日産キックスに「X FOUR」4WD車が来春追加へ、新型エクストレイルと同時期に発売見込み

キックス

日産のコンパクトSUV、キックスに4WDモデルとして「X FOUR」グレードが追加される見込み。

キックス

キックス

キックスは、グローバルでは2016年発売というやや古い基本設計ながらも、日本仕様はe-POWER専用車として2020年に発売されたばかり。電動化という意味でも先進的なイメージを持つが、搭載されるe-POWERは第1世代のものであり、現行型ノートに搭載される最新の第2世代e-POWERは採用されていない。

日産ノート 発表

新型ノート

また第1世代e-POWERは、先代E12ノートにおいて4WDモデルが2018年より設定されていたが、これはキックスには未導入という状況であった。

SUVモデルなのに4WD車が無いという、現行キックスのパワートレインラインアップの穴を埋めるのが、追加発売される「X FOUR」グレードということになる。

キックスも販売強化へ、新型エクストレイルの弟分として

日産の小型SUVラインアップでは、キックスのほかにジューク、キャシュカイもあるが、これらは日本未導入モデルである。さらに上の中型SUVのクラスでエクストレイルがあり、2022年春にも日本仕様がフルモデルチェンジ発売される見込み。半導体不足により、そのタイミングは遅れ気味となっているが、国内発売に向けて準備が進められている。

新型エクストレイル 中国仕様

新型エクストレイル 中国仕様

この新型エクストレイルのおよそ9年ぶりのフルモデルチェンジにより、来春の日産ディーラーではSUVイメージが高められることになるだろう。

また、新型エクストレイルに搭載されるパワートレインは、新開発 1.5L VC-TURBO e-POWERの一種類のみとなる可能性が高く、車両価格の高騰が予想される。サイズが小さいSUVとして、キックスの商品力も強化しておくことで、契約に結びつけていきたい狙いもあるはずだ。

キックス リアコンビネーションランプ

キックス4WDモデルは300万円前後予想の高級コンパクトSUV(輸入車)

エクストレイルと比べて下のクラスとはいえ、キックスも1.2L NAの発電エンジンを採用するe-POWER専用車である。さらに全車プロパイロット装備となっており、廉価グレードの設定が無い。現行エントリーグレードは「X」の2,759,900円で、Bセグメントカーとしては決して安くはない価格設定だ。ここからさらに4WD化により20万円を超える価格アップは避けられないだろうから、追加設定される「X FOUR」は300万円前後のグレードになることが予想される。

今のところ国内生産されるという情報は無く、これまでと同様にタイ生産の輸入車ということになる。

日産キックス【限定500台】コロンビアエディション、コンパクトSUVに専用アウトドア装備

日産は「キックス コロンビアエディション」を限定500台で、2021年11月2日に発売した。

キックス コロンビアエディション 日産

総合アウトドアメーカーの株式会社コロンビアスポーツウェアジャパンと日産が共同企画し、アウトドアに最適なアイテムを装備した特別仕様車となる。

キックス コロンビアエディション バッジ

キックスは2020年にe-POWER専用のコンパクトSUVとして発売されたモデル。力強い加速や高い静粛性、アクティブで先進的なエクステリア、そして、コンパクトボディでありながら広い室内空間を特徴としてきた。

キックス コロンビアエディション フロントグリル

キックス コロンビアエディション オリジナルのアイテムを装備

キックス コロンビアエディション アンダープロテクター

「キックス コロンビアエディション」は、Xグレードのチタニウムカーキとダークブルーの2色のボディカラーをベースに、フロントアンダープロテクターやリヤアンダープロテクター、サイドシルプロテクターをブラックに加飾した「ブラックスタイルパッケージ」と、「キックス コロンビアエディション」オリジナルのアイテムが装備された。

キックス コロンビアエディション エアロ

アウトドアブランド「コロンビア」の世界観を表現

キックス コロンビアエディション Cピラー

エクステリアには、コロンビアのコーポレートカラーであるブルーのグリルステッカーを、サイドとリヤには、コロンビアのロゴステッカー、そして、コロンビア誕生の地であるオレゴン州最高峰のフッド山をあしらったグラフィックステッカーをサイドに配し、長い歴史があり、信頼性の高いアウトドアブランドであるコロンビアの世界観が表現された。

キックス コロンビアエディション ラジエーターグリル

インテリアには耐水性素材を使用

キックス コロンビアエディション Cピラー

インテリアには、耐水性に優れたCORDURA®fabric(305デニール)を使用し、生地に防水加工を施したアウトドアに最適な、アクティブなシーンで活躍するラゲッジシートや、シートバックポケット(運転席・助手席)、フロントシートエプロン(運転席・助手席)が装備された。

キックス コロンビアエディション トランク

防汚シート採用でアウトドアに対応

ラゲッジシートはラゲッジフロアの保護に加え、シート背面のポケットに小物も収納可能とする。

キックス コロンビアエディション シートバックポケット

シートバックポケットには、コロンビアの代表的なプロダクト「マルチポケットフィッシングベスト」からインスパイアされた使いやすい大小のポケットや、ドリンクホルダーやティッシュホルダー、ウェビングベルトが備えられた。

キックス コロンビアエディション フロントシートエプロン

脱着も簡単なフロントシートエプロンには、防水加工が施された生地が採用され、汚れたまま車内に乗り込むケースにも対応した。

放射冷却技術を採用したサンシェード

キックス コロンビアエディション フロアマット

エクセレント(ブラック)のフロアカーペットや、熱を放射することで車内の温度上昇を抑制するRadi-Cool社製の放射冷却技術を採用したサンシェードも装備された。

キックス コロンビアエディション Radi-cool

タイトルとURLをコピーしました