新型【ハリアー】マイナーチェンジ後期型いつ?一部改良モデル発売が2025年前半頃の予想、従来型の受注受付中【トヨタ最新情報リーク】ハンマーヘッド採用は2027年以降フルモデルチェンジまで無い?

ハリアー

harrier-000

ハリアーのマイナーチェンジ(一部改良)は2025年前半の実施予想

ハリアーの一部改良は、2025年前半頃の実施が予想されます。

トヨタは2024年5月10日時点の工場出荷時期として「ご注文いただいてから、3-4ヵ月程度。PHEV車は、4-5ヵ月程度。…」と告知しています。また、販売店の案内では、グレードによっては2024年10月下旬の案内もあります。受注停止の動きはなく、しばらく従来型の販売が続くことが想定されます。

harrier-phev-11

現行の80系ハリアーは2020年6月にフルモデルチェンジされた4代目モデルで、これまでに大きな改良はありませんでした。次回の改良で、新たなエクステリアデザインの導入に期待が寄せられています。

bz4x-3

ハンマーヘッドデザインのbZ4X(EV:LIFE KOBE 2023)

トヨタのラインナップでは、「bZ4X」を皮切りに、ハンマーヘッドデザインの採用がトレンドとなっています。

このデザインがハリアーに採用されることを待ち望むファンも多いですが、近年のトヨタ車では、モデルサイクル途中での大幅なデザイン変更が減少傾向にあります。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアーへのハンマーヘッドデザインの採用は見送られる可能性

80系ハリアーは多くのバックオーダーを抱えている状況が続いています。納車待ちのユーザーの中には、マイナーチェンジでデザインが変わることを心配する声もあり、新車の納車直後にすぐデザインが古くなることへの懸念が見られます。

prius-hev-z-005

トヨタの新世代デザインである「ハンマーヘッド」は、「bZ4X」をはじめ、60系プリウス、海外向けC-HR、新型クラウンシリーズで採用されてきました。このデザインはコの字型ヘッドランプが特徴で、ハリアーにもマイナーチェンジで導入される可能性が指摘されていました。しかし、マイナーチェンジで「ハンマーヘッド」が採用された例は今のところありません。

harrier-phev-16

このため、ハリアーへのハンマーヘッドデザインの採用はフルモデルチェンジのタイミングになる可能性があります。ハリアーは現行のデザインを大きく変えずに販売期間を終えることが予想されます。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアー、2023年秋に実施された商品改良

2023年秋に実施された商品改良では、バックドア警告音の変更がこっそりと行われましたが、プレスリリースもなく販売が続けられました。

harrier-phev-19

価格は据え置かれたものの、エントリーグレードである「S」は整理の対象となり、「S ガソリン車 4WD」「S ハイブリッド車 FF/E-Four」が廃止されました。「S」グレードのなかでも「ガソリン車 FF」については、引き続き販売中となっています。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアー、2022年9月の一部改良

2022年9月には、80系ハリアーに初めての一部改良が行われました。その改良の際には、オーダーカットや改良後モデルへの契約変更など、異例の措置が取られました。

harrier-phev-12

この改良では、装備の充実が図られ、プラグインハイブリッドモデルが新たに追加されました。「Toyota Safety Sense」は機能追加され全車標準装備となりました。さらに、12.3インチの大型ディスプレイオーディオと12.3インチ液晶メーターが導入されました。

harrier-phev-04

プラグインハイブリッド車は、上級「Z グレード」として提供され、エクステリアデザインには専用フロントグリルが採用されました。従来パワートレイン車へのフェイスリフトは行われませんでした。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアー PHEVの特徴

2022年9月に追加発売されたハリアー PHEVは、駆動方式はE-Fourのみに限られ、「Z」のワングレードで提供されます。

harrier-phev-09

装備に関しては、従来ハイブリッドモデルのZ“Leather Package”をベースにしており、レザーシートなどの高級感のあるインテリアを備えています。

harrier-phev-14

PHEV専用の装備としては、リアシートヒーターやAC100V・1500Wの外部給電システムが含まれています。これにより、外部デバイスへの給電が可能であり、寒い季節には後部座席の乗員も快適に過ごすことができます。

harrier-phev-13

走行性能に関しては、モーターによる力強いスムーズな加速、そして低重心ゆえに操縦の安定性が高いという特徴があります。また、専用のフロントグリルや外装色が用意されており、PHEVらしいスタイリッシュなデザインとなっています。特に、専用外装色のグレーメタリックを含む4色が設定されており、各所にブラック塗装が施されています。

harrier-phev-05

内装には、インストルメントパネルからドアトリムへと金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントが採用され、上質な雰囲気が漂います。さらに、パノラミックビューモニターは標準装備で、床下透過表示機能も付いており、ハイブリッド車やガソリン車でオプション設定されている機能がPHEVでは標準で楽しめます。

ハリアーの生産は正常化された

トヨタは2023年1月以降、国内向けモデルの生産を強化してきました。特にハリアーはその対象車種の一つと考えられています。2022年後半には、ハリアーは月販2,000台未満のケースが見られました。しかし、2023年に入ると生産が活発化し、1月には4,879台、2月には7,843台、3月には11,028台にまで増加しました。

ハリアー トヨタ

この勢いは2024年に入ってからも継続し、おおよそ4,000~7,000台の規模で推移しています。これにより、多くのグレードで納期短縮の動きが見られ、ハリアーの生産体制が正常化されてきました。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

次期ハリアーへのフルモデルチェンジ、5代目登場はかなり先

次世代ハリアーである5代目モデルの投入時期についても注目されています。3代目から4代目へのフルモデルチェンジには約6年半がかかりました。

ハリアー

ハリアー 3代目モデル

同様の更新期間が次回も適用されるかは確かではありませんが、自動車業界全体の状況を考慮すると、モデルの更新サイクルが短縮される可能性は低いと見られています。そのため、5代目ハリアーの登場は2027年以降になることが予想されます。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

歴代ハリアーを見ていく

ハリアー初代モデルは、元祖プレミアム高級SUV

ハリアー初代モデルの販売が始まったのは1997年のことです。当時の高級車市場では、FRセダンがその存在感を誇示していました。一方で、SUVカテゴリーにおいても、ランドクルーザーや三菱のパジェロといった本格的なクロスカントリー車が上級車種としての地位を築いていました。

ハリアー初代モデル

ハリアー初代モデル

そんな中で、ハリアーは都市型のプレミアムSUVという独自のコンセプトで市場に投入されました。当時の視点から見ると斬新なアイデアであったにもかかわらず、この新しいスタイルが市場で注目を集め、人気を博しました。

さらに、北米市場ではプレミアムブランドのレクサスから、RXシリーズとして販売されたことも相まり、高級イメージを定着させることに成功しました。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアー2代目モデルとレクサス新型RXが併売される状況に

ハリアーは、2003年に第二世代へのフルモデルチェンジを遂げました。さらに、2009年には新型レクサスRXが国内市場に導入され、ハリアーとレクサスRXが併売されることとなりました。

ハリアー二代目モデル

ハリアー二代目モデル

新型RXが注目を集める一方で、旧型となったハリアーの第二世代モデルの存在感は次第に薄れていきました。このような状況の中、「ハリアーは2代目モデルでカタログ落ちになるのでは」という噂も浮上しました。

RX350

RX350 中国仕様

しかし、10年以上の販売期間を経て、ハリアーはフルモデルチェンジを受けることになります。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアー3代目は国内専用車種としてフルモデルチェンジ

3代目ハリアーは、2013年にフルモデルチェンジされ、日本専用車種として設計されました。それまでの大型化したRXシリーズとは異なり、日本市場向けに独自のデザインや機能が施されている点が特徴です。エンジン選択肢に、新開発の直列4気筒2.0L NAが追加されダウンサイズを受けた一方で、V6エンジンは廃止されました。この変更により、車格が低くなったという見方もされました。

ハリアー トヨタ

それでもハリアーのプレミアムイメージは、まだユーザーの記憶に残っていました。レクサスRXとの比較では格下であるものの、手頃な価格設定も相まり、好調な販売実績を残しました。

rav4-adventureoffroad-package-2-plus

しかし、モデルサイクルの後期に入るとラインアップの廃止が噂されました。その背景には、ミドルクラスSUVの主力市場である北米で絶大な人気を誇るRAV4が日本に導入されたことがあります。RAV4はグローバルモデルとして確固たる地位を築いており、その販売実績により日本専売のハリアーの存続が困難になる可能性が指摘されていました。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアー4代目へのフルモデルチェンジはグローバルモデル化で実現

2020年に、ハリアーは4代目へのフルモデルチェンジを実現し、新たな進化を遂げました。

harrier-000

これを可能にしたのはグローバルモデル化です。4代目ハリアーは、従来の日本国内販売に加えて、北米や中国でも展開されるようになりました。トヨタは中型SUVセグメントにおいて、RAV4とハリアーの併売により、2つのモデルを揃えてラインナップを強化しています。なお、北米市場では「ヴェンザ」の名称で販売されています。

ハリアー

4代目ハリアーは国内市場向けに2020年6月にリリースされ、従来のトヨペット店から全販売チャネルで取り扱われるようになったのも大きな変化です。これに伴い、フロントの鷹のエンブレムがトヨタのCIに置き換えられました。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

ハリアーのラインアップ整理、2023年10月

新型ハリアー ガソリン 2.0L 価格表 2023年10月

グレード 駆動方式 消費税込み車両本体価格(円) 2023年10月~
FF 3,128,000 据え置き
4WD 3,328,000 廃止
FF 3,529,000 据え置き
4WD 3,729,000 据え置き
FF 4,038,000 据え置き
4WD 4,238,000 据え置き
Z レザーパッケージ FF 4,338,000 据え置き
Z レザーパッケージ 4WD 4,538,000 据え置き

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

新型ハリアー ハイブリッド 2.5L 価格表

ハリアー インテリア

グレード 駆動方式 消費税込み車両本体価格(円) 2023年10月~
FF 3,718,000 廃止
E-Four 3,938,000 廃止
FF 4,119,000 据え置き
E-Four 4,339,000 据え置き
FF 4,628,000 据え置き
E-Four 4,848,000 据え置き
Z レザーパッケージ FF 4,928,000 据え置き
Z レザーパッケージ E-Four 5,148,000 据え置き

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

新型ハリアー PHEV 2.5L 価格表

harrier-phev-19

グレード 駆動方式 消費税込み車両本体価格 2023年10月~
E-Four 6,200,000 据え置き

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

新型ハリアー80系は特にハイブリッド車が人気

現行の80系ハリアーは東南アジアからの部品供給不足による生産調整などを大きく受けてきた。それでも2021年は、74,575台の年間販売実績を残すことができたが、2022年は34,182台と半数以下に落ち込んだ。その後、2023年は販売台数が大幅回復している。

このほかの国内ブランド中型SUVの2022年の販売実績は、トヨタ・RAV4が31,118台、スバル・フォレスターが25,096台、マツダ・CX-5が31,399台、日産・エクストレイルが18,066台となっており、2021年に引き続きハリアーが首位の座をキープした。

ハリアー

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

 

ハリアーと共通プラットフォーム、新型2車種が2022発売された

80系ハリアーはグローバルプラットフォームのTNGA(GA-K)が採用されている。GA-KプラットフォームのクロスオーバーSUVタイプの車種としては、これまでRAV4、レクサスNX、さらに海外向けにはハイランダーなどが販売されてきた。さらにGA-K採用のクロスオーバーSUVモデルは、新型クラウンとレクサス新型RXを追加している。

new-rx

新型RX450h+

レクサスRXは約7年ぶりのフルモデルチェンジとなった。最上級のRX500hでは、新開発の2.4Lターボハイブリッドが搭載される。このシステムは、2.4LターボのT24A-FTS型をメインユニットとし、リアドライブは高出力モーターのeAxleによって行われる上級ハイブリッドとなる。

crown-rs-t24a

T24A-FTS型(クラウン クロスオーバーRS搭載)

さらに、クラウン クロスオーバー RSグレードでも、この2.4Lターボハイブリッド(デュアルブーストハイブリッド)が搭載された。トヨタブランド車への採用が進むことで、ハリアーへの搭載も期待したいが、ハリアーは先代3代目モデルから車格が下げられた経緯がある。現在のところハリアーに2.4L デュアルブーストハイブリッドが搭載されるという話は無い。

「ハリアー」マイナーチェンジの<まとめ>は、次のページ

 

ハリアー 一部改良、マイナーチェンジ後期型 まとめ

まとめ更新日: 2024/05/24

ハリアー マイナーチェンジ 予想 2025年

  • 2025年前半ごろにマイナーチェンジ予想
  • ハンマーヘッドデザインの採用なしの予想
  • 2024年4月上旬、納期最長はPHEVの2024年10月下旬を確認
  • 2024年5月中旬、受注停止の動き無し

