car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

オッティ、eKワゴン後継車がNMKV社によって開発最終段階

三菱のeKワゴンと日産のオッティの後継車種の発売が2013年6月に予定されている。
現行モデルでは、三菱が開発生産するeKワゴンが日産へもOEM供給され、オッティとして販売されていた。次世代モデルからは、三菱と日産の共同出資による新会社NMKVが設立され、ここで開発生産が行われることになる。日産の販売体勢はこれまで以上に積極的になることが予想され、日産も本格的に軽自動車市場へ参入することになる。

(写真は現行eKワゴン)
ekワゴン

次世代オッティ & eKワゴンのJC08モード燃費は30km/Lに到達か?

現行モデルのeKワゴン&オッティは、全高が1.55mに設定されている。パーキングの制約を受けやすい都市部の事情を考慮しながらもなるべく広い室内空間を維持するというコンセプトであった。
次期モデルからはこのコンセプトを変更し、室内広さを重視した全高1.6m以上のボディになる見込み。軽自動車の中でも最も競争が激しいセグメントへ挑戦することになる。競合車種としてはスズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーヴ、ホンダ・N ONEが主なものとしてあげられる。これらの中で差別化していくためにも、次期eKワゴン&オッティのボディデザインはプレミアム感の高いものが採用される。生産は三菱の水島工場が実質的に受け持つことになりそうだが、エクステリアデザインは日産が主導権を握ると予想される。試作車の目撃情報によれば、次期eKワゴン&オッティはエルグランドをフラグシップとする日産ミニバン系列のボディデザインが取り入れられているようだ。

また、車名についてはeKワゴン、オッティの名称が使い続けられる可能性は低いだろう。三菱、日産のそれぞれに新たな車名が用意されると考えられる。

燃費性能についてはクラストップレベルが目標となる。現在のクラス燃費トップはムーヴのJC08モード燃費29.0km/L。eKワゴン&オッティ後継車はこの数値を凌ぐ、JC08モード燃費30km/L前後になるのではと考える。

#1 匿名さん2016/12/18(Sun)10:18:18

名前(任意)
コメント