car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エクリプスクロス

新型エクリプスクロスはRVRとボディサイズが近い、新開発1.5Lターボ搭載

投稿日:2017/03/04 更新日:

新型エクリプスクロスは実質的にはRVR後継モデルである可能性も

三菱自動車は開催が迫るジュネーブモーターショー2017で、新型エクリプス クロスの市販型を発表する予定となっている。その主な仕様が発表された。

(写真はエクリプス クロス)
新型エクリプスクロス

エクリプス クロスのボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。事前の情報でもあった通りRVRとアウトランダーの間を埋めるボディサイズということになるが、むしろRVRの全長4295mmに近い。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ エクリプスクロス 三菱自動車

三菱自動車の販売規模を考慮すれば、ほぼ同クラスのクロスオーバーSUVモデルを今後も2モデル維持していくとは考えにくく、将来的にはRVRはカタログ落ちとなる可能性もあるのではないだろうか。

エクリプスクロス シート エクリプスクロス リアシート

全幅は1.8mを超えており、これは日本市場では大き過ぎる。エクリプス クロスは三菱のブランドイメージが凋落してしまった日本市場よりも、むしろグローバル市場に向けて開発されたモデルであると考える。

エクリプス クロスに三菱自動車新開発のダウンサイジング1.5Lガソリンターボエンジンを搭載

エクリプス クロスのパワートレインは現在二種類が発表されている。まずは、2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジン+8ATによるもので、これがハイパフォーマンスモデルということになるだろう。さらに新開発の1.5Lの直噴ガソリンターボエンジン+CVTも用意され、日本での販売はこちらがメインとなることが予想される。

エクリプスクロス インテリア

発売時期としては2018年初頭の英国発売が公表されている。日本発売もこの時期になることが予想され、2017年秋に開催される東京モーターショーでも大きくプロモーションされ、三菱ブースのメインステージを飾ることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント