イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

安くて、燃費がいい、小回りの利く新型軽自動車イース

非ハイブリッド車で最高燃費の30km/L(JC08)

ダイハツから発売される新型の軽自動車イースがリッター30kmの燃費になると発表されている。
つい最近発売されたマツダのスカイアクティブデミオは30km/Lの燃費だが、実はこれ10・15モード走行燃費によるもの。スカイアクティブデミオのJC08モード走行燃費は25km/Lとなる。
さらに同じく10・15モード走行燃費で30km/Lのフィットハイブリッドは、JC08モードでは26km/L。
これらと比較しても、イースの燃費は相当優れた数字であることがわかるだろう。

新基準JC08モード燃費とは?

実走行に近い状態を想定して計測されるのが10・15モード燃費であったが、自動車メーカー各社とも10・15モードの測定方法で高い燃費性能が出るように特化が進み過ぎたため、近年では実燃費との乖離が大きくなってきた。
新しい車種になるほど、10・15モード燃費は顕著に優れるが、実使用ではそれほど燃費が良くないという結果が多くなってきている。
そこで、さらに実使用に合わせた新基準の測定方法がJC08モード走行だ。
これまでの10・15モードにくらべ、エンジンの暖気が十分に行われていない状態など、燃費計測上不利な条件も測定結果に反映されるようになり、より実態に近い燃費がカタログに掲載されるようになった。

新型イースは5ドアハッチバックでの登場

2年前、2009年の東京モーターショーで発表されたイースのコンセプトモデルでは、3ドアハッチバックボディであった。
実際に発売されるモデルは、実用性の高い5ドアハッチバックモデルとなっている。
3ドアハッチは日本市場では人気が無いので、5ドア化させたのは正解だろう。
最近の軽自動車は寸法を規格一杯に取り、客室部分を拡大させて中が広々したものが多いが、イースは一般的な軽自動車よりも全長を295mmもカットし、ボディを軽量化させている。
これにより車体重量は700kg程度になると予想。
イースのボディーサイズは全長3100×全幅1475×全高1530mm。
後席は大人が乗るには窮屈になることが予想されるが、短い全長とホイールベースは小回りが利くメリットもある。
価格は廉価グレードで70万円後半のモデルが用意されるなど、メイングレードでも90万円台になる見込み。
最近の軽自動車は立派になったのはいいが、それに伴う車体の高価格化がデメリットになっている。
安くて燃費が良くて小回りの利く軽自動車として人気モデルになると予想する。

関連するレポート

[ 2011/07/17 ]
#1 匿名さん2017/02/27(Mon)19:41:35
現行イースでは惜しくもカスタム(ターボも)を設定しなかったですが、平成29年度中に発表予定の新型では、ターボとTR-XXみたいなやつ、カスタムも設定してほしいです。全部あったらいいですね!応援してますので頑張ってください!後、4WDの進化と燃費は40キロメートル超えでお願いします!
大幅改良予定のアルトとN WGNとガチバトルできますように·····。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.