car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

車名はアスレジャーか、三菱自動車が新型の小型クロスオーバーSUVの市販型を発表

三菱自動車は3月よりプレスデーが開かれるジュネーブモーターショー2017で新型のコンパクトクロスオーバーSUVの市販型を公開する予定となっている。これに関するティザー画像が一点公開されており、サイドからのシルエットを確認することができる。以前からクーペSUVとされたモデルであり、リアドア有りの5ドアハッチバックのボディスタイルであることがわかる。

(写真は三菱新型クロスオーバーSUVのティザー画像)
アスレジャー

不祥事と販売不振のイメージが拭えない三菱自動車であるが、久々のニューモデルの登場となる。しかも今回は出る出る詐欺のコンセプトカーではなく、れっきとした市販型。新型車の車名は未定ではあるが、三菱自動車が近年商標登録したものの中から未使用のもの、かつコンパクトクロスオーバーSUVのイメージに合うものとなると、アスレジャー(Athleisure)が有力な候補となる。

(写真はeXコンセプト)
eX コンセプト eX コンセプト 三菱自動車

新型アスレジャーは日本では発売されるはず、EVパワートレインは遅れて投入か

新型アスレジャーのメインターゲットは欧州市場ということになるが、日本でもほぼ間違いなく発売されるだろう。というのもアスレジャーの前身となるモデルは、東京モーターショー2015で初公開されたeXコンセプトである。日本市場の発売が前提となっているわけだ。eXコンセプトはEVパワートレインであったが、ジュネーブ発表のモデルはガソリンかディーゼルと考えられる。

(写真はスバルXV ティザー画像)
スバルXV ティザー

2017年のジュネーブモーターショーでは、日系ブランドの新型クロスオーバーSUVの発表が目立つ展開となりそうだ。このアスレジャーの他に、スバルは新型XV、日産は新型ジュークといずれも市販型をワールドプレミアさせる見込みとなっている。

#1 匿名さん2017/01/31(Tue)02:02:29
だっさい名前
#2 匿名さん2017/01/31(Tue)09:16:26
やる気ゼロな名前
もっと良いのなかったんか
#3 匿名さん2017/02/15(Wed)21:14:02
ガセ アスレジャー
真  エクリプスクロス

名前(任意)
コメント
コルト/デリカD2/デリカD3/ランサーエボリューション

過去記事(2016/11/25)

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

eX Concept市販型はガソリン、ディーゼル、PHEVなども用意される

ネガティブな話題が多い三菱自動車であるが、2017年は久々に販売台数が期待できそうな新型車種が市場投入される見込みとなっている。eX Conceptの市販型が3月のジュネーブモーターショー2017で公開される可能性がある。

(写真はeX Concept)
eX コンセプト

eX Conceptは東京モーターショー2015で発表された、コンパクトクロスオーバーSUVスタイルの電気自動車であった。市販型にもEVの設定があるかもしれないが、ガソリンエンジン、プラグインハイブリッド、ディーゼルエンジンと幅広いパワートレインラインアップになる見込み。特にディーゼルエンジンは新開発のものが投入されるということで、今から注目されている。

eX コンセプト 三菱自動車 三菱 eX Concept 東京モーターショー2015

eX Concept市販型はRVRより小さなクロスオーバーSUVとしてラインアップ

三菱の小型SUVといえばRVRがこれまでラインアップされてきたが、eX Conceptの市販型はさらに小さなボディサイズとなる。マツダ・CX-3、日産・ジュークといったあたりがライバルモデルとなるだろう。

eX Concept 東京モーターショー2015

ボディスタイルは全高を低く抑えることでスタイリッシュ見せられ、小さなボディサイズを生かしたクーペSUV調のエクステリアが予想される。

eX コンセプト 三菱EV eX コンセプト インテリア

eX Concept市販型はジュネーブショーでワールドプレミアの後、2017年の秋頃には発売される見込みとなっている。

(写真はConcept XR-PHEVⅡ)
次期RVR コンセプト XR PHEV II

なお、次期RVRについては、Concept XRシリーズによって示されてきた通り、別に開発が進められており、フルモデルチェンジは2019年頃が想定されている。

過去記事(2015/12/19)

三菱自動車 eX Conceptが市販化へ向けて開発、RVRはフルモデルチェンジ延期

eX Conceptが三菱の登録車EVとして市販化へ、次期RVRよりも優先

eX Conceptは三菱自動車が東京モーターショー2015で発表したモデル。その市販時期は2019年頃になる見込みで現在開発中となっている。

(写真はeX Concept、東京モーターショー2015)
eXコンセプト

eX Conceptのボディサイズは、全長4240mm×全幅1780mm×全高1575mmということであった。三菱はRVR後継とされるコンセプトカー、Concept XR-PHEVⅡをこれまで公開してきており、こちらは全長4490mm×全幅1890mm×全高1620mm。eX ConceptはConcept XR-PHEVⅡよりも一回り小さいクロスオーバーSUVということになる。

eX Concept 東京モーターショー2015 eX コンセプト 三菱自動車

eX Conceptの市販時期は2017から2019年度、EVパワートレイン搭載のコンパクトクロスオーバーSUV

RVRシリーズはConcept XR-PHEVⅡをデザインコンセプトとして、2016年のフルモデルチェンジが計画されていた。しかし、これは開発が大幅に遅れており、新たな発売時期の目処としては2019年頃が挙げられている。この時期にきて3年も延期ということになると、次期RVRの存在自体があやふやな状況と言えるだろう。

(写真はConcept XR-PHEVⅡ)
次期RVR コンセプト XR PHEV II

そんな中、eX Conceptが次期RVRよりも市販化の可能性が高いモデルとして注目されつつある。

eX ConceptのパワートレインはEVということであった。販売不振が続く三菱自動車であるが、EVというカテゴリに限れば、i-MiEVの販売実績もあり国内主要メーカーの一つに挙げられる。次なるチャレンジとして登録車EVの市販を目標にすることは非常に現実的でもある。

eX Conceptの市販時期は2017年度から2019年度とされている。

過去記事(2015/11/12)

三菱自動車が登録車向けEVパワートレインを開発中、eX Concept画像

eX Concept発表、三菱が登録車向けEV 4WDパワートレインを開発中

三菱自動車は東京モーターショー2015でeX Conceptをワールドプレミアさせた。

(写真はeX Concept、東京モーターショー2015)
eX コンセプト

国内マーケットでは存在感の薄い三菱ブランドであるが、今回はEVパワートレイン搭載のコンパクトクロスオーバーSUVを提案してきた。

eX Concept 東京モーターショー2015

eX ConceptはクロスオーバーSUVとしての提案、市販モデルはRVR派生か?専用のEVモデルか?

これまでに三菱はConcept XR-PHEVⅡを公開しており、これは次期RVRを予告するコンセプトモデルとされてきた。今回のeX ConceptもConcept XR-PHEVⅡとボディサイズは近いのだが、別ネームで異なるエクステリアであることから次期RVRとの関連は薄いのではと考えられる。

三菱 eX Concept 東京モーターショー2015

eX Conceptは全長4240mmのクロスオーバーSUVとなっており、日産・ジュークやホンダ・ヴェゼル、あるいはマツダ・CX-3とボディスタイルのカテゴリが近くなる。

eX コンセプト 三菱EV eX コンセプト インテリア

EVパワートレインの仕様は、2基のモーターをフロントおよびリアに装備し、それぞれの最高出力は70kWとなる。駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量は45kWhとなり、航続距離はJC08モードで400kmを達成する。

eX コンセプト 三菱自動車

国内のEVマーケットはこれまで日産・リーフと三菱・i-MiEVによって先行されてきた。電気自動車は三菱が得意とする分野でもあるわけだが、i-MiEVは軽自動車。今回のeX Conceptは登録車となっており、新たなセグメントへの挑戦という意味でも非常に市販化が期待されるモデルである。

過去記事(2014/04/12)

新型トライトンが2014年度内に発売される見込み、三菱のピックアップトラック

トライトン後継車、コンセプトGR-HEVの市販モデルが日本発売される見込み

三菱トライトンが2014年度内にもフルモデルチェンジ発売される見通しとなった。

(写真はConcept GR-HEV)
GR-HEV ディーゼルハイブリッド

トライトンはタイで生産されるピックアップトラック。日本でも2006年から2011年までタイからの輸入販売がされていた。

一方、欧州ではL200の車名で販売されており、2013年のジュネーブモーターショーではConcept GR-HEVがワールドプレミアされることで、後継モデルの予告がなされていた。Concept GR-HEVのボディサイズは全長5420mm×全幅1930mm×全高1775mm。従来モデルのトライトンと比較すると一回り大きくなっている。
エクステリアデザインは洗練され、いわゆるピックアップトラックのイメージからはかけ離れている印象を持った。

三菱の新型2.5Lディーゼルハイブリッド搭載GR-HEV

日本ではピックアップトラックの市場規模が小さいわけだが、その後、このConcept GR-HEVは東京モーターショー2013でも出展されたことにより、日本発売も予定されていることが確定的となった。

次期トライトンへのディーゼルハイブリッドエンジンの搭載は難しいかもしれない

またConcept GR-HEVに搭載されるパワートレインはディーゼルハイブリッドという興味深いものであった。三菱が直4 2.5Lのディーゼルエンジンをメインに1モーターのアシストを加えたハイブリッドシステムを開発中であることが明らかとなった。

次期パジェロへの搭載が期待されるGR-HEVのディーゼルハイブリッド

ただし、2014年度内の発売ということであれば、このディーゼルハイブリッドエンジンを実用化させるには時間が足りないかもしれない。

次期トライトン日本仕様はパジェロと共通の3.2Lディーゼルターボエンジンが搭載される可能性もあるだろう。

過去記事(2013/02/04)

ギャランフォルティスは2014年フルモデルチェンジの予測、ランエボⅪの噂

ギャランフォルティスはフルモデルチェンジで小型化される

ギャランフォルティスのフルモデルチェンジに向けての開発が三菱で行われており、その発売予測は来年2014年となっている。次期ギャランフォルティスは小型化されることが三菱自動車の益子社長の発言からも明らかになっており、想定される全長は4.4m前後になるとされている。現行モデルの全長は、セダンが4570mm、スポーツバックが4585mmであるから、相当なダウンサイジングと言えるだろう。
ボディデザインは現行ミラージュの流れを汲むものになるとされている。

(写真は現行ギャランフォルティス)
ギャランフォルティス2011

(写真は現行ミラージュ)
ミラージュ 2012 三菱 パリサロン

ギャランフォルティスをベースにしたランエボⅪも計画か

次期ギャランフォルティスはエンジンも小さくなる。想定されるエンジン排気量としては1.5L~1.8Lクラスが考えられ、1.5Lなら旧コルトの直4エンジンをベースに改良を加えたものの採用となるだろう。現在の三菱車の国内向けラインアップでは1.5Lエンジンを必要としそうな車種が無く、ギャランフォルティスだけのために新開発1.5Lエンジンを用意するのは難しく感じる。ただ海外市場の需要を考えれば、今後1.5Lクラスのエンジンを保持することは重要であり、新エンジンが投入される可能性は十分あるだろう。
この他、国内向けには現行RVRに搭載されている1.8Lエンジンも設定されるはずだ。

(写真は現行ランサーエボリューション中国仕様)
ランサーエボリューション
さらに、次期ギャランフォルティスをベースに高出力エンジンを搭載させたスポーツ仕様の存在が噂となっており、ランサーエボリューションⅪとしての発売が期待されている。