car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサス新型NXシリーズ市販型がジュネーブで発表される、NX200t、NX300h

レクサスNXが2014年夏に発売、ジュネーブモーターショーで先行発表

レクサスは来月3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2014で新型NXシリーズの市販モデルをワールドプレミアさせる計画である。日本での市販時期は2014年の夏頃と予測されている。

(写真はLF-NX、フランクフルトモーターショー)
LF-NX 2013

レクサスNXシリーズは海外市場で先行デビューしている新型RAV4をベースとした高級SUVという位置付け。レクサスのSUVとしてはRXシリーズがあるが、これよりもワンサイズ小さいボディでラインアップされることになる。

昨年のフランクフルトモーターショー2013ではNXシリーズの前身となるクロスオーバーSUVのコンセプトカーがLF-NXとして発表され、さらに東京モーターショーでは新開発の2.0Lターボエンジンを搭載したモデルが公開されていた。

(写真はLF-NXターボ、東京モーターショー)
レクサス NX200t

今回ジュネーブで発表される新型NXは市販モデルということでエクステリアデザインはコンセプトモデルから修正が加えられることになる。北米トヨタによるプレゼンテーションにおいて、既にNXシリーズの市販モデルと思われる画像が公表されている。これによれば、コンセプトモデルと同様に大型のスピンドルグリルが見え、さらにその内部は横桟になっていることが確認できる。
レクサスNX

レクサス新型NX200t、NX300hの想定される仕様、ボディサイズは北米RAV4並

市販型レクサスNXの想定されるボディサイズは全長4520mm×全幅1830mm×全高1650mmとなり、コンセプトモデルのLF-NXより若干小さく、RAV4北米モデルに近い寸法となるだろう。

(写真はRAV4北米モデル)
RAV4 NY autoshow 2013

車名としてはレクサス NX300h、およびNX200tが与えられる。
NX300hは新型ハリアーと共通となる2.5Lの4WDハイブリッドシステムが搭載される。

一方で、NX200tはトヨタが新開発した2.0Lのダウンサイジングターボエンジンが搭載されるということで注目度は高い。その最高出力は231ps、最大トルクは35.7kgmとされる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント