car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

NX

レクサスが市販モデルNX200tとNX300hを北京でワールドプレミア、最新画像

投稿日:2014/04/27 更新日:

レクサスがNX200tとNX300hの市販型を北京モーターショーで発表

北京モーターショー2014が開催中となっている。今回も巨大な中国市場をめぐり各国の様々な自動車メーカーが群雄割拠する様相となったが、なかでも日本ブランド車として見逃せないのがレクサスの新型NXシリーズである。

(写真は新型レクサスNX200t Fスポーツ)
レクサスNX200t

レクサスは、RXシリーズよりワンサイズ小さなコンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトモデルとしてLF-NXを昨年のフランクフルトモーターショー2013で公開していた。今回のNXシリーズの発表はその市販モデルということになる。当然、日本発売されることにもなり、早ければ2014年7月頃、遅くても2014年内には販売がスタートされるスケジュールとなっている。

レクサス NX200t F SPORT レクサスNX200t F スポーツ

特にNX200tとして命名された2.0L直4ターボエンジン搭載モデルは注目度が高い。このパワーユニットはトヨタグループが新開発したダウンサイジングターボエンジンで、東京モーターショー2013でも発表されていた。この新型NXシリーズから市販車への搭載がスタートする。

レクサス 新型NX200t F SPORT

また、2.5Lハイブリッド搭載のNX300hの車両も出展された。

(写真は新型レクサスNX300h)
レクサスNX300h レクサス新型NX300h

出展されたNX300hはF SPORTではなく標準モデル。F SPORTではスポーティな印象が強いメッシュグリルが採用されたが、標準モデルではラグジュアリーな雰囲気のメッキ横桟グリルとなる。

レクサス新型NX300h ハイブリッド LEXUS NX300h ハイブリッド

レクサス新型NXシリーズはトヨタのハリアーがベース、ホイールベースは同じ

実は、新型NXシリーズの車体のベースとなっているのは、日本市場で販売されている新型ハリアーである。ボディサイズはNX200t F SPORT、NX300hともに、全長4630mm×全幅1845mm×全高1645mm、ホイールベースは2660mmとなった。

NX300h HYBRID

ハリアー比では、全長は90mm短く、全幅は10mm広く、全高は45mm低くなったことで全体としてはコンパクトでスポーティーなスタイリングとなった。ホイールベースはハリアーと変わらない。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント