car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ新型デカデカが2014年10月に発売予定、タントを超える軽トールワゴン

コンセプト デカデカが市販化、ダイハツから今秋発売予定の新型軽自動車

ダイハツから新型のハイトワゴン、デカデカ(DECADECA)が今秋2014年10月にも発売される見込みとなった。

(写真はデカデカ コンセプト)
デカデカ

デカデカは、昨年の東京モーターショー2013でコンセプトカーが初公開されていた。軽自動車規格の小さなボディながらも高い全高により居住スペースが大きく取られたモデルとなる。

ダイハツ デカデカ 観音開き ダイハツ デカデカ ピラーレス

これまでスペース優先型の軽自動車としては、タントがラインアップされてきた。デカデカ コンセプトはそのタントより全高が10cmも大きい。デカデカのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1850mm、ホイールベースは2455mm。ホイールベースを含め全高以外の寸法はタントと同じとなる。

(写真はタント)
ダイハツ タント

デカデカの両側観音開きドアは市販モデルでも採用されるのか

デカデカ コンセプトの大きな特徴となっているのが、左右両側に設定されたピラーレス構造と観音開きドアである。また、リアハッチの開口部も非常に大きく、積載能力は高そうだ。

デカデカ リアハッチ 積載能力

ボディ強度を考慮すれば、この仕様がこのまま市販モデルにも採用されるかは疑わしい。タントと同様に両側スライド、片側ピラーレスとするのが現実的でもありニーズにも合ってそうだが。

大柄のボディのためデカデカに搭載されるエンジンは、直3DOHCの軽自動車向けターボエンジンとなる見込み。NAモデルはラインアップされない可能性があり、そうなるとエントリーモデルの車両価格は高くなりそうだ。

エクステリアは単調な箱型ながらも、フロントデザインはアウトドアユースを意識した、押し出し感のあるSUVスタイルが採用された。軽SUVといえば、スズキのハスラーが大ヒットとなっており、デカデカの直接的なライバルとなることも予想される。街乗りでもオシャレなハスラーに対し、デカデカは圧倒的な積載能力がアドバンテージとなるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント