ミラ/ミラカスタム新型7代目(ダイハツL275/L285)の口コミによる評価

ミラ
ミラは7代目として2006年にフルモデルチェンジした。
2010年にはスマート・ドライブ・パッケージと称して、アイドリングストップ機能を装備したグレードが発売された。

ミラの長所

実燃費がいい

街乗りで15~20km/L、郊外で17~23km/L、高速道路で20~26km/Lの口コミによる報告が多い。
冬季には暖機運転やCVTのロックアップ機構が働くまでに時間がかかり15%程燃費は悪化する。
冬場に近所の買い物程度の使い方だと15km未満になる。
SMART DRIVE Packageのアイドリングストップ機能もシステムのトラブル報告は少なく問題が無い。

室内の広さは十分!

ユーザーレポートでも室内の広さには驚かされたという口コミが多い。ムーヴなどのトールワゴン車と比べても快適さは遜色ない。ヴィッツやマーチなどのコンパクトカーと比較しても横幅の絶対的な狭さはあるものの、広々感は十分だ。
特に後席の足元の広さは、軽自動車に乗っているという感覚がなく、背の高い男性でも問題のないレベルだ。

乗り心地がいい

シートの出来が良く、ロングドライブでも疲れにくいという口コミが多い。
普通車と同じような感覚でドライブに出かけられると評価が高い。
サスペンション形式はフロントがマクファーソン式ストラット、リア(FF)がカップルドリンク式、リア(4WD)が3リンク式となっている。

ミラの短所、欠点

ラゲッジルームが狭い、インテリアが安っぽい

新型ミラは居住空間に重点を置いた設計の為、荷室は狭い。ショールームではコンパクトカー顔負けの広い後席に感動を覚えるが、購入してみると狭い荷室が使いにくいという口コミ評価が多く見られた。また、狭い荷室は後からの衝突安全性も不安に感じる。
ミラカスタムに関しては、後席は255mmのスライド機構を備えているので、シートアレンジが可能だ。
また安っぽいインテリアは、広い室内ながらこの車が軽自動車クラスであることを度々思い出させてしまう。

CVTの騒音が大きめ

エンジン音やロードノイズに関しては口コミによる不満は少なく、むしろ静かだと高い評価を得ている。ただし、CVTのノイズは不満を持っている人が多いようだ。
CVTについては他にも、発進時のショックを指摘する声もあった。
試乗できる機会があれば、自分が満足できる範囲であるか確認しておこう。

ピラーが太い、高速域に弱い

フロントガラス両側のピラー部分は太めだ。慣れるまで視界に違和感があるという口コミも多いので運転時は気をつけよう。
高速道路ではやはり軽自動車の域を越えていない。100km/L前後では安定感が無く、ハンドルを持つ手も緊張気味になる。広い室内を得る為にドアを薄くしているので、高速域になると衝突安全性能にも不安を感じる。

様々なミラシリーズ

上級装備モデルとしてミラカスタム、かわいいエクステリアが特徴のミラココア、商用車としてミラバンが存在する。
ロックアップ機構付きのCVTが普及価格帯のモデルに装備してあり、低燃費性能は良好だ。
車体重量はムーヴやタントなどのハイトワゴン車より軽く、NA車がメインのラインナップだ。

ノーマルのミラ

2WD車と4WD車があり共にCVTと5MTのトランスミッションの選択ができる。2WDのCVTにはSMART DRIVE Packageと呼ばれるアイドリングストップ機構を備えたモデルが存在する。
ノーマルのミラでは、全グレードで後席のヘッドレストが付かないのは弱点だ。後席にも乗車機会が多い場合はミラカスタムの選択になるだろう。ノーマルのミラはあくまで二人乗りメインの利用を想定している。
車体価格はFFのCVTモデルで¥950,000-だ。

ミラカスタム

リアシートのヘッドレストをはじめアルミホイールなどミラに装備を充実させたのがミラカスタムだ。
ミラシリーズで唯一、ターボエンジンを搭載したミラカスタムRSが存在する。カスタムRSは走りの性能も充実させ、フロントスタビライザーなど足回りの装備も充実させた。
車体価格はNAエンジンKF-VE型のミラカスタムXが¥1,240,000-、ターボエンジンKF-DRT型のRSが¥1,420,000-と軽自動車としては高額だ。価格的にはムーヴやワゴンRなどのハイトワゴン車や普通車コンパクトカーとも競合してしまう。
豪華装備でありながらアイドリングストップ機能の設定はない。実はアイドリングストップ機構は全くエコではない。大容量バッテリーを使用するなど環境負荷も高いので通常は必要ないだろう。
ミラカスタム
ミラカスタム

ミラココア

大人の雰囲気のミラカスタムに対し、かわいいエクステリアとインテリアが特徴なのがミラココアだ。
ミラココア
ミラココア

ミラバン

ミラのあらゆる部分を簡素化した商用車グレードだ。車体価格も安くFFの4ATのモデルで¥735,000だ。
トランスミッションは4ATと5MTが選択できる。
アイドリングストップ機構がついたモデルの設定はない。
荷室は広いが3ドアのみの設定だ。
最安クラスの乗用車として検討しているなら、ダイハツ・エッセも比較検討してみよう。
ミラバン

関連するレポート

[ 2011/02/03 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.