car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ミライース

ダイハツがミライース後継コンセプトを東京MS発表予定、アルトのパクリ?

投稿日:

スズキ・ミライース後継、D-baseコンセプトがワールドプレミア予定

ダイハツは新型コンセプトカー、D-baseを東京モーターショー2015で発表する予定となっている。

d-base

D-baseは燃費性能に特化された次世代軽自動車を予告するモデルとなる。つまりミライースの後継モデルと考えて間違いないだろう。

d-base-rear

エクステリアデザインは、デビューからまだ1年と経たないスズキ・アルトを意識したと判断できる。ヘッドランプ形状で大きく違いを出しているようだが、Cピラー周辺とリアハッチの形状はアルトの影響を感じることができる。

d-base-interior

リアドアノブがウィンドウ後端にあるがこれは市販型でも採用か?

(写真はスズキ・アルト)
アルト スズキ スズキ アルト

ミライース後継モデルはハイブリッド化されない、2016年春のフルモデルチェンジ予測

ダイハツが開発してきた軽自動車向け燃費技術、イーステクノロジーは更なる進化を遂げることになるが、ハイブリッド技術の導入については今回も先送りになるのではと考える。

ライバルのスズキは軽自動車向けにハイブリッドシステムを先行導入しているが、軽量ボディのアルトシリーズでは未だハイブリッドモデルをラインアップしていない。こういった動きからも、恐らく次期ミライースでもハイブリッド技術は採用されず、主に内燃機関の改良と軽量化で燃費性能を上げてくることが予想される。また、排気熱からのエネルギー回収システムの導入が予定されている。

ミライース後継モデルの燃費性能は、現行アルトのJC08モード37.0km/Lを超える水準が予想される。

(写真は現行ミライース)
ミライース
D-baseコンセプトをベースにした市販型の発売は2016年春頃となると予想される。なお車名のミライースが継続採用されるかは現在のところ明らかでない。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント