新型【アルトワークス】フルモデルチェンジいつ?2022年12月発売待望、出ない予想も【スズキ最新情報】リーク画像まだ?R06A型ターボ ハイブリッドに5MT無し

アルトワークス
アルトワークス ターボエンジン

先代HA36S型アルトワークスは4WDよりも、加速性能で優れた2WDが人気だった

スズキのベーシック軽自動車「アルト」が2021年12月にフルモデルチェンジを受けて新型9代目モデルに切り替わっている。一方で、8代目アルト(HA36S型)がベースのスポーツモデル「アルトワークス」については、新型アルトの発売に伴い販売終了となったままであった。新型アルト発売から1年となる2022年12月は、「新型アルトワークス」の登場が待望される。

「アルトワークス」フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

アルトワークス ヘッドランプ

先代型アルトワークス

新型アルトワークス コンセプトの出品期待、しかし東京オートサロン2022では、スズキはブース出展を辞退

新型アルト発売直後に開催された東京オートサロン2022では、スズキからはブース出展そのものが無かった。タイミング的に、新型アルトワークスのコンセプトカーの出品も期待されたが、これは叶わなかった。

次期アルトワークスは設定されない可能性、現行型アルトは全車CVTで、5速MTモデルが無い

現行の9代目アルトは2021年12月のフルモデルチェンジで登場したが、全車がCVTの採用となり、8代目に設定された5AGSや5MTといったトランスミッションは用意されなかった。さらに、全高拡大による居住性アップが盛り込まれたことでスポーツ志向は弱められた。

また、今後ワークスが出される可能性について、現在のところスズキは肯定的な回答をしていない。新型アルトには、ワークスが今後も設定されない可能性がある。

HA36S型アルトワークスは通常アルトのフルモデルチェンジから約1年遅れで発売されたこともあり、2022年12月頃の新型アルトワークスの発売が待望される。しかし、現段階では、具体的な話が無いというのが実情である。

次期アルトワークスはハイブリッド化されるのか

新型アルトのトランスミッションがCVTのみであることも問題であるが、スズキの軽自動車向けターボエンジンも環境規制などの影響を受け、従来エンジンの搭載継続を難しくさせている。

アルトワークス リアコンビネーションランプ

HA36S型アルトワークスは、R06A型ターボエンジンを採用し、トランスミッションは5速MTと5速AGSからの選択であった。

一方で最新のスズキの軽自動車向けエンジンを見ていくと、ロングストローク化とISG(モーター機能付発電機)搭載によるマイルドハイブリッド化が大きなテーマとなってきた。

アルトワークス インテリア

既に、ロングストローク化された新世代R06D型エンジンは、新型アルトで採用されたほか、ハスラーやワゴンR、ワゴンRスマイルの各NA車で搭載されており、マイルドハイブリッド化も済まされている。

また、ターボエンジンについては、ハスラーやワゴンRスティングレーなどで新世代型が導入されており、これは従来型アルトワークスと同じR06A型ではあるが、マイルドハイブリッド化が済まされている。そして、これらのハイブリッド ターボモデルはトランスミッションにCVTを採用したものばかり。

やはりアルトワークスはマニュアルトランスミッションが望まれるわけだが、そのまま採用可能なパワートレインが、現行販売モデルの中で存在しない状況となっている。

スズキ アルトワークス

次期アルトワークスに、R06A型ハイブリッド ターボ搭載の可能性は

R06A型のハイブリッド ターボのモータースペックは、最高出力3.1PS、最大トルク 5.1kg・mとなっており、仮に次期アルトワークスがハイブリッド化され、このユニットが搭載されるとすれば、発進時の加速性能は向上を果たすはず。

コンベンショナルなガソリンターボエンジンと5速MTの組み合わせで軽量ボディを走らせるのが、アルトワークスの醍醐味でもあるが、マイルドハイブリッド化は受け入れざるを得ない状況でもある。

HA36S型パワートレインのキャリーオーバーが、ユーザーニーズとしては最も多くなりそうだが、これでは環境性能などが満たせない可能性がある。

アルトワークス

最新HA36S型アルトワークスは4WDモデルよりも軽量で加速性能に優れた2WDモデルが人気

新型アルトにワークスが設定されない中では、最新のアルトワークスは、中古車市場で流通している8代目アルトがベースのHA36S型となる。ただし流通台数は非常に限られているようだ。

アルトワークス復活

かつては4WDのイメージが強かったアルトワークスであるが、HA36S型では2WDモデルがより人気で社外カスタムパーツも多く流通している。軽自動車でスポーツ走行する魅力は、車体重量の軽さにあり、加速性能は2WDモデルが優れる。軽自動車でありながら、背中がシートに貼り付くような0-100km加速を楽しむことが可能で、限られた予算のなかで、このあたりの楽しみを中心置くユーザーは、特に4WDモデルの重量増をデメリットとして考える傾向がある。

スズキ アルトワークス

一方で、雪道やダート走行の機会があるユーザーからは、トラクション性能が優れる4WDモデルが選ばれる。

アルトワークス KYB

またリアのサスペンション形式にも違いがあり、2WDがトーションビーム式、4WDがI.T.L.式(3リンク式)となっており、試乗などで乗り比べるポイントの一つとなっている。

アルトワークス 5速MT スズキ アルトワークス 発売 アルトワークス 東京モーターショー2015 アルトワークス レカロシート

アルトワークスは歴代アルトの2~5、8代目モデルに設定された

通常アルト発売の約1年後に発売が期待されるアルトワークスであるが、歴代モデルを振り返ると必ずしも発売されていたわけでは無い。

初代アルトワークスは、71V型の2代目アルトに設定された。続いて3代目、4代目、5代目のアルトにもワークスは設定された。2000年のアルトシリーズのマイナーチェンジでは、ターボエンジン搭載モデルが廃止となり、これに伴いアルトワークスもカタログ落ちとなった。

その後、通常アルトシリーズは6代目、7代目とフルモデルチェンジされていくものの、ワークスは発売されない状況が続いた。

そして2015年、先代型8代目(HA36型)アルトをベースに開発された新型アルトワークスが約15年ぶりにラインアップに復活した。また8代目では、お手軽なスポーツモデルとして、「アルト ターボRS」も設定され、久しぶりにスポーツ志向が強調された世代となった。

アルト ハイブリッドX

新型9代目アルト ハイブリッドX

タイトルとURLをコピーしました