car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ・ムーヴのフルモデルチェンジ、2018年終盤の予測

ムーヴ7代目モデルはDNGA採用で軽量高剛性ボディに

ダイハツの軽自動車、ムーヴが2018年末ごろにフルモデルチェンジを受ける見込みとなっている。

(写真は現行ムーヴ カスタム)
ムーヴカスタム 20th

現行ムーヴは2014年に発売された6代目モデルである。これまでのモデルサイクルが約4年で実施されてきたことを考えても、2018年のフルモデルチェンジは妥当な時期である。

ムーヴ リアコンビネーションランプ ムーヴカスタム インテリア

新型ムーヴでは、ミライースから採用がスタートしたDNGAプラットフォームにより、基本性能を上げてくる。親会社トヨタのTNGAを思い出させるプラットフォーム名であるが、ハイテン鋼および超ハイテン鋼の採用により軽量化と高剛性ボディが実現される。KF型エンジンもフリクション低減などブラッシュアップを受けて、燃費性能を伸ばしてくる。

ムーヴ カスタム フロントグリル ムーヴ カスタム バックドア

新型ムーヴに搭載されるスマートアシスト4は自動運転レベル2相当の可能性

そして、安全運転支援システムの性能アップも注目点となるだろう。現行のスマートアシストⅢでは、ステレオカメラ方式により前方認識を行っている。ただし、単眼カメラ+ミリ波レーダー方式による前方認識が最近のトレンドであり、ダイハツもスマートアシストⅣでは後者の方式を採用してくる可能性がある。ホンダのセンシングに近いシステムに仕上がることが期待され、レーンキープアシスト機能など自動運転レベル2相当になるかもしれない。

(写真はムーヴ キャンバス)
ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス スライドドア

ダイハツブランド内の販売台数では、ハイルーフ系のタントに主導権が移りつつある。しかしムーヴも派生モデルのムーヴキャンバスをシリーズに加えて、合算で月販一万台規模を維持しており、相変わらずダイハツの主力モデルであることには変わりない。ムーヴキャンバスは2016年の発売であったので、しばらくは現行型の販売が続くだろう。

#1 匿名さん2018/02/26(Mon)19:45:48
あくまで予想なのでしょうが、昨年8月に外観のデザイン変更伴うMCがあったので、今回はキッチリ4年周期のモデルチェンジではないのでは?
ムーヴよりもタントのモデルチェンジの方が先だと思われ、タントの変更が早ければその時期になるのでは?の可能性が高いと予想します。
#2 匿名さん2018/02/26(Mon)19:52:19
♯1
その通り
4年周期のタントが従来より1年ずらして今年の秋、5年ぶりにFMC予定
(10月で5年)
ムーブは今年の12月でようやく4年、MCしてからわずか1年4ヶ月だよ
こんなタイミングFMCはないよ

しかもタントとムーブのFMC次期を近づけても、喰い合うだけで意味がないし

このサイト、ダイハツの新車予想は苦手なのかもね
前々回のミラココア、前回のミラターボ、など
#3 匿名さん2018/02/26(Mon)23:58:35
ダイハツはトヨタ車よりいい車を作らせてもらえるのか?
#4 匿名さん2018/02/27(Tue)07:34:17
4年でFMCはやはり早すぎるなあ。
と思いつつ、昔の国産車はほぼほぼ
4年で型が、変わっていたんだなあと
改めて実感したなあ。
#5 匿名さん2018/02/28(Wed)05:21:26
昔のっていうか、軽は早いよ
変更点少なくて内容伴ってないのもあるとおもうけど
#6 匿名さん2018/03/02(Fri)10:53:35
カスタム=派手顔の方程式を誰が崩すのか
#7 匿名さん2018/05/02(Wed)21:10:20ID:g2ZTlhNTmN
N-BOXがこれだけ売れている現在、新型ムーブが発表されても軽市場の動向に大きな変化はないだろう
#8 匿名さん2019/07/15(Mon)05:30:31ID:ZmNDI0MDjM
自動車リサーチの情報はいい加減だからな!
#9 匿名さん2019/07/15(Mon)08:07:08ID:M2NTFkOD2Z
タントが出たばかりだから、ムーブは先延ばしだな。
デザインは期待したい。

名前(任意)
コメント