ハリアー 一部改良(小変更) まとめ 2023年10月

  • 2023年10月の小変更、一部改良のプレスリリース無く実施
  • バックドア警告音変更
  • エントリーの「Sグレード」がガソリンFFだけを残し、廃止
  • 値上げ無し

ハリアー 一部改良 まとめ 2022年10月

  • ハリアーに一部改良(発売日2022年10月4日)
  • プリクラッシュセーフティに交差点右折時の対向直進車及び右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能を追加した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備
  • コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオを採用。12.3インチの大画面ディスプレイを設定したほか、車載ナビを搭載。クルマがWi-Fiスポットになる、「車内Wi-Fi」を採用
  • 12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイを採用
  • ハリアー PHEVを追加(発売日2022年10月31日)
  • ハリアー PHEVは発売前から、各販売店の予定台数が予約済みでオーダーストップ
  • ハリアー PHEVは、抽選で生産順番が決められ、納期は運次第

ハリアー PHEV 画像 2023年1月

harrier-phev-21 harrier-phev-20 harrier-phev-19 harrier-phev-18 harrier-phev-17 harrier-phev-16 harrier-phev-15 harrier-phev-14 harrier-phev-13 harrier-phev-12 harrier-phev-11 harrier-phev-10 harrier-phev-09 harrier-phev-08 harrier-phev-07 harrier-phev-06 harrier-phev-05 harrier-phev-04 harrier-phev-03 harrier-phev-02 harrier-phev-01

新型ハリアー価格表(2WD ハイブリッド)2022年9月発表

  旧価格(円) 新価格2022年9月改定(円) 差額(円)
S ハイブリッド・2WD 3,580,000 3,718,000 138,000
G ハイブリッド・2WD 4,000,000 4,119,000 119,000
G“Leather Package” ハイブリッド・2WD 4,300,000 (廃止) (廃止)
Z ハイブリッド・2WD 4,520,000 4,628,000 108,000
Z“Leather Package” ハイブリッド・2WD 4,820,000 4,928,000 108,000

新型ハリアー価格表(2WD ガソリン)2022年9月発表

  旧価格(円) 新価格2022年9月改定(円) 差額(円)
S ガソリン・2WD 2,990,000 3,128,000 138,000
G ガソリン・2WD 3,410,000 3,529,000 119,000
G“Leather Package” ガソリン・2WD 3,710,000 (廃止) (廃止)
Z ガソリン・2WD 3,930,000 4,038,000 108,000
Z“Leather Package” ガソリン・2WD 4,230,000 4,338,000 108,000

新型ハリアー価格表(E-Four ハイブリッド)2022年9月発表

  旧価格(円) 新価格2022年9月改定(円) 差額(円)
S ハイブリッド・E-Four 3,800,000 3,938,000 138,000
G ハイブリッド・E-Four 4,220,000 4,339,000 119,000
G“Leather Package” ハイブリッド・E-Four 4,520,000 (廃止) (廃止)
Z ハイブリッド・E-Four 4,740,000 4,848,000 108,000
Z“Leather Package” ハイブリッド・E-Four 5,040,000 5,148,000 108,000

新型ハリアー価格表(4WD ガソリン)2022年9月発表

  旧価格(円) 新価格2022年9月改定(円) 差額(円)
S ガソリン・4WD 3,190,000 3,328,000 138,000
G ガソリン・4WD 3,610,000 3,729,000 119,000
G“Leather Package” ガソリン・4WD 3,910,000 (廃止) (廃止)
Z ガソリン・4WD 4,130,000 4,238,000 108,000
Z“Leather Package” ガソリン・4WD 4,430,000 4,538,000 108,000

新型ハリアー価格表(E-Four プラグインハイブリッド)2022年9月発表

  価格(円)
Z PHEV・E-Four 6,200,000

新型ハリアー 画像 2022年9月発表

harrier-10 harrier-09 harrier-08 harrier-07 harrier-06 harrier-05 harrier-04 harrier-03 harrier-02 harrier-01

ハリアー 画像 2022年1月

ハリアー ハリアー 内装 ハリアー シート ハリアー インテリア ハリアー バックドア ハリアー リアコンビネーションランプ ハリアー ハリアー トヨタ

タイトルとURLをコピーしました