car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサスLF-NXのターボエンジン搭載モデル、東京モーターショー画像

レクサスNXは2014年秋に発売される見込み。2.5Lハイブリッドと2.0Lターボが用意される

写真は東京モーターショー2013で公開されたレクサスの新型クロスオーバーSUV、LF-NXのターボエンジン搭載モデルである。

LF-NX ターボ 東京モーターショー

LF-NXのボディサイズは全長4640mm×全幅1870mm×全高1620mm、ホイールベースは2700mmとなった。開発のベースになったのはRAV4北米モデルとも言われており、このコンセプトカーの寸法から判断すると、RAV4からの多少のサイズアップがレクサスNX市販モデルにも盛り込まれることになるだろう。

LF-NX レクサス レクサス LF-NX 2013

LF-NXターボから始まる、トヨタ&レクサスのダウンサイジングターボエンジン

LF-NXターボの車体はフランクフルトモーターショー2013で初公開されたLF-NXと基本的に同じ。カラーリングやホイールデザインなど細部の変更はあったが、レクサスNXシリーズとして2014年秋の市販化が予測されているコンセプトカーである。

フランクフルトでは直4 2.5Lのハイブリッドシステム搭載ということで将来のNX300hを投影したモデルであった。トヨタ新型ハリアーと同タイプのハイブリッドシステムの搭載が予想され、リア駆動に電気モーター式を採用したE-Fourシステムとなると考えられる。

これに対して東京で公開された本モデルは、直4 2.0Lのターボエンジンを搭載ということで、NX200tとしての市販化が待望される。このパワーユニットは新開発されたダウンサイジングターボエンジンで、今後はレクサスおよびトヨタの2.5~3.0Lクラス車への展開も期待される。
レクサス NX200t

(写真は2.0Lターボエンジンのカットモデル)
2.0L ターボエンジン トヨタ レクサス

ターボエンジン搭載車では専用マフラーカッターを採用しスポーティさを感じるデザインとなった。
レクサス LF-NX 東京モーターショー2013

また、このLF-NXターボ発表の場所が東京であったにもかかわらず、出展されたモデルは左ハンドル仕様であった。レクサスはNXシリーズの販売市場として日本よりも北米、中国、欧州を重く考えているようだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント