car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサスESのフルモデルチェンジ発表予告、北京モーターショー2018

レクサス新型ES、プレミアムFFセダンが中国で一新

レクサスはESシリーズをフルモデルチェンジさせ、4月25日にプレスデーを迎える北京モーターショー2018で新型をワールドプレミアさせる。

(写真は新型レクサスES)
レクサスES

ESシリーズはこれまで、日本のレクサスの正規販売モデルとしてラインアップされた実績が無く、馴染みの薄い車種に感じるが、それでもかつてはウィンダムの車名でトヨタブランドから販売されてきた時期がある。プラットフォームはカムリと共用された大型FFセダンで、ウィンダムはさらに高級モデルとしてポジショニングされていた。

ただし、そのウィンダムも2006年に日本販売が終わっている。日本はプレミアムな大型FFセダンというカテゴリが根付きにくい市場環境にあるが、大きなセダンが好まれる北米と中国では重要なモデルとしてこれまでラインアップされてきた。今回フルモデルチェンジ発表の場所が北京に選ばれたのも、そんな市場の好みに合わせた結果と考える。

レクサスES リアコンビネーションランプ

新型ESのスピンドルグリルのデザインが美しい、日本発売の可能性有り

新型ESシリーズのボディサイズや搭載されるエンジンなど詳細な仕様については発表日を待つことになるが、エクステリアについては前もって情報が提供された。

レクサスES フロントグリル

フロントのスピンドルグリルは最新タイプを採用。グリル内の装飾も外枠の糸巻き形状に合わせた凝ったデザインとなっている。

レクサスES ヘッドランプ

ヘッドランプではL型のLEDデイタイムランプでブランドの共通イメージが踏襲される。

レクサスES 北京モーターショー2018 レクサスES 北京モーターショー

サイドからのボディシルエットでは、ルーフ後半がファストバック調になっているのがわかる。

(写真は従来型レクサスES 6代目モデル初期型)
レクサス ES 6th

レクサスはこれまでにHSシリーズとしてFFセダンを国内向けに売ってきたが2017年に販売を終了させている。後継モデルが特に設定されていないことから、新型ESが2018年秋頃に日本導入されるという噂もある。

#1 匿名さん2018/04/20(Fri)07:26:56ID:AzYzM3NGDZ
レクサスのセダン、どれも同じようなデザインだから
パッと見だと判別がつかない
そもそも自分の周辺ではRXやNXはよく見かけるけど、セダンはほとんど見かけないな
#2 匿名さん2018/04/20(Fri)08:32:04ID:NjNTNkYjWM
日本名ウインダム
#3 匿名さん2018/04/20(Fri)12:01:34ID:VhZDI0ODTN
まぁ~好みの問題だけど、ぶっちゃけセダンは実用性少ないからなぁ。
日本じゃ年寄り臭いイメージ、若しくはヤン車のイメージもあるし。
車本体の仕上がりの良さまでなかなか興味が向きにくいよな。
#4 匿名さん2018/04/20(Fri)18:25:30ID:c0N2FiYW2M
新型LSはたまに見かけるようになった。
新型ESのスピンドル内ラインは最新版だな
#5 匿名さん2018/04/20(Fri)19:29:39ID:g2MmM3ZDDY
これが売れるようだったら、ユーザーにはFFもFRも関係ないってことだな。
#6 匿名さん2018/04/20(Fri)20:44:18ID:djOWUyYzTY
ESは日本で販売してないので、今のモデルを香港で見たことあるが結構大きい
遠目に見るとLSと見間違うことがある
#7 匿名さん2018/04/20(Fri)21:57:31ID:YyNjQxOTjN
カムリ買うならこちらを選ぶね。車両価格は400万以上かな。だったらクラウンも選択肢に入ってしまう。売れるか売れないかは価格で決まる。
#8 匿名さん2018/04/21(Sat)10:47:06ID:llNDAxYTDM
>車両価格は400万以上
またまた御冗談を
最低でも600万でしょ
中身は400万くらいだろうけど

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/03/03)

レクサスがLF-SAをジュネーブモーターショーで発表、スモールラグジュアリーを提案

レクサスLF-SAコンセプトの車体が披露された、4座の新型スモールに注目

レクサスは2015年3月3日にプレスデーを迎えたジュネーブモーターショーで、新型LF-SAを公開した。事前に公開されたティザー画像からは、主にコンパクトカーとクーペSUVの2案がを予想する声があった。実際の車体は、これまでのsmartの各モデルやトヨタ・iQに近いサイズ感に仕上がっている。

LF-SA

これだけ小さくてもフロントにはしっかりスピンドルグリルが収められている。グリル内はメッシュではなくクリスタル状の新たな造形が確認される。これは今後の他のレクサス車種への展開も予想される。

LF-SA レクサス LF-SA リアコンビネーションランプ

LF-SAはトヨタ・iQがラグジュアリー化された後継モデルなのか

LF-SAのボディサイズは全長3450mm×全幅1700mm×全高1430mmとなった。2シーターにも見えるほどのサイズ感であるが、一応リアシートが設定してあり、2+2のシート配置となる。

