car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ミラージュ

三菱ミラージュ後期型発表、ロサンゼルスオートショーでマイナーチェンジ

投稿日:

ミラージュ後期モデルがLAでワールドプレミア、フロントデザイン変更

三菱自動車のグローバルコンパクトカー、ミラージュが大幅フェイスリフトを受け開催中のロサンゼルスオートショー2015でワールドプレミアを迎えた。

(写真は新型ミラージュ)
ミラージュ

新型ミラージュは、フロントグリル、エンジンフードを中心にリフレッシュ

今回の新型ミラージュは2017年モデルとされる。2012年にデビューした同シリーズであるが、新型は従来型と比較してフロントデザインで大きく表情を変えてきており、後期型に相当するモデルと考えられる。

ミラージュ 後期型ホイール ミラージュ後期型LEDリアコンビネーションランプ

コンパクトカーらしいフロントグリルの小さな開口部が現行ミラージュの特徴の一つであったが、後期型では幾分大きくなり、スリーダイヤの三菱マークはその中央に配置される。されにグリル枠にはクロムメッキパーツが施されることで主張が強くなった。

ミラージュ後期型 ミラージュ トランクルーム 後期モデル

エンジンフードも新しくなっているようで、ラインの入れ方を変えてきている。バンパー下では左右のフォグランプを繋ぐメッキパーツが大胆に入れられる。

ミラージュ三菱インテリア 後期型 ミラージュ後期型シート

ヘッドランプは外形こそ変わらないが、アイライン状のLEDポジションマークが追加されているなどで、見た目の印象は随分と変わった。

(写真は従来型ミラージュ)
ミラージュ エコカー補助金対象車 ミラージュ 2012

パワートレインにも進化が見られ、直3 1.2Lエンジンは最高出力74hpから78hpに向上する。ミラージュ日本仕様は2014年に1.2Lエンジンモデルが追加ラインアップされたが、これに搭載されたのは最高出力78psのユニットであった。おそらく北米仕様についても日本仕様に搭載される最新1.2Lエンジンが採用されるものと推測される。なお最大トルクについては74 lb-ftということで従来型と変わりない。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント