car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサスLCコンバーチブル市販予定、プロトタイプ走行公開

レクサスLCにソフトトップのコンバーチブルが追加予定

レクサスのフラグシップクーペ、LCシリーズにコンバーチブルが追加される見込み。

英国で開催されたグッドウッド フェスティバル オブ スピード 2019で、ヒルクライムを走行するLCコンバーチブル プロトタイプが公開された。

北米国際オートショー2019では、LCコンバーチブルコンセプトがワールドプレミアされていた。
今回のモデルはカモフラージュ柄にペイントされたプロトタイプで、走行シーンの披露となった。

LCコンバーチブル

LCコンバーチブルの市販時期は2020年、東京モーターショー2019で公開か

LCコンバーチブルの市販化は確実視されている。2019年秋の発表が見込まれ、東京モーターショー2019での市販型初公開が予想される。一般発売は2020年に入ってからとなるだろう。

レクサスLCコンバーチブル

一方で、通常LCシリーズのマイナーモデルチェンジのタイミングも近づいている。リフレッシュを受けた通常LCシリーズと同時デビューとなる可能性がある。

LCコンバーチブル プロトタイプ

LCコンバーチブルの詳細な仕様は、まだわかっていない。
2017年に販売がスタートしたLCシリーズは、
V8 5.0Lエンジンと10速ATを搭載するLC500と、
V6 3.5Lのマルチステージハイブリッドシステムを搭載するLC500hがラインナップされる。
LCコンバーチブルに採用されるのが、いずれのパワートレインになるかも現在のところ未定。

レクサス LC コンバーチブル リアコンビネーションランプ

ルーフの、素材についてはコンセプト同様にファブリック素材のソフトトップの採用が予想される。

#1 匿名さん2019/07/15(Mon)14:26:11ID:ZhYzVlOG2Z
スマホ迷彩?
#2 匿名さん2019/07/16(Tue)07:41:44ID:MwZjlkN2TZ
良いクルマだとは思うのですが、
何故か余りワクワクしませんね
#3 匿名さん2019/07/16(Tue)12:09:02ID:ZhMzExOGmN
日本車で数少ない「デザインで欧州車と同じ土俵で語れる」クルマ。
圧倒的に美しいエクステリアデザインは、とても日本車とは思えぬ官能的なカタチ。
日本車だって、いつもいつも欧州車に負け続けるわけにはいかない。
#4 匿名さん2019/07/16(Tue)14:43:12ID:Y1OTE0MmjN
こいつと新型LSの登場からレクサスのスピンドルグリルは「レクサスらしさ」って海外で評価されるようになってきたからな。
今までの「白物家電カー」という評価から脱出したのはでかい。
#5 匿名さん2019/07/17(Wed)11:30:35ID:ViZTgxZGmN
性能にケチを付けるつもりは無い
が、プラットフォームは3分の1の価格の現行クラウンと同じ
デザインはサイドビューはまあまあ
だが、悪くもないけど絶賛するほどでもないですね
糸巻きグリルは兎も角、ヘッドライトの眼つきは現行前期型のプリウスみたいで微妙であり、テールランプも同様で普段白いランプも微妙

名前(任意)
コメント