car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ次期タントからハイブリッド化を検討、2018年秋フルモデルチェンジ

ダイハツも軽自動車向けハイブリッドシステムの導入に前向き

ダイハツは東京モーターショー2017でDN U-SPACEを発表した。これは次期タントを想定したコンセプトモデルであるが、これには新開発ハイブリッドパワートレインの搭載が検討されている。

(写真はDN U-SPACE)
タント

ダイハツは軽自動車向けハイブリッドシステムとして、1モーター2クラッチ式のストロングハイブリッドに相当するものが検討されている。モーターは本格的な出力スペックとなり、一定条件下でのEV走行を可能とする。やはりキャビンスペース重視の車種のためバッテリー体積がこれを大きく圧迫することはあってはならない。リチウムイオンバッテリーの容量は小さなものとなるだろう。

タント フロントグリル タント バックドア

同クラスのライバルではフルモデルチェンジしたばかりのスペーシアが全車マイルドハイブリッド搭載で、燃費と価格の両面でバランスの良い商品に仕上げてきた。タントハイブリッドの燃費性能は、少なくともスペーシアのJC08モード燃費30.0km/Lの水準は超える見込みであるが、車両価格は高くなるはず。購買層の裾野を広くするためにも価格の安い通常エンジンモデルも用意されるだろう。

タント リアシート タント インテリア

タントハイブリッドの発売は2018年の秋頃が想定される。

タント スライドドア タント リアコンビネーションランプ

現行タントは、モデル末期の特別仕様車を発売、パノラマモニター装備

なお、現行型タントについては、おそらくこれが最終モデルとなる一部改良が2017年12月18日に実施された。特別仕様車として、タント X リミテッド SAⅢ、タント カスタム X トップエディションリミテッド SAⅢが発売された。

(写真は現行タントおよびタントカスタムの特別仕様車)
タント 特別仕様車 タント カスタム 特別仕様車

新機能としてパノラマモニターを装備し、やはり同様の機能を備えたスペーシアに対抗する構えだ。

#1 匿名さん2017/12/23(Sat)13:06:53
このコンセフトモデルは、ユーザー層を明確に想定したデザインだろう。市販モデルはどうなるか。
#2 匿名さん2017/12/23(Sat)21:31:35
タントには、先行販売しているN-BOXやスペーシアを研究する時間があるからそれ以上の物を用意するだろうな。
ダイハツに1モーターハイブリッドのき技術てあったっんだ…スバルのハイブリッド技術の改良かな?

#3 匿名さん2017/12/23(Sat)22:18:34
ダイハツはトヨタの100%子会社。
電動化技術などは、本来お手の物だろ。
#4 匿名さん2017/12/23(Sat)22:29:12
デイズ・ekワゴンにe-powerが載るだろうから軽もおもしろくなりそう。
#5 匿名さん2017/12/23(Sat)23:22:48
ルノーグループ全体でダイムラーに吸収されなければ、可能性はあるかもな。
#6 匿名さん2017/12/24(Sun)06:57:46
軽e-powerは、三菱iのモータ使い回しですぐできちゃいそうだな
#7 匿名さん2017/12/24(Sun)09:07:20
不祥事コンビの車は要らない
#8 匿名さん2017/12/24(Sun)13:51:07
ダイハツの場合、この記事で煽ってるほどは新型スペーシアは敵対視してないんじゃね
今までもクラスナンバーワンの燃費だったにも関わらず、クラスではずっとタントの方が売れてたし
どっちかと言うと打倒N-BOXで、クラスナンバーワン奪還だと思う
#9 匿名さん2017/12/24(Sun)22:00:15
>>#8
現行タントが発売される寸前にディーラーで資料見せてもらった際、比較対象がN-box(当時は先代が現行)と先代のタントしかなかなく、なんでスペーシアはないんですか?って聞いたら眼中にないですってハッキリ言われたわ。。。
そして発売当初に生産切り替え失敗して13年の10月の登録台数はスペーシアに呆気なく抜かれてて笑った記憶
まぁそのあとは今に至るまでずっと勝ち続けてたけどね
#10 匿名さん2017/12/25(Mon)00:55:08
スズキの「S-エネチャージ」や「マイルドハイブリッド」は、失礼ながら「アイドリングストップ機能」に毛が生えたようなもの。
燃費の数値がライバルに対し「桁違い」に良くなるわけでもない。(現行スペーシアは、先代に比べて、なぜかカタログの燃費数値は大きく悪化)
親会社のトヨタから容易に技術供与を受けられるダイハツは、次期タントで満を持して「フルハイブリッド」(ストロングハイブリッドといううべきか?)を設定して、ライバルとの違いを打ち出してくるだろう。

まあ、N-BOXの先代に続く大ヒットからわかる通り、クルマというものは「燃費No.1」だけではトップは取れないのだが。
まずは、燃費No.1である「新型スペーシア」の売れ行きを見守っていこう。
#11 匿名さん2018/01/05(Fri)23:41:59
スペーシアやパレットが日の目を見なかったのは、ワゴンRを販売の主軸としたかったメーカーやディーラー側の姿勢もその一因でしょう。
ほとんど使わない頭上空間を、操安性、重量、空気抵抗を犠牲にしてでも欲しがる市場動向に、作り手として納得いかなかったのかもしれません。たしかに海外から見れば、日本はなぜあんなに小さくてギラついた細長い車がたくさん走っているのか、不思議に思われそうです。
#12 匿名さん2018/01/06(Sat)00:22:12
その通りだな
スズキは気骨があるメーカーだからな
ただ、その拘りがアダとなっているようだ
現行ワゴンRはさっぱり売れていない

やはり軽は「スーパーハイトワゴン」ではないと売れないようだ
異常に背が高く、リアドアはスライド式がマスト
だから、スペーシアがコケるとスズキとしてはかなりの痛手
#13 匿名さん2018/04/05(Thu)16:53:59ID:JjMGFkMTGM
ハイブリッドもいいがダイハツは自動ブレーキスマアシⅢの性能をカタログで嘘をつかないで欲しい!いまだに対停止車両時速50kmでは停止出来ない状態、新型N-BOXは十分クリアし軽では考えられない単眼カメラ+ミリ波レーダーレクサス級の自動ブレーキシステムを搭載してきた。これから国交省も自動ブレーキレベルを松竹梅のようにレベル発表するもう(自動ブレーキは付いてます)は通用しない。再度デンソーにお尻を叩き新型タントから新生スマアシⅣの装着が急務だ!
#14 匿名さん2018/04/05(Thu)23:27:03ID:U3YjU5YTWN
プッシュスタート車じゃないとシートリフターとチルトステアが付かないという保守層への嫌がらせはいい加減にやめるべきと思われ…

名前(任意)
コメント