car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

GS Fは2015年後半に発売、デトロイトに続きジュネーブで欧州初公開、画像

GS Fがジュネーブモーターショーで欧州プレミア、自然吸気V8エンジン搭載

レクサスは1月に開催された北米国際オートショー2015でGS Fをワールドプレミアさせていたが、その車体は3月のジュネーブモーターショー2015でも公開された。

(写真は新型GS F)
GS F

GSシリーズは2012年にフルモデルチェンジされた4代目モデル。そのボディにV8 5.0Lの2UR-GSE型エンジンを搭載させたのがGS Fということになる。

GS F リアコンビネーションランプ

かつてのレクサスのラインアップで、この2UR-GSE型エンジンを搭載していたのは、GSシリーズよりワンサイズ小さなISシリーズであった。現行ラインアップでは、セダンのISに代わり、クーペの新型RCシリーズが2UR-GSE型エンジンを引き継ぐことになり既にRC Fとして市販化されている。そして、セダンモデルとして2UR-GSE型エンジンを引き継ぐのがGSシリーズということになる。

GS F マフラー

NAエンジン搭載のGS Fは控えめの最高出力、軽量ボディがアドバンテージ

軽量セダンにハイパフォーマンスエンジン搭載というIS Fのコンセプトは、GS Fにおいても引き継がれ、その車体重量は1830kg。他のV8エンジンを搭載するプレミアムセダンと、車体重量を比較すると、BMW M5が1980kg、メルセデス E63 AMGが1940kgということで、GS Fにアドバンテージがありそうだ。ただし、これらドイツ勢はいずれも過給器を備えており、サイズの近いV8エンジンながらも最高出力560psクラスとなっている。NAエンジンを搭載するGS Fの最高出力は473psにとどまる。

GS F フロントグリル

新型GS Fの発売は2015年後半としており、日本市場についても同時期の発売が予想される。

#1 匿名さん2019/08/26(Mon)19:32:56ID:FlMTk5ZmDN
欧州市場での販売が終了した。
後継モデルは、駆動方式が全く異なるESとなる。ちなみに、ESは欧州初上陸。

名前(任意)
コメント