006年式 走行12,000km 評価点4 – きれい 落札価格750,000円(2010年10月開催)
ソニカ L405S 2007年式 走行10,000km 評価点5 – すごくきれい 落札価格750,000円(2010年11月開催)
ソニカ L405S 2008年式 走行22,000km 評価点4 – きれい 落札価格860,000円(2010年12月開催)
ソニカ L405S 2009年式 走行8,000km 評価点5 – すごくきれい 落札価格1,030,000円(2010年9月開催)
ソニカ 4WD L415S 2007年式 走行34,000km 評価点4 – きれい 落札価格820,000円(2011年1月開催)

ソニカ、ミラカスタムRS、アルトラパンTのターボエンジン車の中古車価格相場表

ソニカ、ミラカスタムRS、アルトラパンTの業者向けカーオークション相場における価格帯の中心である。
ターボエンジン搭載、FF車に限定して比較した。

メーカー ダイハツ ダイハツ スズキ
モデル ソニカ ミラカスタム アルトラパン
グレード R RS T
1年落ち(万円) 100 95 95
2年落ち(万円) 90 70 70
3年落ち(万円) 75 70 70
4年落ち(万円) 75    

ソニカ、ミラカスタムRS、アルトラパンTのターボエンジン車を比較

軽自動車は背の高いトールワゴン車が人気だが、背の低い軽セダンも高速道路を多用するドライバーや立体駐車場の多い都市部で人気が高い。
ソニカ、ミラカスタムRS、アルトラパンTの全高が1550mm以下のターボエンジン搭載軽自動車の比較をしてみた。

スペック比較

メーカー ダイハツ ダイハツ スズキ
モデル ソニカ ミラカスタム アルトラパン
グレード R RS T
車体価格 1,207,500 1,420,000 1,357,650
年式 2007 2008 2008
型式 CBA-L405S CBA-L275S-GBVZ CBA-HE22S
駆動方式 FF FF FF
全長(mm) 3395 3395 3395
全幅(mm) 1475 1475 1475
全高(mm) 1470 1540 1510
ホイールベース(mm) 2440 2490 2400
室内長(mm) 1915 2050 1870
室内幅(mm) 1320 1350 1235
室内高(mm) 1230 1265 1215
車両重量 820 kg 840 kg 820 kg
最小回転半径 4.5 m 4.7 m 4.4 m
サスペンション前 ストラット ストラット ストラット
サスペンション後 トーションビーム トーションビーム トレーリングアーム
エンジン KF-DET KF-DET K6A
3気筒 3気筒 3気筒
DOHC
ターボ
DOHC
ターボ
DOHC
ターボ
トランスミッション CVT CVT CVT
10・15モード燃費 23.0 km/L 21.5 km/L 23.0 km/L

ソニカの評価

ソニカは比較した3車種だけでなく、全軽自動車の中でも低い全高だ。昔はソニカと同程度かそれ未満の全高の車種が多かったが、広い室内空間を求めるニーズに応え、最近の車種は各メーカーとも全高サイズの大きいモデルをラインアップしてきた。
しかし、全高を上げれば高速道路での運転は横風を受けやすくなり、ドライブが快適とはいかなくなる。
ソニカは快適な高速巡航ができることを目標として開発されてる。ボディデザインも軽自動車の中では流線型に近いため空力特性も良い点が評価が高い。居住性重視の箱型に近いものではない。
外観寸法上も実際に外から見た感じも、小さな車という印象がある。しかし、実は中は結構広いという口コミが多い。室内空間の寸法は箱型のラルトラパンTよりも大きな数値となっており、十分な広さを持っている。
標準モデルの足回りやエンジンを強化しただけの他車種に比べ、ソニカは本格的なツアラーを目指している。シートポジションも低くドライブがしやすい。しかし、これはハイトワゴン車に慣れた人なら、見晴らしの悪さや、窮屈な感じとして受け止めるかもしれない。

ミラカスタムRSは高級志向

ミラシリーズのターボエンジン搭載モデルはミラカスタムRSとなる。
車体価格が高い分、装備が豪華なので総合力では満足度が高くなるだろう。
その割に中古車相場はソニカと同程度なのも魅力だ。

アルトラパンTは外観でも勝負

人気車種アルトラパンのターボエンジン搭載車がアルトラパンTである。
比較3車種のなかでは最もおしゃれな外観でターボエンジン車でありながらも女子向きな雰囲気だ。