car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型コペン着せ替えエクステリアに丸目有り、クロスオーバーのXは2014年秋発売

新型コペンのクロスオーバーSUVスタイルのXが2014年秋に発売される

ダイハツのオープン軽自動車の新型コペン ローブが先月2014年6月19日に発売された。

(写真は新型コペン ローブ)
コペン ローブ 2014

新型コペンはボディ骨格に新開発のDフレームを採用することで、主に樹脂材料から構成される外板パネルの着せ替えを可能にしている。ただし、現在のところ販売されているのは初期モデルのCOPEN Robeのみで、これは東京モーターショーで発表されていたコンセプトカーのRMZがエクステリアデザインのベースとなっている。そして、コペンXと名付けられたクロスオーバーSUVテイストのコンセプトカーXMZをベースとするモデルが2014年秋にも発売される予定となっている。

コペン クロスオーバー 着せ替え

現在のところルーフはブラックのみの設定となっている。今後発売されるモデルで、様々なバリエーションが出ることを期待したい。交換できる外板パネルのうち、ドアパネルに関してはスチール製となっている。

コペン Dフレーム

旧型コペン風の丸目ヘッドライトモデルの追加ラインアップも計画されている

(写真はコペン初代モデル)
コペン アルティメットエディションS

新型コペンの外板パネル交換にかかる費用は30万円程度としている。車体価格179万8200円からの軽自動車に対して、相当な費用を掛けて外板パネル交換に踏み切るオーナーがどれだけいるのかは疑問ではある。むしろメーカーのダイハツにとって新デザインの追加が容易になるというメリットが大きいと考える。

(写真は2015年追加発売予定の新型コペン丸目モデル)
コペン 丸目 着せ替え

また、2015年には初代コペンを彷彿とさせる丸目ヘッドライトとファニーなフロントグリルを持つモデルが追加発売される見込み。

コペン 着せ替えパーツ コペン DRESS FORMATION

ヘッドライト形状の変更にも対応できるとなると、今後の追加デザインに期待ができそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント