car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

タント2019年10月フルモデルチェンジへ、消費税増税後の優遇措置を狙う

タント次期型、4代目モデルのエクステリアは初代型回帰

ダイハツ・タントが2019年10月にフルモデルチェンジされる見込みとなっている。

(写真はDN U-SPACE、次期タント コンセプト)
タント フロントグリル

現行タントは2013年に発売されたモデル。約6年の販売期間を経て、通算4代目モデルに切り替わる。

エクステリアは前回の東京モーターショー2017で発表されたDN U-SPACEで方向性が示されている。ヘッドランプユニットの形状が特徴的で、その表情は初代型に回帰した印象となる。軽自動車ユーザーなら誰が見ても新型タントと気付くことができるエクステリアとなりそうだ。

タント タント リアコンビネーションランプ

次期タントはハイブリッド化される可能性あり

次期タントのパワートレインについてはまだ有力な情報はなく、ハイブリッドモデルが設定されるかどうかが焦点となる。ライバルのスズキ・スペーシアにはマイルドハイブリッドがいち早く導入されており、さらに日産三菱連合も2019年春に発売する次期デイズ、eKワゴンから軽自動車のハイブリッド化が始まる。また、ダイハツはトヨタグループに属するから、ハイブリッドシステムの開発環境も恵まれているはずだ。こういった背景からも次期タントにハイブリッドパワートレインが導入される可能性は高いと考える。

タント スライドドア タント インテリア

発売時期については2019年10月1日からの消費税増税が一つのタイミングとなる。増税による販売減を避けるための優遇措置、あるいは自動車税や自動車取得税などの改定が検討されており、これに合わせて新税制に切り替わった後の発売が予想される。

タント リアシート タント バックドア

また2019年10月23日からは、東京モーターショーが予定されている。ダイハツブースでは新型タントの大規模プロモーションがメインに行われるだろう。

#1 匿名さん2018/12/20(Thu)22:59:56ID:U5ZWMyZTjM
トヨタがコンパクトな1モーターハイブリッドをているとか…ニュースで見たぞ。ついに全貌が明らかに!
価格が高騰するのは…勘弁な。
#2 匿名さん2018/12/21(Fri)00:47:40ID:IwNTYzZjDY
次期タントの売りってなんだろう?

高価なストロングハイブリッドは高くなりすぎて論外だろうし、マイルドハイブリッドではインパクトないし、ショーモデルのような左側前後スライドドアは現実味ないし、やっぱり、SUVちっくな、タントギアか?
#3 匿名さん2018/12/21(Fri)12:36:39ID:c4ZDFiNjGM
ライバル車のハイブリッド化で燃費はよくて当たり前、ピラーレスもN-VANが採用、デザインはどのスーパーハイトワゴンも似たりよったり
確かに次期タントのこれっていう魅力が思い浮かばない
初代型に回帰したデザインで売れるとも思えないしな
#4 匿名さん2018/12/21(Fri)13:27:16ID:I3YzE0Nm2N
個人的にはスーパーハイトのデザインではN-BOXが抜きん出ていると思う。サイズ制約が厳しい軽で、他と明確に化出来ている。
タントもアイデンティティを上手くブラッシュアップ出来ればいい。
#5 匿名さん2018/12/21(Fri)17:41:04ID:M5ZmYzMj2M
乗り心地を良くして欲しいのと、Aピラーが立っていても空間の無駄なので、もっとAピラーを寝かせて、空力を優先してもいいのではないか やっぱり燃費は重要なのでマイルドハイブリッドは標準にしてほしい
#6 匿名さん2018/12/21(Fri)21:40:29ID:Y3YzlmZTTZ
N-BOXが空気読まず物量投入して大ヒットしてるがあまり良くすると普通車売れなくなるからね
トヨタ的にISG使ったマイルドHVをHVと表記するのか問題だしダイハツは難しい立場だな

名前(任意)
コメント