レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

レクサスのスピンドルグリルが、わずか一代で終了の可能性

トヨタが世界展開する高級車ブランドのレクサスでは、スピンドルグリルと名付けられた糸巻き型のフロントデザインがブランドを象徴する統一デザインとなっている。2013年1月の北米国際オートショーではスピンドルグリルを採用した新型ISシリーズのワールドプレミアが行われ、レクサスブランドのほぼ全車にわたってスピンドルグリルが導入されることになった。
しかし今後トヨタは、このスピンドルグリルに拘らないデザイン開発を行なっていく方針のようだ。実質的には、わずか一代でスピンドルグリルによる統一デザインが終了する可能性が強まった。
(写真は新型IS350 F SPORT)
新型IS350 F SPORT

2013年春にフルモデルチェンジ予定のレクサスISシリーズがスピンドルグリル最終型

スピンドルグリルのデザインについては、その導入当初から賛否両論があった。レクサスはメルセデス、BMW、アウディなどといった既存の高級車ブランド陣に対して新たに参入を仕掛ける立場であったため、インパクトの強いスピンドルグリルは存在感を誇示することのできる絶好のデザインでもあった。一方でスポーティー過ぎるという声もあり、これまでレクサスが築いてきた高級志向のイメージと合わない部分も感じられた。さらに、スピンドルグリルはフロント部分を占有する面積が大きく、モデルチェンジによるイメージの変更が難しいという問題があるようだ。

(写真はレクサスCT200h)
CT200h

近年じわじわと存在感を増してきたスピンドルグリルだが、特にその方向性を深めたのが2010年発表のCT200hだろう。その後、2011年発表の4代目GSシリーズではフロントのスピンドルグリルは明確なラインとなり、レクサスのアイデンティティとして誰もが認めるほどの存在感を得ていった。
(写真はレクサスGS450h)
gs450h スピンドルグリル

現在はLFAとISシリーズを除く全ての国内現行ラインアップがスピンドルグリル化されていると判断できる。ISシリーズも2013年春のフルモデルチェンジでスピンドルグリルを採用した新エクステリアが与えられる予定だ。

関連するレポート

[ 2013/02/26 ]
#1 匿名さん2017/03/25(Sat)16:10:42
だっさ。
#2 匿名さん2017/03/26(Sun)01:39:02
AudiやBMWやMercedesのグリルデザインも別にかっこいいと思わん。
#3 匿名さん2017/03/28(Tue)13:34:01
俺はこんなダサいデザインは認めない。
何が良いのかサッパリ分からん。

スピンドルグリルの前のデザイン方が絶対カッコイイと俺は思うけどな。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.