car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ・タントがマイナーチェンジ、カスタム上級はクラウンロイヤル顔に

タントがマイナーモデルチェンジでカスタムRSトップエディションSAIIを追加

軽トールワゴンのジャンルで最も人気が高いダイハツ・タントが2015年12月14日マイナーチェンジを受け発売となった。

(写真は新型タントカスタムRSトップエディションSAII)
タントカスタム RSトップエディションSAII

現行タントは2013年にフルモデルチェンジ発売されたモデルであった。今回の改変はマイナーチェンジに位置付けているものの変更点は少なめ。ただし、タントカスタムに新設定されたタントカスタムRSトップエディションSAIIのエクステリアがトヨタ・クラウンロイヤル調の迫力あるものとなっているので紹介したい。

タントカスタム RSトップエディションSAII バックドア

タントカスタムはマイナーモデルチェンジでエアロバンパーの大型化とバックドア部分のメッキパーツ採用で雰囲気を変えている。さらに新たな上級グレードとして位置付けられるタントカスタムRSトップエディションSAIIでは、フロントグリルとバンパーラインをメッキフレームで縁取りされ、まるでクラウンロイヤルのような顔付きとなった。

通常タントはインテリア変更で質感アップ、後期型の登場は次回マイチェンまで持ち越しか

(写真は新型タント)
タント2015 タント インテリア

今回はマイナーモデルチェンジということで後期型の登場かと思いきや、通常モデルに大きなエクステリア変更は見られない。インテリアのカラーリング変更とクオリティアップが盛り込まれる。後期型タントの登場は次回マイナーモデルチェンジまで持ち越しか。

(写真はHINATAコンセプト)
HINATA コンセプト ヒナタ インテリア

ダイハツは東京モーターショー2015で次世代箱型軽自動車としてHINATAコンセプトを発表していた。次期タントを意図したという見方もできるが、現行タントの販売はまだ続きそう。むしろ2010年発売で既にモデル末期となっているムーヴコンテの後継モデルとしての市販化が期待される。

#1 匿名さん2016/05/09(Mon)23:29:00
前期の方が良かった(T_T) 後期は ハッキリ言ってエクステリアに無理が有る感じ

名前(任意)
コメント