car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型タントはセンターピラーレス構造を廃止、10月上旬に発売開始の見込み

新型タント、フルモデルチェンジ発売は10月上旬頃になる見込み

ダイハツでは新型タント発売に向けての準備が進められている。まずは2013年9月中にもフルモデルチェンジ発表が行われる見込みで、発売日はその後の2013年10月上旬頃になるだろう。
(写真は現行タント)
タント

新型タントはセンターピラー有り、両側スライドドア

タントといえば、助手席側リアドアがセンターピラーレスのスライドドアというのが最大の特徴であった。しかし、次期タントでは、このセンターピラーレス構造が廃止されることになる。なぜこのようなことになってしまったのか?その理由はスズキ・スペーシア、ホンダ・N BOXといった、ここ数年でデビューしてきたハイトワゴンタイプのライバル車種の存在が大きい。特にN BOXは2013年5月の月間販売台数が14627台を記録するなど好調な売上となっているのだが、これらライバル車種が採用しているのがセンターピラー有りの構造に両側スライドドアを装備したものとなっている。つまり、両側スライドドアの装備が、このハイトワゴン軽自動車市場のトレンドとなってしまっており、実際にそれを望むユーザーが多いことがN BOXの成功によって裏付けされてしまったわけである。
もちろんセンターピラーレスで両側スライドドアとなれば、より使い勝手が高まるとは思うが、ボディ強度やコストの問題で難しいと考える。タントにはセンターピラーレス構造を継続して欲しいという思いが個人的にはあるが、これまでセグメントをリードしてきた車種がトレンドに追従しないわけにはいかないだろう。
(写真はライバルN BOX)
N BOX

また、次期タントの燃費性能はJC08モードで27km/L前後となることが予想され、一部グレードはエコカー免税対象車となる見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント