C-HR人気凋落はRAV4とハリアーが原因、ヤリスクロスではない

C-HR

トヨタのSUVラインアップが超過密、C-HRの存在感低下

2020年、トヨタではハリアー、ヤリスクロスが発売された。さらに2021年にはカローラクロスが日本発売されるということで、トヨタのクロスオーバーSUVラインアップは超過密状態となりつつある。

  • ライズ
  • ヤリスクロス
  • カローラクロス(予定)
  • C-HR
  • RAV4
  • ハリアー

この中で、存在感を落としているのがC-HRである。

C-HR

C-HR

C-HR、かつては販売台数ナンバーワンの人気車種

C-HRは2016年3月にジュネーブ発表されたモデルである。著者もワールドプレミアの現場に駆けつけたわけだが、その奇抜なほどのエクステリアは、良い意味でトヨタらしくなく、「これは売れる」という確信を得たほどであった。

C-HR ジュネーブ2016

C-HRはその後、2016年12月に日本発売され、2017年4月には車名別販売台数ランキング1位を獲得した。

販売台数 順位
2016 12 4654 15 C-HR 日本発売
2017 1 9144 4
2017 2 12985 3
2017 3 16816 4
2017 4 13168 1
2017 5 12872 2
2017 6 14318 2

この1位の座は、多くの場合、コンパクトカーであったり、プリウスのような営業車としての需要もある車種が着くわけだが、遊びの要素が強くコストも割高な中型サイズのSUVモデルが来ることは近年では珍しかった。

C-HRリアコンビネーションランプ

他メーカーのライバル車が登場するも揺るぎない人気

販売台数 順位
2018 4 4531 15
2018 5 5536 12 スバル フォレスター FMC予約スタート
2018 6 6820 13
2018 7 6704 13
2018 8 6075 9 ホンダ CR-V 日本発売
2018 9 6678 12
2018 10 5862 13
2018 11 5790 14

その後、C-HRの販売台数は1万台を超えるペースでは無くなったものの、この手のクルマとしては上出来の販売実績を積み上げることになる。

2018年にはライバルとなりそうな、スバル・フォレスターのフルモデルチェンジ発売、ホンダ CR-Vの日本発売があったが、C-HRのセールス状況には、ほぼ影響がなかった。

スバル フォレスター

スバル フォレスター

新型CR-V

ホンダ CR-V

C-HRの人気低下、第一の原因はRAV4の登場

販売台数 順位
2019 2 6085 12
2019 3 8952 11
2019 4 4307 15 トヨタ RAV4 日本発売
2019 5 4208 16
2019 6 4342 19
2019 7 4195 19
2019 8 3608 17
2019 9 4425 22 マツダCX-30 予約スタート
2019 10 2554 20
2019 11 5097 13 トヨタ ライズ 発売

2019年に入り、トヨタはRAV4を日本発売させた。この新型RAV4が、C-HR人気低下の最初のキッカケになったことが販売台数およびランキングのデータから読める。

「トヨタの敵はトヨタ」という有名なフレーズが当てはまる状況になった。

トヨタ新型RAV4

RAV4

C-HRの2020年の販売ランキングに影響したポイントは2つ、ハリアーとヤリスクロス

特に2020年になってからのC-HRは、販売台数下落に拍車をかけている。もちろん4月にコロナによる緊急事態宣言があり、通常の社会情勢ではなかったというのはある。しかし、それはどのメーカー、車種も同じことである。ランキング順位に着目しても、C-HRの下落が目立つのだ。

販売台数 順位
2020 4 2334 19 コロナ緊急事態宣言
2020 5 1595 19
2020 6 1833 28 トヨタ ハリアー FMC
2020 7 2160 26
2020 8 2349 21
2020 9 3681 17 トヨタ ヤリスクロス発売
2020 10 2690 23

C-HRにとってヤリスクロスの発売は、実はプラスであった

C-HRの販売低迷により、最近ではC-HRの存続、つまり次期モデルの存在を危ぶむ論調すらある。こういった中では「ヤリスクロスに販売台数が流れた」という意見が多いが、実はこれは真実ではないと見ている。

ヤリスクロスの発売タイミングでは、C-HRの販売台数と順位は、むしろ好転しているのである。

ヤリスクロス

ヤリスクロス

ヤリスクロスは、C-HRに対して車格が下のモデルであるが、こういった格下のモデルが発売されるタイミングで、格上のモデルが売れやすくなるという現象は他にも起こっている。2019年11月にコンパクトSUVのライズが発売された時も、C-HRの販売台数は増えたし、ランキング順位も上がっていた。

ライズ

ライズ

C-HRの人気凋落、第二波はハリアーのフルモデルチェンジ

では、逆に格上のモデルが発売されるとどうなるのか。先に述べた2019年のRAV4の場合がこれにあたる。そして、2020年6月に行われたハリアーのフルモデルチェンジ発売もC-HRにとって影響が大きかった。

ハリアー

ハリアー

このとき、C-HRの販売台数はランキング順位を大きく落とし、28位にまで転落した。ちょうど緊急事態宣言が収束し、販売台数が回復する時期であったにもかかわらず、C-HRは落ち込んだままであった。

C-HRの人気を凋落させた原因は、ヤリスクロスではなく、上位モデルのRAV4やハリアーにあったと考える。

タイトルとURLをコピーしました