ダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジが2017年5月9日に予定

ミライースがフルモデルチェンジ、スマートアシストⅢ装備で商品力アップ

ダイハツのベーシック軽セダン、ミライースが2017年5月9日にフルモデルチェンジを受ける見込みとなっている。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

ミライースは、2009年にミラの燃費特化版として登場したモデル。当時はライバルのスズキ・アルトエコとの燃費競争で多くの注目を集めたことから記憶に残るファンも多いだろう。販売期間6年を経てのフルモデルチェンジは、燃費競争から一転し、スマートアシストⅢを軸とする装備の充実により商品力が向上される。

ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

新型ミライースは84万2400円から、JC08モード燃費の向上は控えめか

新型ミライースについて、既に暫定の価格情報も出回っている。廉価モデルのBグレードが84万2400円、普及モデルのLグレードが87万4800円、以降の上級モデルにはスマートアシストⅢが標準装備でX-SAⅢグレードが108万円、G-SAⅢグレードが120万9600円に設定される。4WDは2WDに対し12万9600円アップとなる。価格はいずれも消費税込みとなる。

ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

装備が簡略化されるBグレードは実質的には商用グレードということになるが、従来型の廉価モデルは70万円台であったから価格アップとなる。ただし、多くの一般ユーザーが購入対象とするのがLグレード以降と考えれば、現状維持かむしろ値下がりという見方もできる。

ステレオカメラタイプの安全運転支援システムであるスマートアシストⅢは上級グレードだけでなく、下位グレードにも6万4800円でオプション装備が可能。コーナーセンサーについては標準装備化される。

(写真は現行ミライース)
ミライース

ミライースのような軽セダンと呼ばれるカテゴリのモデルは高齢者ドライバーの比率が高い。アクセル・ブレーキペダルの踏み間違え等による事故が多く報じられるなかでは、安全運転支援システムの充実は大きなセールスポイントとなるだろう。

(写真は現行アルト)
アルト

新型ミライースのJC08モード燃費については、ほとんど情報が無いことから、従来型の35.2km/Lの水準に留まるのではとも言われる。軽自動車向けハイブリッドシステムを持ってしまったスズキに燃費競争で勝負を仕掛けても藪蛇となりかねない。フルモデルチェンジということなので多少の燃費性能アップは盛り込まれるかもしれないが、アルトの37.0km/Lを超えることはないのではと予想する。

関連するレポート

[ 2017/05/01 ]
#1 匿名さん2017/05/02(Tue)15:03:30
普通のミラは消滅、ミライースに統合ってこと?
もしそうなら、ミライースをミラの名称にした方がわかりやすそうだけどな
#2 a2017/05/02(Tue)22:32:25
友人がイース乗ってたんだが、不満ばかり言ってた
特にエンジンに元気がなく遅すぎるとの事
もうすぐ新しいの出ると伝えたら、スペーシアZ契約した~と言い出し驚いたわ
#3 匿名さん2017/05/05(Fri)23:58:43
軽自動車の自動車税を上げたのだから、
そろそろ660ccの壁を超えても良いんじゃないかな〜
軽自動車がサイズアップして安全性能が上がったから
車重の増加は仕方ない。
#4 匿名さん2017/05/09(Tue)09:23:42
#3
同感
750ccぐらいにしても良いような気がする

名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.