car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

タント

次期タントを予告か?ダイハツがDN U-SPACEを東京モーターショー2017で発表

投稿日:

DN U-SPACEを発表、次期タントとしての市販化が想定される

東京モーターショー2017が閉幕した。ダイハツはDNシリーズとして5つのコンセプトカーの発表をしたが、なかでもDN U-SPACEは次期タントとして市販化の可能性が高いモデルとして注目された。

(写真はDN U-SPACE)
タント

DN U-SPACEのボディサイズは現行型タントとほぼ同じ。コンセプトカーとはいえ、律儀に軽自動車規格が守られたサイズで出品された。

タント スライドドア タント リアコンビネーションランプ

次期タントは初代モデルを彷彿とさせるヘッドランプが特徴

ドアは前後ともスライド式となっており、これはショーモデルでは室内を見やすくするためによく使われる手法である。ただし、ダイハツは前後スライド式ドアについてやや強調した説明をしており、もしかすると市販モデルへの採用を検討しているのか。

次期タント 前後スライドドア

それでも市販型では従来型タントの構造が継承されることが予想され、前がヒンジ式で後ろがスライド式、そして左側はピラーインドアとなるのが妥当なところだろう。スライドドアについては、ドア下に足をかざすことによって開く機能が採用される見込みとなっている。

タント リアシート タント インテリア

顧客ターゲットについても「子育てママ」と明言しており、まさにタントを後継するモデルと考えて間違いないはず。横に長い愛嬌のあるヘッドランプデザインは原点回帰しており、初代タントの眼つきが再現されている。

タント フロントグリル タント バックドア

今回の東京モーターショー2017では、スズキが新型スペーシアを発表、さらにホンダ・N-BOXも今年フルモデルチェンジしたばかりの新型車である。現行タントは2013年発売のモデル末期ということで、次期型の提案でライバルを牽制してきた。2018年内のフルモデルチェンジが予想される。

#1 匿名さん2017/11/07(Tue)10:20:17
初代タントのディテールを前後に取り入れてるね
ボディサイズに制限がある中、工夫を凝らしたデザインを次々世に出すデザイナーさんには頭が下がります
#2 匿名さん2017/11/09(Thu)01:21:56
アゲアゲ
#3 匿名さん2017/11/17(Fri)13:05:50
誰か投稿キボンヌ!
ボク、次期タントになるクルマだよ~
さびしいよ~
#4 匿名さん2017/11/20(Mon)17:56:35
age

名前(任意)
コメント