ダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジが2017年5月9日に予定

ミライースがフルモデルチェンジ、スマートアシストⅢ装備で商品力アップ

ダイハツのベーシック軽セダン、ミライースが2017年5月9日にフルモデルチェンジを受ける見込みとなっている。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

ミライースは、2009年にミラの燃費特化版として登場したモデル。当時はライバルのスズキ・アルトエコとの燃費競争で多くの注目を集めたことから記憶に残るファンも多いだろう。販売期間6年を経てのフルモデルチェンジは、燃費競争から一転し、スマートアシストⅢを軸とする装備の充実により商品力が向上される。

ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

新型ミライースは84万2400円から、JC08モード燃費の向上は控えめか

新型ミライースについて、既に暫定の価格情報も出回っている。廉価モデルのBグレードが84万2400円、普及モデルのLグレードが87万4800円、以降の上級モデルにはスマートアシストⅢが標準装備でX-SAⅢグレードが108万円、G-SAⅢグレードが120万9600円に設定される。4WDは2WDに対し12万9600円アップとなる。価格はいずれも消費税込みとなる。

ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

装備が簡略化されるBグレードは実質的には商用グレードということになるが、従来型の廉価モデルは70万円台であったから価格アップとなる。ただし、多くの一般ユーザーが購入対象とするのがLグレード以降と考えれば、現状維持かむしろ値下がりという見方もできる。

ステレオカメラタイプの安全運転支援システムであるスマートアシストⅢは上級グレードだけでなく、下位グレードにも6万4800円でオプション装備が可能。コーナーセンサーについては標準装備化される。

(写真は現行ミライース)
ミライース

ミライースのような軽セダンと呼ばれるカテゴリのモデルは高齢者ドライバーの比率が高い。アクセル・ブレーキペダルの踏み間違え等による事故が多く報じられるなかでは、安全運転支援システムの充実は大きなセールスポイントとなるだろう。

(写真は現行アルト)
アルト

新型ミライースのJC08モード燃費については、ほとんど情報が無いことから、従来型の35.2km/Lの水準に留まるのではとも言われる。軽自動車向けハイブリッドシステムを持ってしまったスズキに燃費競争で勝負を仕掛けても藪蛇となりかねない。フルモデルチェンジということなので多少の燃費性能アップは盛り込まれるかもしれないが、アルトの37.0km/Lを超えることはないのではと予想する。

関連するレポート

[ 2017/05/01 ]
#1 匿名さん2017/05/02(Tue)15:03:30
普通のミラは消滅、ミライースに統合ってこと?
もしそうなら、ミライースをミラの名称にした方がわかりやすそうだけどな
#2 a2017/05/02(Tue)22:32:25
友人がイース乗ってたんだが、不満ばかり言ってた
特にエンジンに元気がなく遅すぎるとの事
もうすぐ新しいの出ると伝えたら、スペーシアZ契約した~と言い出し驚いたわ
#3 匿名さん2017/05/05(Fri)23:58:43
軽自動車の自動車税を上げたのだから、
そろそろ660ccの壁を超えても良いんじゃないかな〜
軽自動車がサイズアップして安全性能が上がったから
車重の増加は仕方ない。
#4 匿名さん2017/05/09(Tue)09:23:42
#3
同感
750ccぐらいにしても良いような気がする

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.