ミラ/ミラカスタム新型7代目(ダイハツL275/L285)の口コミによる評価

ミラ
ミラは7代目として2006年にフルモデルチェンジした。
2010年にはスマート・ドライブ・パッケージと称して、アイドリングストップ機能を装備したグレードが発売された。

ミラの長所

実燃費がいい

街乗りで15~20km/L、郊外で17~23km/L、高速道路で20~26km/Lの口コミによる報告が多い。
冬季には暖機運転やCVTのロックアップ機構が働くまでに時間がかかり15%程燃費は悪化する。
冬場に近所の買い物程度の使い方だと15km未満になる。
SMART DRIVE Packageのアイドリングストップ機能もシステムのトラブル報告は少なく問題が無い。

室内の広さは十分!

ユーザーレポートでも室内の広さには驚かされたという口コミが多い。ムーヴなどのトールワゴン車と比べても快適さは遜色ない。ヴィッツやマーチなどのコンパクトカーと比較しても横幅の絶対的な狭さはあるものの、広々感は十分だ。
特に後席の足元の広さは、軽自動車に乗っているという感覚がなく、背の高い男性でも問題のないレベルだ。

乗り心地がいい

シートの出来が良く、ロングドライブでも疲れにくいという口コミが多い。
普通車と同じような感覚でドライブに出かけられると評価が高い。
サスペンション形式はフロントがマクファーソン式ストラット、リア(FF)がカップルドリンク式、リア(4WD)が3リンク式となっている。

ミラの短所、欠点

ラゲッジルームが狭い、インテリアが安っぽい

新型ミラは居住空間に重点を置いた設計の為、荷室は狭い。ショールームではコンパクトカー顔負けの広い後席に感動を覚えるが、購入してみると狭い荷室が使いにくいという口コミ評価が多く見られた。また、狭い荷室は後からの衝突安全性も不安に感じる。
ミラカスタムに関しては、後席は255mmのスライド機構を備えているので、シートアレンジが可能だ。
また安っぽいインテリアは、広い室内ながらこの車が軽自動車クラスであることを度々思い出させてしまう。

CVTの騒音が大きめ

エンジン音やロードノイズに関しては口コミによる不満は少なく、むしろ静かだと高い評価を得ている。ただし、CVTのノイズは不満を持っている人が多いようだ。
CVTについては他にも、発進時のショックを指摘する声もあった。
試乗できる機会があれば、自分が満足できる範囲であるか確認しておこう。

ピラーが太い、高速域に弱い

フロントガラス両側のピラー部分は太めだ。慣れるまで視界に違和感があるという口コミも多いので運転時は気をつけよう。
高速道路ではやはり軽自動車の域を越えていない。100km/L前後では安定感が無く、ハンドルを持つ手も緊張気味になる。広い室内を得る為にドアを薄くしているので、高速域になると衝突安全性能にも不安を感じる。

様々なミラシリーズ

上級装備モデルとしてミラカスタム、かわいいエクステリアが特徴のミラココア、商用車としてミラバンが存在する。
ロックアップ機構付きのCVTが普及価格帯のモデルに装備してあり、低燃費性能は良好だ。
車体重量はムーヴやタントなどのハイトワゴン車より軽く、NA車がメインのラインナップだ。

ノーマルのミラ

2WD車と4WD車があり共にCVTと5MTのトランスミッションの選択ができる。2WDのCVTにはSMART DRIVE Packageと呼ばれるアイドリングストップ機構を備えたモデルが存在する。
ノーマルのミラでは、全グレードで後席のヘッドレストが付かないのは弱点だ。後席にも乗車機会が多い場合はミラカスタムの選択になるだろう。ノーマルのミラはあくまで二人乗りメインの利用を想定している。
車体価格はFFのCVTモデルで¥950,000-だ。

ミラカスタム

リアシートのヘッドレストをはじめアルミホイールなどミラに装備を充実させたのがミラカスタムだ。
ミラシリーズで唯一、ターボエンジンを搭載したミラカスタムRSが存在する。カスタムRSは走りの性能も充実させ、フロントスタビライザーなど足回りの装備も充実させた。
車体価格はNAエンジンKF-VE型のミラカスタムXが¥1,240,000-、ターボエンジンKF-DRT型のRSが¥1,420,000-と軽自動車としては高額だ。価格的にはムーヴやワゴンRなどのハイトワゴン車や普通車コンパクトカーとも競合してしまう。
豪華装備でありながらアイドリングストップ機能の設定はない。実はアイドリングストップ機構は全くエコではない。大容量バッテリーを使用するなど環境負荷も高いので通常は必要ないだろう。
ミラカスタム
ミラカスタム

ミラココア

大人の雰囲気のミラカスタムに対し、かわいいエクステリアとインテリアが特徴なのがミラココアだ。
ミラココア
ミラココア

ミラバン

ミラのあらゆる部分を簡素化した商用車グレードだ。車体価格も安くFFの4ATのモデルで¥735,000だ。
トランスミッションは4ATと5MTが選択できる。
アイドリングストップ機構がついたモデルの設定はない。
荷室は広いが3ドアのみの設定だ。
最安クラスの乗用車として検討しているなら、ダイハツ・エッセも比較検討してみよう。
ミラバン

関連するレポート

[ 2011/02/03 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

新型レヴォーグが東京モーターショーで公開、スバルのインプレッサ派生ワゴン

マツダCX-3は2014年度内の発売計画、1.5Lディーゼル搭載の新型コンパクトSUV

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.