LF-SA リアフェンダー LF-SA ドア

ティザー画像公開時にSUVタイプのボディを予想する声もあったが、その所以となったのが、四隅に張り出し気味に設置されたボディサイズの割に大きなタイヤである。コンパクトなボディながらもレベルの高い走行性能が期待される。

ちなみにスマートフォーフォーは全長3790mm×全幅1685mm×全高1460mm、ホイールベースが2500mmであった。またiQは全長2985mmmm×全幅1680mm×全高mm1500mm、ホイールベースは2000mm。LF-SAはiQとスマートフォーフォーの中間ぐらいの室内空間となりそうだ。

レクサスの予告にもあった通り、LF-SAはこれまでの車種のコンセプトとは全くことなる領域のモデルである。今後のブランドイメージ関わる重要なモデルとして注目していきたい。

過去記事(2015/02/18)

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

レクサスLF-SA、新型コンセプトカーがジュネーブで発表される予定

レクサスは新しいタイプのコンセプトカーとして、LF-SAを3月3日にプレスデーを迎えるジュネーブモーターショー2015で公開すると発表した。
これに先駆けて、LF-SAのフロントからのティザー画像一枚を公開している。

(写真はLF-SA)
LF-SA レクサス

LF-SAはBセグメントハッチか?BMW X6対抗のSUVクーペか?

LFで始まるモデルは、レクサスが近い将来に市販車としてラインアップを予定しているモデルのコンセプトカーである。

フロントグリルは最新のデザインルールによって設計されたスピンドルグリルが配置されているのがわかる。

LF-SAのボディタイプについては現段階では想像で語ることしかできないのだが、全幅とエンジンフード高さのバランスから、セダンやスポーツクーペの類ではないと判断していいだろう。おそらくBセグメントクラスのコンパクトハッチか、あるいはSUVタイプのボディであると予想される。

(写真はレクサスRX)
レクサス RX450h

レクサスはこのLF-SAについて、今までにない領域でLexusの「未来」を表現したとしている。ちょうどレクサスRXがモデル末期となっているが、同モデルはオーソドックスなクロスオーバーSUVである。LF-SAがレクサスRXの後継車種に相当するモデルとは考えにくい。

(写真はBMW X6)
BMW X6 新型 新型BMW X6 SUVクーペ

LF-SAが仮にSUV系統のボディタイプであるとすれば、近年プレミアムブランドで流行となりつつあるSUVクーペの類となることが予想される。つまりBMW X4およびX6のライバルに相当する車種である。

(写真はメルセデス GLEクーペ)
GLE クーペ メルセデス メルセデスベンツ GLEクーペ

2015年1月に開催された北米国際オートショーでは、メルセデスが新型のSUVクーペとして、GLEクーペを発表したこともあり、このセグメントへの注目が集まりつつある。

過去記事(2013/06/18)

ソアラ後継車、新型レクサスSCとして2015年に復活、車両価格1000万円以上か

レクサスSC復活に向けて開発中、ソアラ後継車

トヨタではソアラ後継車として次期レクサスSCシリーズの開発が進行している。既にコンセプトモデルが2012年1月のデトロイトモーターショーにおいてLF-LCとして公開を果たしており、深紅に染められたスポーツクーペのボディが印象的であった。さらに、2013年3月のジュネーブモーターショーではオパールブルー LF-LCとして、欧州での初公開に至っている。
(写真はオパールブルー LF-LC)
LF-LC レクサスSC ソアラ後継
LF-LC レクサスSC
LF-LCはデザインコンセプトとしながらも2012年発表のモデルである。スピンドルグリルやヘッドライトの造形については、最近フルモデルを迎えたISシリーズとデザイン系統の近さを感じる。一方で、次期レクサスSCシリーズの市販時期は2015年に計画されており、そのエクステリアデザインは2012年発表のLF-LCを更に洗練させたものとなるだろう。
(LF-LC、北京モーターショー2012年)
レクサスSC後継 LF-LC

SC F、ハイスペックエンジン搭載モデルもラインアップされる

このLF-LCに搭載されるパワートレインはハイブリッドになることが公表されており、市販モデルの次期SCとして搭載されるエンジンはV6 3.5Lの直噴ターボハイブリッドとなることが想定される。
次期レクサスSC コンセプトLF-LC
さらに、上級エンジン搭載の「SC F」も設定される計画。これに搭載されるユニットの候補として有力なのが、V8 4.6Lの直噴ターボハイブリッドである。さらに、このSC Fについてはシステム最高出力が500psを超えることが公式に宣言されており、同じレクサスのLFAや日産・GT-R、次期ホンダ・NSXといったスーパースポーツカー達がライバルとなる。ここまでハイスペックとなると、車両価格は当然1000万円以上ということになり、レクサスの中でも上位車種としてラインアップされることになるだろう。