軽EV【サクラ】値上げ 約10~16万円&受注再開【日産最新情報】2022年12月22日オーダーストップ解除、納車進まず納期長期化

サクラ
sakura-08

新型SAKURA (EV:LIFE KOBE 2022)

日産の軽自動車EV「サクラ」の値上げが2022年12月22日に発表された。

新価格は、Sグレードが約16万円アップの2,493,700円、Xグレードが約15万円アップの2,548,700円、Gグレードが約10万円アップの3,040,400円に設定された。

なお、サクラはオーダーストップの措置が取られていたが、受注受付についても同日に再開された。

sakura-06

発売から半年あまりのタイミングでの値上げとなり、これに伴う仕様向上なども発表されていない。つまり、納車待ちを含めて、初期モデルの契約ユーザーが、お買い得だったことになる。

日産は、今回の値上げについて、世界的な原材料費や物流費などの高騰を理由として挙げている。

日産「サクラ」納期・受注停止の<まとめ>は、次のページ

「日産サクラ」全国希望小売価格(消費税込み)

グレード 価格(円) 差額
2022年6月発売時 2022年12月値上げ
S 2,333,100 2,493,700 160,600
X 2,399,100 2,548,700 149,600
G 2,940,300 3,040,400 100,100

サクラと、姉妹車種eKクロスEVが、「カー・オブ・ザ・イヤー」などを受賞

日産は、2022年発売の新型軽自動車EV「SAKURA」が、2022-2023「日本カー・オブ・ザ・イヤー」と「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞したことを、2022年12月8日に発表した。いずれも姉妹車種「三菱・eKクロスEV」との同時受賞となる。

sakura-07

維持コストが比較的小さい軽自動車規格を採用したことや、補助金による効果はあるもののガソリン車と大きく変わらない車両購入負担額を実現したことで、一般的なユーザーにとってもBEVの所有が現実的なものとなった。また、動力に電気モーターを使った走行性能についても、従来的なガソリンエンジン搭載の軽自動車を上回っている。このほか、安全運転支援システムや運転支援機能をそなえていることも評価された。

sakura-09

サクラと、姉妹車種eKクロスEVが、「RJCカーオブザイヤー」を受賞

2022年11月には、「SAKURA」「eKクロスEV」の両モデルは、「RJCカーオブザイヤー」も受賞していた。EVの普及促進に弾みをつけるモデルとして評価された。また、次点には「スズキ・アルト」が選ばれ、軽自動車勢が高く評価された。

さらに、「SAKURA」と「eKクロスEV」に搭載される「軽EVの電動化技術」は、「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞した。このほか、3位の「マツダ・CX-60」の「縦置きパワーユニットに対応したSKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」、5位の「日産・エクストレイル」の「第2世代 e-POWER × VCターボ × e-4ORCE」などがランクインした。

日産「サクラ」納期・受注停止の<まとめ>は、次のページ

新型サクラも対象、EV補助金の補正予算が閣議決定された、2022年11月中旬頃の予算消化時期も隙間ない支援

「SAKURA」のこれまでの月間販売台数の推移を見てみると、2022年7月 3319台、8月 3523台、9月 4247台、10月 1880台となっており、直近の10月での台数減少が目立つ。この理由は、自動車部品の供給不足によるものだけではなく、経済産業省によるCEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入促進補助金)の予算消化時期が迫っていたことで、納車が控えられていたこともありそうだ。

sakura-10

サクラは姉妹車種の三菱・eKクロスEVと合わせて、月間5千台規模の生産、販売実績

経済産業省によると、CEV補助金は11月中旬を目処に、予算終了となることが見込まれていた。しかし、これも補正予算が11月8日に閣議決定されたことで、CEV補助金の隙間ない支援を受けることが可能となった。11月以降の「SAKURA」の販売台数は大きく回復しそうである。

日産「サクラ」納期・受注停止の<まとめ>は、次のページ

sakura-13

サクラの納期は最長2023年秋頃に、2月のCEV補助金の初度登録日の期限が経過

また、経済産業省からの55万円のCEV補助金(軽EV)は、補助対象となる車両の初度登録(初度検査届出)日が令和5年(2023年)2月17日までという期限も設けられている。サクラの納期の最長は2023年秋頃に達していると想定され、既にこの期限を経過している。この期限以降の登録日で、補助金を受け取れるかどうかは、来年度の予算次第ということになっている。

サクラの車両本体価格、発売時、値上げ前の実質負担額は170万円台から

発売半年で値上げとなったサクラであるが、発売時には実質負担額は170万円台を実現していた。エントリーグレード「S」の消費税込み車両本体価格は(値上げ前)233万3100円であった。55万円とされる国からの補助金を差し引くと、実質負担額は170万円台であった。また、普及グレードとして用意された「X」は、(値上げ前)239万9100円で、実質負担額180万円台が実現され、販売比率約61%の最も人気のあるグレードとなっていた。なお、自治体によっては実質負担額は、更に安くなるケースもあった。

最上級グレードの「G」は、プロパイロット、アラウンドビューモニターといった日産の人気装備のほか、冬季が弱点とされるEVでは装備が望ましいステアリングヒーター、シートヒーター(運転席)なども搭載され、消費税込み車両本体価格294万0300円(値上げ前)の設定であった。こちらは実質負担額230万円台で、販売比率約36%の2番人気のグレードとなっていた。

sakura-55

バッテリー容量は20kWhでセンタートンネルに搭載される。WLTC航続距離としては180kmとなる。

nissan-sakura-22

装備面では、緊急停止支援システム付プロパイロットが採用され、プロパイロット走行中にドライバーの異常を検知すると緊急停止が行われる。また、プロパイロットパーキングも採用される。

sakura-57

インパネは全面ファブリック仕上げとなっている。統合型インターフェースディスプレイを採用。

sakura-51

水引をモチーフとしたデザインを各所に採用している。

nissan-sakura-20

nissan-sakura-21

ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mm、ホイールベースは2495mmとなる。ボディカラーの中には、日本の四季を表現したものが含まれる。

nissan-sakura-19 nissan-sakura-18 nissan-sakura-17 nissan-sakura-16 nissan-sakura-15 nissan-sakura-14 nissan-sakura-13 nissan-sakura-12 nissan-sakura-11 nissan-sakura-10 nissan-sakura-09 nissan-sakura-08 nissan-sakura-07 nissan-sakura-06 nissan-sakura-05 nissan-sakura-04 nissan-sakura-03 nissan-sakura-02 nissan-sakura-01

日産は新型軽自動車EVについて、当初は2022年度初頭(つまり4月上旬)の発売を予告していた。その後、2022年4月の下旬の発表と、微妙にスケジュールを遅らせていた。日産は、半導体など部品供給不足の影響を大きく受けている。新年度になってから複数の新型車種の発売時期を遅らせており、この新型サクラの他、新型アリアの標準仕様車、新型フェアレディZなども当初の発売予定時期よりも遅れが出ている。

IMkコンセプト

サクラのコンセプトカーIMk (東京モーターショー2019)

新型サクラの主な特徴

「日産サクラ」 主要諸元表

バッテリータイプ リチウムイオンバッテリー
バッテリー総電力量 20kWh
最高出力 47kW
最大トルク 195Nm
最高速度 130km/h
航続距離(WLTCモード) 最大180km
充電時間*9 普通充電:8時間
(バッテリー残量警告灯点灯位置~100%)
急速充電:約40分
(バッテリー残量警告灯点灯位置~80%)
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1655mm
ホイールベース 2495mm
車両重量(モデル、装備により異なります) 1070kg-1080kg
荷室寸法 107L
乗車定員 4名

力強くスムーズな走行性能

最大195Nmのトルクを発揮するモーターと、高度な制御技術により実現したすばやくなめらかな加速により、高速道路の合流も無理なくスムーズに行うことができる。また、モーターの構造を最適化することにより、軽自動車としては最高水準の静粛性を実現。軽自動車ならではの小回り性能(最小回転半径4.8m)とあわせて、日常のあらゆるシーンで快適に運転することができる。さらに、低重心化により車体の安定性を高め、段差通過時などにおいても高い乗り心地性能が提供される。

ドライブモードは「Eco」「Standard」「Sport」の3つから選ぶことができ、シーンに合わせたドライブを楽しむことができる。また、アクセルペダルだけで車速を自在にコントロールできるe-Pedal Stepの搭載により、加減速を繰り返す市街地走行、なめらかな減速が必要な雪道などでの運転が、さらに快適で楽しいものとなった。

最先端のe-パワートレイン

「日産サクラ」は、「日産リーフ」にも搭載している最先端のリチウムイオンバッテリーを搭載。搭載効率を高めるユニバーサルスタック構造により、広い室内空間を確保しながらも、最大180km(WLTCモード)と、日常生活に十分な航続距離を確保するとともに、高い信頼性が実現される。

また、EVバッテリーに蓄えた電気を自宅へ給電することで、家庭の電力として使用することも可能。もしもの時には「走る蓄電池」となり、非常時には約1日分の電力を賄うことができる。

軽自動車初搭載の先進装備

高速道路の単一車線での運転支援技術「プロパイロット」の採用に加え、駐車時にステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」を軽自動車において初搭載した。街中から高速道路、さらには駐車場に至るまで、先進技術が運転をサポートする。

上質で洗練されたデザイン

エクステリア

  • 静けさの中に潜む力強さを全体で表現しながら、次世代の日産らしさを感じさせるフロントフェイスと光るエンブレムを採用し、落ち着いた大人の雰囲気を感じさせるエクステリアデザインに仕上げられた。
  • 軽自動車初となるプロジェクタータイプの3眼ヘッドランプを採用した先進的でエレガントな薄型ヘッドライトの光が夜道でも安心なドライブがアシストされる。また、バックドアには格子をヒントにしたワイドなLEDリヤコンビネーションランプが搭載され、テールランプ全体が美しく光る。
  • タイヤホイールには、日本の伝統美を感じさせる水引からインスピレーションを受けたデザインのアルミホイールを採用し、足元のアクセントとして車全体にシックな印象が与えられる。
  • 充電ポートは車両の右後ろに設置し、夜間でも簡単に充電が出来るよう、充電ポートリッドを開くとライトが点灯する。
  • ボディーカラーには四季の彩りを想起させる2トーンのシーズンズカラー4色をはじめ、全15色が用意された。

インテリア

  • インターフェースには7インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイ採用のメーターと、大画面の9インチナビゲーションの2つのディスプレイが水平方向にレイアウトされた。ドライバーの視線移動に合わせた形状にすることで、使いやすく、見やすい設計となっている。また、NissanConnectナビゲーションシステムでは充電を考慮したルート設定機能や緊急時のSOSコール、Apple CarPlayワイヤレス接続など、カーライフを快適にする多彩な機能が用意される。
  • 高品質なファブリックを広範囲にしつらえ、シートには座り心地の良いソファデザインを採用することで、ワンランク上の品質感が提供される。またカッパー色のフィニッシャーを水平ラインに配置することで、室内をモダンで広がりのある空間へ仕立てられた。
  • 飲み物のぐらつきを軽減するホールド力の高いカップホルダーやスマートフォンや財布などの小物が置ける横長のインストセンターロアトレイなど、日常のあらゆるシーンにお使いいただける豊富な収納スペースが用意された。
  • ステアリングにはスポーティーさを演出する2本スポークステアリングを搭載。プレミアムインテリアパッケージ(メーカーオプション)では本革巻ステアリングが採用される。
  • インテリアカラーは定番のブラック、明るく開放感のあるベージュ、ブラックを基調にベージュシートを搭載したプレミアムインテリアの3種類が用意された。

新型サクラの発売日は「2022年夏」の予告、予想発売日は6月

「日産サクラ」は2022年夏の発売が公表された。クリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合の実質購入価格は、約178万円(消費税込み)からとなる予定となっている。またウェブサイト「SAKURA shopping navi」では、自宅からでも契約できるオンライン注文などが用意される。

新型サクラの生産は水島製作所で行われる、三菱eK クロス EVの姉妹車種も設定

新型SAKURAをはじめとする、新型軽自動車EVは岡山県の三菱自動車工業 水島製作所(NMKV社)で生産され、日産と三菱の両ブランドから発表された。

ekxev

姉妹車種の三菱・ek クロス EV

同製作所は2009年から2021年にかけて販売された軽EV「三菱・アイミーブ」を生産してきた実績がある。2020年夏頃から総額約80億円に及ぶ設備投資を行い、実質的な後継モデルとなる「日産・サクラ」と「三菱・eK クロス EV」の生産準備をこれまで整えてきた。

新型サクラの航続距離はWLTCモード180kmに仕上げられた、軽自動車としての日常走行に対応

新型サクラのスペックは、バッテリー容量が20kWhで、WLTC航続距離は180kmとなった。

IMk concept

サクラの前身となるモデルは、2019年の東京モーターショーで「IMkコンセプト」として発表されていた。EVであることはもとより、軽自動車の枠を超えた高級感のある内外装においても注目を集めた。

一方で、三菱ブランドの姉妹車種は、クロスオーバーSUVスタイルに整えられた。東京オートサロン2022の三菱ブースでは「K-EV concept X Style」が出展され、そのデビュー時期として、日産の新型軽自動車EVと同じ「2022年度初頭」が予告されていた。

K-EV concept X Style 新型EV

K-EV concept X Style

「K-EV concept X Style」は、現行ekクロスをEV化させた程度のコンセプトモデルであったが、今回発表された市販型も大差ないエクステリアデザインに仕上げられた。日産ブランドのサクラは専用エクステリアが与えられたわけだが、三菱ブランドのeKクロスEVの販売規模は相当小さくなることが予想され、それには至らなかった。

軽自動車の上級モデルについては、これまでの日産・デイズ ハイウェイスターと三菱・eKクロスなどの例にもある通り、日産が高級プレミアム志向、三菱がSUV志向としてきた。この流れは新型軽自動車EVでも採用されることになりそう。

DAYZ HIGHWAY STAR

DAYZ HIGHWAY STAR

新型サクラと三菱の姉妹モデルの発売により、いよいよ日本のEV移行が本格化する。日本のEV販売比率は、欧州などと比べて低いと指摘されてきたが、ようやく挽回する時が来た。

新型EVサクラ、ガソリン車からのコストアップは小さく抑えられる

2022年12月に値上げが実施された新型サクラの車両価格は、補助金を差し引いた実質負担額として、エントリーグレードでは190万円台からのラインアップが見込まれている。

sakura-07

近年、高くなったといわれる軽自動車であるが、それでも新型サクラと近いボディタイプの軽ワゴン車であれば、日産・デイズが約133万円からのラインアップである。上級のハイウェイスターGターボでも約165万円から用意される。また、エネルギーコストとして、ガソリン代よりも電気代のほうが幾分安くなるだろうが、走行距離が短ければ金額的なメリットは大きくはならない。

sakura-04

このように費用を細かく比較していけば、実はサクラの実質負担額190万円台~というのは、まだ「ガソリン車に比べてお得」とまでは言えない水準なのである。

sakura-03

それでも新型サクラは、従来EVと比較して手の届きやすい価格帯になることには違いない。EV化が進まない国内市場に風穴を開けることになるだろう。

新型サクラはセカンドカーに割り切った性能でEV普及を狙う

国産EVでありながらも、実質負担額190万円台~という価格を実現できたのは、軽自動車規格の小さな車体であることに加え、バッテリー容量を20kWhと一般的なEVの半分程度かそれ未満に設定したことも大きな理由である。

sakura-05

フル充電からの航続可能距離はWLTCモードで180kmとなり、開発段階から日産は「安心して日常で使用できる航続距離を確保する」としてきた。これは逆に言えば、長距離走行には向かないことを意味している。航続距離を「セカンドカー」としての利用に割り切ったものとすることで、EV普及に向けての現実的な価格設定を可能とした。

sakura-01

また、急速充電スタンドが少ないということもEV普及に向けての課題であったが、新型サクラの場合は、ほとんどが自宅充電で賄われる範囲の走行パターンが想定される。国内のEV充電インフラが不十分であることは大きな問題とはなりにくいだろう。

日産は「SAKURA(サクラ)」の商標を2021年に特許庁に商標出願

日産は、「SAKURA」の商標を特許庁に令和3(2021)年7月8日に出願している。「商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務」の中には「電気自動車並びにその部品及び附属品」の文言が含まれていた。

SAKURA(サクラ)

sakura-12

日産「サクラ」納期・受注停止の<まとめ>は、次のページ

タイトルとURLをコピーしました