【新着】シビック ハッチバックのフルモデルチェンジ、2021年後半に発売へ

シビック

シビック日本仕様フルモデルチェンジ、2021年後半予定

ホンダ・シビックのフルモデルチェンジが迫っている。既にセダンのプロトタイプが2020年11月に発表されており、新型エクステリアが公開されていた。このプロトタイプの詳細については後述するとして、まずは日本仕様がどうなるのかという話題から。

現行型ハッチバックは在庫販売のみ、生産終了

現行型10代目シビック日本仕様はセダン、ハッチバック、タイプRと3種類のラインアップであった。セダンは唯一の国内生産モデルであったものの販売不振もあり、一足早く2020年8月の段階で販売が終了していた。

シビックセダン

シビックセダン後期型

ハッチバックとタイプRは英国スウィンドン工場で生産される。

タイプRは2020年10月に後期型が発売されたが、早々にソールドアウト。

ハッチバックのみを残し販売が継続されたが、これも現在は受注を終了し在庫販売を残すのみとなっている。

シビックハッチバック後期型リアコンビネーションランプ

シビックハッチバック後期型

シビックタイプR後期型

シビックタイプR後期型

スウィンドン工場については、2021年の完全閉鎖が予告されていたから当然の流れである。

Honda of the U.K. Manufacturing

英国スウィンドン工場

新型シビックが寄居工場で生産される可能性。詳しくは、
シビックタイプR後期型が発売、英国工場閉鎖後のシビックはどうなる?

次期型シビックは2021年後半に登場予定

そして次期型、シビック日本仕様ハッチバックは2021年後半にも発表される見込み。タイプRもこれに続き、そう遅くないタイミングで発表となる。

自動車向け半導体不足の影響が懸念されるが、問題が深刻化しなければ、2021年夏にも日本発売される可能性が高い。

シビックハッチバック日本仕様は1.5L ターボ搭載モデル、ハイブリッドは遅れる

次期型シビックはプラットフォームからの新設計となる。

日本仕様ハッチバックのパワートレインは、1.5Lハイブリッドのe:HEVが主力となる見込み。ただし、その発売は2022年まで遅れる可能性が高い。まず2021年の国内向けフルモデルチェンジ時に先行導入されるのは、現行型キャリオーバーの1.5L VTEC-TURBO搭載モデルとなる。

新型ヴェゼル ティザー e:HEV

e;HEV (新型ヴェゼル)

現行10代目モデルはコンベンショナルエンジンのみでハイブリッドの設定が無かったが、電動化のトレンドを受けてホンダ最新の2モーター式ハイブリッドシステムが搭載されることになる。

次期シビック共通の1.5L e:HEV搭載、新型ヴェゼルが登場予定。詳しくは、
2021年のホンダはヴェゼルもフルモデルチェンジ

セダンは日本市場向けには用意されない可能性

一方で、新型セダンの日本仕様がどうなるかは不透明な状況である。前述した現行型セダンの早期販売終了は、2020年1月に行われたマイナーモデルチェンジから、わずか7ヶ月後のタイミングである。これはセダンの不人気さを証明する結果となった。

新型11代目シビックの日本仕様にはセダンは用意されず、ハッチバックとタイプRの2種類に絞られることが想定される。

セダンの不人気はホンダだけではない。トヨタもクラウンをSUV化。詳しくは、
次期クラウンは、北米ハイランダーベースのSUV

次期シビックは存在感のあるエンジンフードが特徴

ハッチバックのエクステリアは、既に発表された北米セダンプロトタイプが参考になる。Aピラーが立たされているのは近年のデザイントレンドを汲み入れたものだろう。ヘッドランプの目尻が太くなり、広くて水平感のあるボンネットが硬派な印象を与える。

シビック プロトタイプ

次期シビック プロトタイプ

11代目シビック、まずは北米セダンが2021年春に発売

北米向けラインナップとしては、セダンのほかハッチバック、Si、そしてタイプRがあることも公表されている。北米での発売時期は、まずはセダンを皮切りに、2021年春の終盤(5月頃?)が予定されている。

ただし、4月の上海モーターショーでセダンが中国デビューする可能性があり、順番としてはこちらが先になるかもしれない。

シビック フロントグリル

次期シビック プロトタイプ

次期シビック 北米向けハッチバックは米国生産

米国向けハッチバックについては、生産がインディアナ州グリーンズバーグ工場で行われることが発表され、米国生産となることが強調された。ハッチバックの生産地について敢えて言及しているのには理由があり、10代目ハッチバックは英国スウィンドンで生産されたものが北米で輸入販売されていた。前述した通り、スウィンドン工場は2021年の閉鎖が決定しており、その後の生産地がどうなるのかが注目されていた。

シビック プロトタイプ キャラクターライン

CIVIC プロトタイプ リアコンビネーションランプ

11代目シビック ハッチバック日本仕様は日本生産の可能性大

スウィンドン工場で生産された現行ハッチバックは、北米だけでなく日本でも輸入販売されていた。新型11代目日本仕様については、埼玉県の寄居工場での生産になる可能性が高い。しかし、これは確定情報ではなく、タイ生産の可能性も残される。

シビック インテリア

シビック プロトタイプ セダン

タイトルとURLをコピーしました