ミラがカタログ落ちしミライースに一本化される、JC08モード燃費35km/Lへ

モデル末期のミラを廃止してミライースへ車種統合される

ダイハツの主力軽セダンのミラがカタログ落ちしラインアップから外れる可能性出てきた。この主な理由は、表示が義務化されるJC08モードへ対応していないことによるものである。
現行ミラは2006年から販売されており、今年2013年で販売7年目となる。モデル末期であるミラにJC08モードの燃費表記に対応させるよりも、低燃費で知名度を獲得してきたミライースに販売を集中させる方が合理的というわけだ。

(写真はミライース)
ミライース

次期ミライースはJC08モード燃費35km/Lを達成か

何れにせよミラは旧式パワートレインを廃止してイーステクノロジーを導入していくべき段階にあった。それならいっそのことミラを販売終了させて、ミライースへ一本化する方が自然だろう。ミラとミライースは全高1.55m未満の軽セダンと呼ばれるボディ形状で、両者の商品コンセプトは元々非常に似通った存在であった。ダイハツとしても、ミラのマイナーチェンジを行なうことで販売を延命をさせるよりも、旧式のパワートレインを廃止し新型パワートレインが搭載されたミライースに一本化した方が経営効率が上がるはず。ミライースはあくまでミラの派生車種という位置付けではあったが、TVCM等によるプロモーションは最近ではミライースの方が活発に行われており、今更ベース車のミラに拘る必要もないというわけである。

さらにダイハツでは、ミライース用の次期パワートレインも開発しており、JC08モード燃費で35km/Lを狙うと、社長自らが公言している。これはミライースの次回マイナーチェンジで市販化される可能性が高いだろう。

関連するレポート

[ 2013/01/14 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.