car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

LF-C2コンセプト、レクサスRCベースのオープンカーがLAオートショー公開

LF-C2発表、レクサスの新型オープンクーペが新型RCシリーズをベースに開発中か

レクサスは新たなコンセプトモデルとしてLF-C2を開催中のロサンゼルスオートショー2014で公開した。

LF-C2 レクサス

LF-C2のボディサイズは全長4715mm×全幅1840mm×全高1385mmとなる。先月2014年10月に日本市場での発売日を迎えたレクサスの新型クーペ、RCシリーズに非常に近いボディサイズとなっている。

LF-C2 レクサス ロサンゼルス LF-C2 インテリアデザイン

レクサスLF-C2は現段階ではあくまでコンセプトモデル、市販化は未定

このLF-C2の発表により、レクサスがRCシリーズをベースにしたオープンモデルを計画していることが想定される。

LF-C2 オープンカー LF-C2 リアシート

座席は2+2シーターの4人乗りであり、この辺りはクーペのRCシリーズを踏襲している。

ルーフについては開閉式のものすら装備されておらず、ルーフ素材も明かされていない。

LF-C2 リアコンビネーションランプ レクサス LF-C2 シート

フロントデザインはレクサスのアイデンティティとして定着したスピンドルグリルが備わる。グリル内はバンパーライン以下がメッシュ状になっているのに対し、上部はメッシュの編み込みがほどかれた縦桟となっている。

インパネはRCシリーズをベースに未来型にアレンジされたと感じた。センターのアナログ時計は、より強調されている印象である。

レクサス LF-C2 フロントグリル レクサス LF-C2 コンセプトモデル

現在のところ、このLF-C2に関する具体的な市販計画は示されていない。レクサスに限らず、新型のクーペモデルに対してオープンコンセプトが提案されることは少なくない。ただし、販売に至らなかったモデルもあるわけで、このLF-C2が市販化されるか否かは、今回の発表をきっかけにどれだけの反響があったかにもよるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント