car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

丸目コペンの先行予約が4月1日に開始、新エクステリアの第三のモデルが追加

コペンの新エクステリア、丸目モデルが予約受付スタート

ダイハツの軽オープンカー、コペンに新たなエクステリアバージョンが加わる。その先行予約が2015年4月1日からスタートされた。

(写真はコペン 第三のモデル コンセプトカー、東京オートサロン2015)
コペン ダイハツ 丸目コンセプト

コペンは昨年2014年にフルモデルチェンジ発売されたばかり。外板パネルに樹脂部品を採用したことにより、多くのエクステリアバージョンを容易にラインアップさせることを可能としている。現在のところ初期モデルのコペン Robe、コペン XPLAYの2タイプのエクステリアバージョンが先行して販売されているが、これらに続く第三のモデルがこの丸目コペンというわけだ。

ダイハツ 丸目コペン 東京オートサロン2015

専用パーツは樹脂外板パネル部分のみならずヘッドライトやリアコンビネーションランプにまで及ぶ。

COPEN 丸目

言うまでもなく、クラシカルな丸目ヘッドライトが先代モデルを彷彿とさせるわけだが、この丸目コペンが後追いで追加発売されることは、昨年のフルモデルチェンジ時において既に確定的であった。先代モデルのイメージを直接的に引き継ぐ今回の新エクステリアを待ち望んでいたファンも多いはずだ。

正式名称および価格についてはまだ発表されていない。

(写真は先代コペン)
コペン アルティメットエディションS

ダイハツ・コペンのライバル、ホンダ・S660が翌日発売

また翌4月2日にはホンダのS660が発売予定となっている。

(写真はホンダ新型S660)
S660特別仕様車コンセプトエディション S660 リアコンビネーションランプ

コペンは軽自動車としてオーソドックスなFFレイアウトながらも電動ルーフを装備することでラグジュアリーなキャラクターが与えられた。一方でS660は、ルーフはシンプルなキャンバストップで軽量化され、MRレイアウトによって前後重量配分に拘ったスポーツ指向で設計された。

全く異なるキャラクターを持つ両モデルであるが、軽自動車規格のオープンツーシーターとしてはライバル関係にあり、睨みを利かせあっている状況だ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント