car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ新型SUVが2019年11月5日発売、東京モーターショー出品

ダイハツDNトレック市販型発売へ、1.0Lターボエンジン搭載

ダイハツの新型SUVが2019年11月5日に発売される見込み。
モデルネームは現在のところ未発表。
トヨタでのOEM販売も予定されているが、こちらの車名もまだわからず。

ダイハツが2017年の東京モーターショーで発表していたコンセプトカー、DNトレックの市販型に相当する。

予想ボディサイズは、
 全長3995mm
 全幅1695mm
 全高1620mm
 ホイールベース2525mm。

全長4メートル未満に抑えられた、5ナンバーサイズのコンパクトSUVに仕上げられる見込み。
2016年まで国内販売されたダイハツ・ビーゴ、トヨタ・ラッシュのコンセプトを引き継ぐモデルということになる。

トヨタのラインナップではC-HRの下にポジショニングされる。
新型SUVは200万円未満のグレードも用意され、C-HRに対して価格優位性でアピールされることになるだろう。

DN TREC ビーゴ後継車 インテリア

ダイハツ新型SUVのライバルはスズキ・クロスビー

他社ブランドで直接のライバルとなるのは、スズキのクロスビー。これは2017年12月に発売されたモデルで全長は3760mmとなる。これとの比較では、ダイハツの新型SUVの方が20センチ以上大きい。居住性においてはダイハツ新型SUVのほうが魅力ある商品に仕上げてきそう。

スズキ・クロスビーに搭載されるのは直列3気筒1.0Lターボエンジン+アシストモーターのマイルドハイブリッドである。

ダイハツの新型SUVも直列3気筒の1.0Lターボエンジン搭載となりそうだが、アシストモーターが付くという情報は無い。このあたりは、クロスビーに対して性能面で劣る部分になるかもしれない。

ダイハツ新型SUVのプラットフォームはトールで先行導入されてきたDNGAの採用で、ホイールベースはトールの2490mmから+35mm延長となる。
従来型ビーゴはFRプラットフォームであったが、新型SUVはFFプラットフォームとなる。

駆動方式としては2WDと4WDの両方が用意される。

予想スケジュールは、
2019年10月に先行予約の開始が見込まれる。
東京モーターショーのダイハツブース、10月23日のプレスデーで市販型車両の一般公開となるはず。
正式発表、発売日は2019年11月5日が予想される。

#1 匿名さん2019/08/29(Thu)22:45:16ID:YxMTQ4MTWZ
意外に売れるかも
#2 匿名さん2019/09/01(Sun)07:41:24ID:U5NTc0MDWZ
アジア市場向けがメインの車種のため、走行性能はブーン、トールと同程度のレベルと見るべき。
現代の乗用車としてはかなりプアな性能であり、最新プラットフォームを用いた新型タントに大半の部分で劣るだろう。
燃費や雰囲気重視の人向け。
このような、流行りに弱い人、車に興味がない人向けのクルマを作らせたら、トヨタ/ダイハツに敵はいない。

名前(任意)
コメント