新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ミライースは加速性能アップ、JC08モード燃費は据え置き

ダイハツのベーシック軽自動車、ミライースのフルモデルチェンジが実施され2017年5月9日に発売日を迎えた。

(写真は新型ミライース)
ミライース

ミライースは、ミラシリーズの燃費特化モデルとして2011年に登場したモデル。今回のフルモデルチェンジでは燃費性能の更なる向上を期待する声もあったが、JC08モード燃費は先代型と同じ35.2km/Lに留まる。モデル名はミライースが継続され、本家ミラへの統合はされなかった。スマートアシストⅢの装備で商品力が高められる。

ミライース フロントグリル ミライース バックドア

新型ミライースはDモノコック採用で大幅軽量化、スマートアシストⅢ装備

新型ミライースの注目すべきポイントとなっているのが、大幅な軽量化である。軽量高剛性ボディーのDモノコックの採用、樹脂パーツの多用などにより、車体重量は先代モデル比で-80kgとなる650kgを達成する。

スマートアシスト 3 Dモノコック ダイハツ

これだけの軽量化を果たしながらも、JC08モード燃費のアップは無し。一方で、アクセル半開0-5秒の発進加速が先代型33mから新型36mに、40-80km/hの追越加速が先代型10.4秒から新型9.8秒とパフォーマンスアップを受けている。新型ミライースは燃費性能よりも加速性能を重点にした進化がなされた。

ミライース シート ミライース インテリア

ライバルのスズキ・アルトは2014年のフルモデルチェンジで大幅な車体重量と加速性能の向上、さらにJC08モード37.0km/Lという優れた燃費性能が盛り込まれた。ただし同条件の加速性能のデータは無く、後発の新型ミライースが燃費性能の直接対決を避け、比較の難しいところに逃げ込んだという見方もできなくもない。

ミライース リアコンビネーションランプ ミライース フルモデルチェンジ

新型ミライースの消費税込み車両価格は84万2400円からとなる。2WD、CVT、ホイールキャップ付き、スマートアシストⅢ装備車の93万9600円というのが多くの購入予定車にとって意識されるグレードとなるだろう。アルトでは近い条件のレーダブレーキサポート付きは91万5840円となる。燃費性能はアルトが優れ、安全運転支援システムはミライースが優れるとすれば、両モデルのコストパフォーマンスは拮抗している印象だ。

関連するレポート

[ 2017/05/18 ]
#1 匿名さん2017/05/19(Fri)16:55:55
イースも含めて最近の軽セダン、室内空間は確かに広いんだけど
後席をあんなに広くするよりも、もう少しシートを前寄りにして、その分荷室を広くして欲しい。
先代イースを検討したときは、荷室の狭さがどうも気になった。
#2 匿名さん2017/05/19(Fri)20:56:05
各社数字より体感重視になってきてますね。
#3 匿名さん2017/05/20(Sat)00:12:20
ぶっちゃけカタログ燃費よりも実用燃費の方がよっぽど重要
新型は知らんが旧型イースはカタログ燃費では5キロ以上差があるnワゴンと実燃費ほぼ一緒だったぞ
#4 匿名さん2017/05/20(Sat)12:08:21
アンテナの位置が不思議というほどではないが
中途半端なところにあってモヤッとする
#5 匿名さん2017/05/20(Sat)19:16:53
燃費は十分すぎる程良いし、これ以上燃費に拘らなくても良いのでは?
#6 匿名さん2017/05/20(Sat)23:22:40
燃費不正騒動で自社にも疑惑が及ばない様に燃費アピールは自粛ムードなんでしょ。
#7 匿名さん2017/05/21(Sun)11:55:38
これだけ軽量化したのに燃費同じっておかしいよ
#8 匿名さん2017/05/21(Sun)23:29:09
加速性能アップさせた分の燃費悪化を軽量化で稼いだっていうことにしたいんかなー
よくわからぬ
#9 はいがす2017/05/22(Mon)12:34:51
まあ、過去にも燃費の測定方法ダイハツだけ違ったのを指摘されて、マイナーチェンジしたことにしてごまかして、カタログ燃費が下がったメーカーだからね

手を挙げなかっただけで、実際は他メーカーみたいなことやってた予感
#10 匿名さん2017/05/22(Mon)20:53:26
噂のマイクロウェーブ点火は採用されなかったのね。セダンより利幅がとれるハイト系から導入するのかな。
#11 匿名さん2017/05/27(Sat)12:43:38
e:s⇛Ys’に改名してアドルとドキの2種類で発売!
#12 匿名さん2017/05/31(Wed)06:03:57
デザインもうちょっと頑張って欲しい。新車っぽくない。
#13 匿名さん2017/06/03(Sat)12:46:14
カタログ燃費はあくまでもカタログ燃費。
実燃費を知りたければ、満タン法なり何なりで自分で計測して把握しておくのが一番。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.