car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ミライース

ミライース後継、D-baseコンセプト市販型は2016年秋頃の発売予測

投稿日:2016/01/21 更新日:

ダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジは2016年秋、D-base市販化

ダイハツの燃費重視型軽自動車のミライースが2016年秋頃にフルモデルチェンジされる見込みとなっている。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

ダイハツは昨年に開催された東京モーターショー2015でコンセプトカーのD-baseを発表していた。東京モーターショーでは市販化の姿が想像しにくいコンセプトカーが多くあったが、このD-baseはミライースのフルモデルチェンジを予告するデザインスタディモデルとして、具体性を持った形で出展された。

ミライース D-base ダイハツ ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

次期ミライースもやはり燃費重視型軽自動車、ハイブリッドは導入されない見込み

D-baseコンセプトのエクステリアは新しくはあるが特に目立った斬新なデザインが取り入れられた印象は少ない。むしろ、注目されるのは、どういった燃費向上策が取り入れられるかとなる。

D-base ダイハツ インテリア ダイハツ 次期ミライース D-base リアシート

ライバルのスズキはワゴンRにおいて、既に軽自動車へのハイブリッドシステム導入実績がある。そして現在の軽自動車JC08モード燃費ナンバーワンについてもスズキ・アルトとなっており、その数値は37.0km/L。これはコンパクトハイブリッドのアクアと並ぶ性能ということになる。次期ミライースは少なくともこの数値を超える必要があるだろう。

D-base ミライース ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

東京モーターショーで公開されたD-baseコンセプトの燃費向上策は、ブリヂストンのオロジックタイヤの採用、排気ガス熱からの発電システム、電磁波による燃焼率向上策などがあった。これらはいずれも期待度の高い技術ではあるが、ハイブリッドの導入については言及が無かった。ミライースは低価格であることも重要視されるため高コストとなりやすいハイブリッドの導入は見送られる可能性が高いだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント