car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ムーヴコンテ、ミラココアにミライースの超低燃費エンジンを採用

ムーヴコンテとミラココアにイーステクノロジーを採用

ムーヴコンテとミラココアが今月(2012年4月)に行われた改良で、燃費が大幅に改善する。
ダイハツでは、リッター30km/Lを達成したミライースの超低燃費技術を他車種へ展開していくことを進めているが、今回はムーヴコンテとミラココアにその番が回ってきた。

このイーステクノロジーとも呼んでいる低燃費技術は、改良型KF-VEエンジンとCVT、新エコアイドルが主な内容となっている。

ムーヴコンテ、ミラココアはJC08モード燃費26.0km/Lに

今回の改良により、ムーヴコンテの燃費はJC08モードで26.0km/Lを達成。ムーヴコンテは旧モデルからアイドリングストップシステムが採用されていたが、本モデルからは7km以下になるとエンジンが停止する、停車前アイドリングストップ機構を備えた新エコアイドルを搭載している。この他にエンジンとCVTもミライースと共通になる。

(写真は、イーステクノロジーが採用されることになったミラココア)
ミラココア
ミラココアについてもJC08モード燃費は26.0km/Lを達成している。ミラココアはアイドリングストップシステムの搭載が今回が初めてとなるため、旧モデルからの燃費の伸びしろは大きくなった。ミラココアにもミライースと共通のエンジンとCVTが採用される。

また、ムーヴコンテのOEM車種であるトヨタ・ピクシススペースも同様に改良型KF-VE型エンジンとCVT、新エコアイドルの搭載が開始され、JC08モード燃費で26.0km/Lを達成することになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント